コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

GIRO D’ITALIA 2017 観戦サイクリングツアー リポート其の五

609kDSC_1973.jpg
まだまだ続くイタリアだが、忘れないよう足跡を残してきたことを思い出しつつ、自分のために書いている。学生の頃、ああでもない、こうでもないと迷って、迷って、迷いながら、いつも足元踏んでいるだけで、日本から飛び出すことができなかった。40年経ってやっとこさ、旅行じゃなく、遊びに踏みだすことができた。なのでその頃の自分のために書いている。

5月24日、この日はドロミテへの移動日。前日ボルミオから自走したジロのコースをステルヴィオ峠(2757m 富士山の8合目)手前からウンブライト峠経由で南チロルへ車で走った。樹木がない岩山の急斜面に差し掛かるとよくまあこれだけ延々と続く峠道を走ったものだと感心する。それは180度のつづら折りで、車がカーブに差し掛かると、運転手のルイさんはカーブを曲がるための視野なので、助手席の川田さんがカーブの先を見ながら対向車や自転車が下って来ないか確認しなければならない。まさに典型的なアルプス山系の峠道であり自転車で走るにはこれほど素晴らしい峠道はない。






609kDSC_1972.jpg
スイスへ入国





609kDSC_1968.jpg
前日のレースの痕跡

ジロ直前に事故死したスカルポーニの追悼ペイントはいたるところで見た。





609kDSC_1967.jpg
2505mのイタリアとスイスの誰もいない国境、後の建物はスイスの税関だが今は無人






609kDSC_1985.jpg
このあたりの典型的な景色








610kIMG_6220.jpg
草原に咲く黄色の花がハイジ的

少女的な感動に疑うよりは無し






609kDSC_2001.jpg
田舎の町の国境を通過してイタリアへ再入国

ここには警備の人がいたが止まること無くそのまま通過し

グロレンツァの町へ

石畳の道

古い教会の鐘の音

中世の雰囲気が残る城壁の街だ。

チロルという言葉が似合うおとぎの国のよう





609kIMG_6232.jpg
エスプレッソ・レンゴを注文するとりんごのケーキをすすめられる。

この地域の名物らしくルイさんが注文されたのでおすそ分けいただいた。

ざっくりとしたりんごがほの甘く酸味がフルーティで美味しい

甘いのが苦手のわたしでもこれはいける、テイクアウトすればよかったと後悔

イタリア北東部はりんごの産地のようで平らなところは一面のりんご畑だった。








609kDSC_2093.jpg
グロレンツァ一帯はサイクリングロードが多く

ちょうどここが中継点のような感じだった。

走っているのは電動バイク

バッテリーは当然ながらのBOSCH





610kDSC_2026.jpg
トレンティーノのパルチーネの村でレストランを探していると、ルイさんが偶然ワイン蔵を見つけられた。中に入ると瓶詰作業の真っ最中だったが経営者の方がおられて快く招かれた。





610kDSC_2049.jpg
中世の城跡のようなワイナリーはSchlossweingut Stachlburg。







610kDSC_2031.jpg
日本にも出されており試飲するととても美味しくて土産に買った。






610kDSC_2036.jpg
ここトレンティーノははイタリアに5つある特別自治州のひとつで歴史的にティロル(南チロル)と呼ばれた地域だ。14世紀以降は全土がオーストリア領だったが、第一次世界大戦後イタリアに割譲され、北チロルがオーストリア領、南チロルがイタリア領となった。このため、ドイツ語を母語とするドイツ系住民が多く言語もイタリア語とドイツ語が公用語になっている。しかし、どうもドイツ語の方が多いような、そんな心配をドイツ語が話せないルイさんがしていたところ、親日家のビジネスマンのオーナーさんは英語がペラペラで自分はイタリア人じゃないと笑って言われたが、昨今の国の経済力の差がその言葉の裏にあるように感じた。






610kDSC_2042.jpg
オーナーさんから「アイスマンを知っているか」と聞かれ思わず膝を叩いた。そう言えばこの近くから5000年前の凍結ミイラが1991年に発見されアイスマンと呼ばれている。氷河が3000年の時を経て押し流し偶然発見された遺体と彼の持ち物から、5000年前の生活様式・健康状態などが話題となった。その後、法医学者や考古学の最新の科学的手法により、彼はどこから来て、何を生業として、何を食べ、何を持って、何のために3000mの高地に行き、なぜ死んだのか、それを解明した本が「5000年前の男(Der Mann im Eis)」でこの手の本が大好きでわたしとしては何度も読み返した愛読書でもある。その後、近隣の住民から生体サンプルを集めDNA鑑定がされ、5000年前の男のアイスマンの子孫が現存するか調査がなされた。その結果、何と同様の特異な塩基配列を持っている15名のオーストリア人が発見され、彼の子孫である確率が高いとされている。








612mIMG_6257.jpg
アイスマンは近くにあるボルツァーの考古学博物館で保管されているはずで一瞬訪れたい衝動に駆られたが、丸一日時間をとって観察したいと次回の楽しみとした。







610kDSC_2051.jpg
ワイナリ―のオーナーから教えてもらったレストランが道をはさんだこの店

「料理も旨いがうちのワインも飲めるよ」





610kDSC_2091.jpg
オーストリア、ドイツ、スイスに接する田舎町にある店だがこの賑わい

この地域は各国の影響が大きくイタリアでも独特の食文化のようだ。






610kDSC_2054.jpg
渡されたメニュは英語とドイツ語

美男子ウェイターが英語OKの川田さんにイタリア語で説明するも不可解。

そこでイタリア語のメニュが出されてルイさんとの会話が成立。

イタリアなのにドイツ語色が強い地域であり

店のクラスからしてドイツ語を話す客が多いということか






610kDSC_2058.jpg
出されたパンも今までのレストランとは大違いのクオリティ





610kDSC_2079.jpg
味も雰囲気も大当たりのレストランだった。







610kDSC_2076.jpg
もちろん接客も!

典型的アジア顔と比較






610kDSC_2143.jpg
強風極寒のボルドイ峠を越えてドロミテのど真中のアラッパへ






612mIMG_3440.jpg






612mDSC_2134.jpg







612mIMG_6301.jpg
この日から3泊するB&B「Affittacamere Blank」へ到着

カンポロゴ峠までサイクリングしていたらコモ湖に住む自転車乗り夫妻と出会う

理想的老後の過ごし方だとみんなの意見が一致






610kIMG_6304.jpg
アラッパでの3回の夕食はここ「Pordoi」、美味しかったし、店の雰囲気も心地良かった。ビールのジョッキ右手に5杯持ち、左手には大皿に盛られた料理3皿を軽々と持ちサービスするたくましいドイツ人を思い浮かべるウェイトレスさんと、ランチをとったパルチーネのレストランのスリムな美男美女のウェイター・ウェイトレスの差、イタリアは面白い。







FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2017/06/11(日) 12:49:33|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GIRO D’ITALIA 2017 観戦サイクリングツアー リポート其の四

07hIMG_3334.jpg
5月23日、z最終休息日明けの第16ステージの日 
この日のジロは、1級山岳モルティローロ峠(全長12.6km 平均勾配7.6% 最大勾配16%)からゴール地点のボルミオを一旦通過し、標高2758メートル最高峰のチーマ・コッピとなるステルヴィオ峠(全長21.7km 平均勾配7.1% 最大斜度12%)を超え、延々と続く下りのスイッチバックを経てスイスに入国、それから再度ステルヴィオ峠を北側から登り返し、ジロ初登場の1級山岳ウンブライルパス(全長13.4km 平均勾配8.4% 最大斜度12%)をクリアし下ってボルミオの街にフィニッシュする。ステルヴィオ峠を2回登る獲得標高差は5400m、まだ峠付近は雪に覆われた気象条件も重なり、勝敗を決めるにふさわしい過酷なクィーンステージである。

わたしたちは一旦選手が登ったステルヴィオ峠を同じように21.7km登って、峠付近で応援するという今回のジロツアーの中でも一番「期待」と「覚悟」を決めたステージ観戦である。「期待」とは、100回記念大会をチーマ・コッピで観戦できるということ。「覚悟」とは、全長21.7km 平均勾配7.1% 最大斜度12%を、頂上付近の長期天気予報では5度以下(想定0℃)という真冬の装備をイタリアに持ち込み、過去サイクルイベントで100km走行の経験はあるものの、3年前より膝痛のためロードバイクから離れ、この日のために練習したが以前にも増して上りが苦手となり、平地巡行速度20km以下の友子さんが、e-bikeと言えども厳しい条件の難コース一緒に上ることができるか、それが二人の覚悟である。







07hDSC05763.jpg
アパートメントゆえ朝食の買い出しから帰った川田さんとルイさんが、「ステルヴィオ峠は快晴無風で10度以上になりそうですよ」と笑顔で言われ、まずは挫けそうな寒さから解放された。大久保さんは茶道具一式を限られた荷物に忍ばせておられ、今朝は抹茶を点ててこの日がスタートした。

ほのぼのとしたボルミオの街は峠を目指す自転車乗りが世界中から集まっている。ここを左に行けばステルヴィオ峠、右が数百メートルでフィニッシュ地点となる。ステージでは下りながら左急カーブでゴールを目指す。






07hDSC05879.jpg
数時間後はこのような緊張感に包まれる。






07hDSC05770.jpg
ボルミオから峠を目指し登り始める。今回のジロでは審判車や警備のバイクがHONDAが日本人としては感慨深い。





07hDSC06224.jpg






07hDSC05848.jpg






07hDSC05773.jpg
雪化粧の山、あの天辺の左奥が頂上




07hDSC05800.jpg





07hDSC05801.jpg






07hDSC05778.jpg






07hDSC05806.jpg






07hDSC05789.jpg






07hIMG_3313.jpg






07hDSC05802.jpg






07hDSC05823.jpg






07hDSC05826.jpg






07hDSC05818.jpg






07hDSC05812.jpg





07hDSC05819.jpg







07hDSC05849.jpg
ここ2500mのウンブライルパスの別れ道の有名観戦ポイントに友子さんを残し一人で頂上を目指した。この先は勾配も厳しく、それだけに熱狂的な人も多くて酔った観客が煩くわたしたちが観戦する環境ではない。よってトイレや飲み物の販売があるわたしたちの最高峰で観戦することにした。それでもe-bikeで20キロ近い峠道を上った友子さんには拍手を送りたい。スタートしてからe-bikeに乗る人は物凄い数だった。女性や子供、年配の方から太めの方まで、およそこのような峠を上るには程遠い人たちがバッテリー残量を見ながら、登れるところまで苦悩を交えながらも、恐らく、楽しそうに走っていた。しかし、ここまでe-bikeで来た人は少ない。友子さんも何度も挫折しそうになったものの、有名観戦地ウンブライルパスまで来たのは素晴らしいことである。






07hDSC05839.jpg
2578m ステルヴィオ峠制覇。





07hDSC05841.jpg
頂上は人、人、人





07hIMG_3338.jpg
ステルヴィオホテル、一度泊まってみたいものだ。





07hIMG_3336.jpg
頂上は熱狂的、選手は2時間後、右側斜面の線のような細いガードレールのない道を延々と下る。







07hDSC05852.jpg
ウンブライルパスでみんなも揃い観戦準備をしていると、いきなり通行規制が始まりついにジロが来た。






07hIMG_3349.jpg
異様な興奮、小さな子供もニバリが来ると右手振りかざし

「ダーイ!」 「ダイ!、ダイ!」と、叫ぶ。





07hDSC05857.jpg





07hDSC05869.jpg





07hDSC05873.jpg






07hIMG_3348.jpg







07hIMG_6175.jpg
興奮の観戦終了。





07hIMG_3315.jpg
一斉に下る。長すぎるダウンヒル、途中から友子さんのディスクブレーキが鳴き出す。






07hDSC05884.jpg
ボルミオのゴール手前で観戦。
物凄いスピードで審判車や警備のバイクがコーナーに飛び込む。








07hDSC05882.jpg
曲がったらフルスロットルですっ飛んでいく、これこそイタリア。






07hIMG_3400.jpg






07hIMG_3389.jpg






07hIMG_3347.jpg
ジロ・デ・イタリア、我が目で見たり。

チャオ!








FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---




  1. 2017/06/08(木) 12:18:06|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRO D’ITALIA 2017 観戦サイクリングツアー 其の三

606hIMG_3188.jpg
5月21日、羽田空港のルフトハンザ受付カウンター前で待ち合わせていた岐阜から新幹線と電車で輪行の大久保さんは外国人にまぎれてすでに来られていた。輪行袋はわたしと同じシーコンエアロコンフォート、その他の荷物はいざとなったらリュックに変身する機内持ち込み可能なカリマーのエアポート40、これも同じ。シーコンの電車移動は大変だった様子で帰りはその場で飛行機に変更された。ルフトハンザでチェクインをしていると大久保さんのシーコンは規定重量オーバーの26キロ、なので中の圧縮袋の衣類を取り出そうしたら、わたしと友子さんの三人1組のANAのコードシェア便だったのか理由は判らないが超過費用もなくそのままOKとなった。チェックインが終わり自転車を入れたシーコンのみ大型荷物の保安場に移動して検査を受け中身の目視検査のあとX線を通して無事終了。これで面倒な荷物はミラノ・マルペンサ空港で受取ることとなり一安心。

フライトは羽田からルフトハンザでミュンヘンへ、乗り換えてミラノ・マルペンサ空港。帰りはフランクフルトで乗り換えてANAで羽田着。いずれも自転車2台を持ち込む旨連絡済。片道13時間に及ぶ機内の過ごし方を熟考していたが、「映画・食べる・飲む・寝る」でこのために契約したNetflix は一度も見ることはなかった。ただし、行きは12時30分に出て現地時間の20時頃着いてその日は寝るだけだから問題なかったが、帰りは9時40分に出て日本着は次の日の朝6時30分、機内では行きと同じく起きている時間が長かったこともあり時差ボケによる突然の睡魔がしばらく続いた。次回行くときの帰路は映画は一切見ないでノイズキャンセリング付きヘッドフォンと首枕でひたすら眠ることにする。

ミュヘンの乗り継ぎで松澤さんと会う。空港内を電車に乗って移動し同じルフトハンザ便で1時間5分のフライト、ところが用意されたのはローカルなAir dolomiti、客室乗務員は今まではとは接客も見かけもガラリと変わって明るいイタリアン、期待感に酔ってきた。
ミラノ・マルペンサ空港に着くとベルトコンベアの故障でわたしのシーコンが出てこない。しばらくしたら何とか手動で無事手元に届いた。しかし、数名の方の荷物は出てこなく明日受取の手続きをされておりこちらも初イタリアを感じた。

到着ロビーに出ると笑顔の川田さんとルイさんが待っておられた。遠い異国の地で日本人の方の案内と、帰りの空港までお世話になる車があるという安心感は最上であった。歩いてすぐの駐車場で今回のサポートカーとなるルノー・トラフィックに荷物を載せ、空港近くのCrowne Plaza Malpenza Hotelに21時30分に着いた。






606hIMG_3189.jpg
わたしたち4人の遅い夕食は、ホテルのレストランのテラス席でイタリアビールで乾杯でスタートした。生ハムやローストビーフ、カルボナーラとワインを2本倒して心地良いミラノの夜となった。








606hIMG_3191.jpg









606hMG_5984.jpg
22日はジロ休息日、自転車を組んで車に載せコモ湖畔をサイクリングしてボルミオに移動。シーコンの袋は27日からまたこのホテルに泊まるのでそのまま預け、わたしたちのスーツケースも車に載せるにはかさばるのでルイさんが用意したボストンバッグに詰め替えスーツケースも預けた。ルノーには川田さんとルイさんとわたしたち4人とそれぞれの自転車の6台で移動する。友子さんの自転車は川田さんに依頼して電動自転車(e-bike)をレンタルする予定だったが、返却が面倒だったらしくて川田さんのe-bikeのマウンテンを貸していいただいた。サイクリングスタート前にイタリアの交通標識とロータリー交差点・ラウンドアバウトのルールを教えていただく。日本でも外国の方がサイクリングする際にはこのようなことは必須だろう。







666hIMG_3206.jpg
美しいコモ湖に着くと初めてのバールへ。
イタリアではコンビニを見ることはなかった。昔からの習慣を守るため、夜間や日曜の営業を規制する法律があり、外資系の大型商店に個人商店が潰されてしまわないよう保護されているらしくチェーン店が進出しにくい事情のようだ。よって、ちょっとした買い物でも数少ないスーパーに行かなくてならなし、トレイは公衆もほとんどなく必然的にイタリア風喫茶店のバールへ立ち寄る必要がある。バールにはカフェメニューなどの飲み物の他にや、パンにチーズやハムを挟んだパニーニ、ブリオッシュ、それに新聞や雑誌も販売されていた。来店した人が飲んでいるのはほとんどがエスプレッソ、わたしたちは抽出の量を増やして少し軽い味のカフェ・ルンゴが定番となった。









666hIMG_3216.jpg
ここには市場があって地元マダムに人気店でルイさんに頼んでフルーツを購入した。買い方が面白くて、例えば「そのオレンジは美味しいですか」と聞かれると、すぐさま折りたたみナイフでオレンジを半分に切り、グッと絞って汁を地面に滴らせ、ジューシさを見せつける。すると、マダムは気前よく、あれやこれや店員のおすすめを買うといった感じ(多分)。







6hIMG_6006.jpg
ジッタナからサイクリングスタート。







666hIMG_3233.jpg
湖畔を気分良く初めてのe-bikeで走っていた友子さんだったが、ピオーナ大修道院へ続く下りが急にパベェになり止まろうとしたら立ち転け。大したことはなかったが、やはり病院にかかると膨大な治療費が請求される海外では万が一に備えて旅行保険は必須である。(川田さんのツアー参加者は加入が条件)







606hDSC_1867.jpg
コモ湖岸に「あるレストラン「Lido di Colico」で美しい湖とその先にそびえる雪化粧が残