コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

ルーフトップバー「満天の星空」は12月25日オープン

20161221rDSC_1317.jpg
館主の娘さんが「綺麗!」と、絶叫しながら

外輪山に沈む夕日の写真を屋上から撮っていた

確かに美しい日暮れだった







20161219puDSC_1326.jpg
ルーフトップバー「満天の星空」のオープンは12月25日

ここはバブルの頃、展望室として人気だったが目前に旅館が建ち

阿蘇五岳の景色を失い、朽ちていた

そこを館主の夢であったルーフバーに改装

景色を失った窓は塞ぎフロントカウンターにした







20161221rDSC_1339.jpg
屋上にもテーブルを用意

翡翠色の温泉で体の疲れを癒やしたあとは

満天の星で疲れた目の保養をしていただきたい








20161219puDSC_1322.jpg
昔のお客は元気だったのか階段利用でも人気だったらしいが

今回は階段で3階まで上がってそのまた上

よって、想定のお客は三層で

1. 階段でもへっちゃな人

2. 地震で去ってしまった個人旅行の外国人

3. 阿蘇の未来を語る地元の若い衆







20161219puDSC_1327.jpg
ならば、単なる集客目的だけではなく

外国人と地元の若い人の交流の場が狙い

肩を並べれば何をすべきか判るはず

再び外国人が回遊する阿蘇を目指すのが目的

蘇山郷「満天の星空」屋上バーファンド

ファンド募集中でもあります








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2016/12/21(水) 18:34:33|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車とともに阿蘇で過ごす温泉旅

2016808mDSC-0717.ing
BROMPTONを車に載せてお越しになった百田夫妻

小さく折りたためるコンパクトさと

担ぎ上げることなくキャスターでスーツケースの様に転がして運ぶことが可能

このことにより移動が快適で

何処でも手軽にサイクリングを楽しむことができる。

初日はジオライド

地殻の力の現実は

防災対策や教育に活かすため

今見るべき阿蘇の景色でもある。

そして翌朝は早朝ライド

峠を上り霧を突き抜けると青空の世界

振り返るとそこには悠々たる雲海があり

阿蘇五岳が浮かんでいたそうだ。

大観峰でゆったりと時間を過ごしたら宿までのダウンヒル

着いたら温泉に浸り朝食

まだ時間に余裕があって部屋で寛ぐ・・・

そんな自転車とともに阿蘇で過ごす温泉旅だったようだ。


さて、阿蘇谷からミルクロードに上る道として

二重の峠、ラピュタの道、国道212号、小嵐山の道、国造神社の道、やまなみハイウェイがある。

そのうち自転車に適したラピュタ、小嵐山、国造神社が通れなかったが

国造神社の小さな日陰が続く道が先日開通した。

阿蘇谷からミルクロードに上るには一番距離が短く高低差の低い

言わばラクな道である。

二重の峠は常に渋滞しているから自転車で上るのは絶対やめたがいい。

212号は車もそんなに多くなくこちらはそこそこ快適。

県道11号やまなみハイウェイは麓から城山展望所まで4.6kmあり

その間にタイマー式の片側通行(無人)が2箇所ある。

2.5k地点の片側通行は150mで待ち時間は2分

もうひとつが3.5k地点が600mで待ち時間は3分30秒

ここはつづら折りの上りでタイマー時間内に登らないと下ってくる車と遭遇したいへん危険。

一番自転車に適した国造神社の道

今度試走してみる。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2016/08/08(月) 15:14:30|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

復活、蘇山郷、温泉湧出! 

2016620tIMG_1078.jpg
6月18日、150mまで掘り進み週明けにエアコンプレッサーを使い、どこまで温泉が上がってくるかを確認しようと館主立ち会いのもと仮で始動したところ何と温泉が自噴。 初めは少量で細かい砂や石を含んでいたが、時間がたつにつれ温度も上がり湯量も増え自噴でも以前と変わらぬ温度と湯量が確保されている・・・








2016620tt.jpg
ちょうどその日の夜は福岡の自転車仲間から招待を受けて福岡市内でご馳走になっているところだった。まさに宴もたけなわの午後9時、興奮した声色の館主から温泉が湧き出したと絶妙のタイミングで連絡があり嬉しい報告が出来た。これで蘇山郷は7月16日より営業再開が確実となった。








2016620tDSC_0576.jpg
今朝、宿に着くと駐車場の先にある温泉掘削の櫓へ急いだ。すでに館主も女将もスタッフも来ておりみんな満面の笑顔だった。地元テレビも2社取材に来ており温泉をすくったり口に含んだりしていると自然とカメラが回りインタビューを受けていた。といっても嬉しさと驚きで普通の会話をしただけ、質問に答えただけでよそよそしさは皆無だった。

さて、その温泉はちょっと熱いくらいでほんのりとした硫化水素のかすかな匂いは懐かしさを感じた。色は浅かったせいかいつもの赤茶けたグリーンではなく無色透明に見えた。口に含むと味は以前のままで鉄分を感じた。見て触って飲んだ結果、以前のままの間違いなく蘇山郷の湯であった。

7月1日から熊本・大分の宿泊施設で最大75%オフ(他県50%オフ)で宿泊することができる九州復興支援旅行券(クーポン)のプランが7/1からじゃらんnetや楽天トラベル等で予約が始まる。当館は7/16からの営業予定になりもちろんこのプランの予約は可能、詳しくは当館ホームページで案内。






2016620tDSC_0579.jpg
館内は営業再開に向けて改装中








2016620tDSC_0583.jpg






2016620tDSC_0586.jpg
今回の営業再開からニーズの多かったチェックアウトの時間を10時から11時に延ばすため、喫煙されたあとの客室の消臭が時間の制限上完全にできなくなるためすべての客室を禁煙にする。そのため1階に喫煙所を新たに新設する。あと杉の間をパブリックスペースとして開放する旨の工事も計画中。





2016620tDSC_0591.jpg
弱虫ペダルファンから熱いメッセージを頂いた。
みなさんの声は、そこに書かれていなくても、気遣って言われなくとも、ラピュタをもう一度見たいという明確なメッセージがある。それはロードバイクを持ってる人だったら麓から上って頂上で雲海に見る映画のシーンを自身で体験したいということであり、まだ持っていない人は我が手中にする密やかな希望でもある。そのために全国から聖地巡礼のように続々と、続々と日々毎日どなたか来られていた事実を知る者として、弱虫ペダルファンと阿蘇を走りたいサイクリストの夢を実現すべく阿蘇の新たな魅力としたい。ロードバイクはグラベルという自然なままの未舗装の道を走る楽しさもある。シングルトラック、轍ひとつの踏み跡のような道でいい。新たな舗装はいならない、ヘルメットはいつもかぶって万が一の用心もしている。








500g20160414_0554805.jpg
この15時間後に1回目の地震に襲われラピュタは崩壊した。

もう一度この2台をいつの日か。









FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---





  1. 2016/06/20(月) 16:48:52|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

温泉掘削祈願祭

2016602jkIMG_0995.jpg
5月31日に祈願祭を行った。

いよいよ温泉掘削のスタートだ。

予定では6月中に温泉を掘り当て

7月16日から営業再開の予定。







2016602jkIMG_0988.jpg
宿の温泉は15時と18時、21時、

それに翌朝6時に検温している。

浴場には4月15日21時の41.5度で終わっていた。

記入した4時間25分後

強烈な本震に襲われ温泉を失った。

神戸に行ったとき、震災の時間で止まったままの時計を公園や街角で見かけた。

それは写真におさめるだけにして、新たに記入するのは7月16日の15時

浴槽に満たされた温泉は自分で測って

何か一言書きたいと思っている。

その日までじっくり考えておこう。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---




  1. 2016/06/02(木) 16:52:21|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日から遠征します。

2016519pppDSCN0684.jpg
明日からしまなみ海道とびわ湖のサイクリングコースを走って、帰りは神戸からフェリーで大分に入り、やまなみ道路を初自走してきます。関西からフェリーで阿蘇に来られる方が多く、営業再開後には、多少なりとも同じ苦楽で接したいということと、一度は個人的に走って見たかったというのが理由です。

温泉掘削のものすごく面倒な手続きも着々と進み、もしかしたら今月中に温泉を掘るやぐらが組めるかも知れません。震災で温泉が出なくなったための温泉再掘削における国の災害援助はたいへん有り難いものですが、それは「復旧」という温泉を汲み上げるポンプやパイプなどの備品が対象であり「掘る」のはその費用は含まれないようです。当然ながら温泉は施設の財産ですから掘って温泉を得るのは個人の資金になります。自然の恵みたる温泉はそのような大きな資産ですが、蘇山郷ではまだまだ活用されていなかったように思います。よって今回の震災を経て蘇山郷を従来の姿に戻すのではなく、今まで以上の売上を目指して温泉や館内のリニューアルに投資し復興します。

震災の影響で客足の遠のいた観光地における「復興」は、旅館・ホテルに対してのプレミアム旅行券の発行などがあります。ただこれは日本人向けの期間が短いものであり、長期的にオフシーズンにも集客することができる外国人観光客に向けての施策も大きく期待します。震災のあった夜、外国の方の初めて見る異様なパニック状態に遭遇したわたしたちは、彼らを再び呼び寄せることは簡単なことではないと想像しますが、まずは外国人の方の意見を集めることが必要ではないかと思います。もちろん自分たちでできること、しなくてはならない外国人向けの復興対策は順次行って参りますが、この規模の自然災害において前例踏襲のレベルではなく、あらたな観光地を造るようなデザインが必要になってくるのではないかと思います。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2016/05/19(木) 16:55:19|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: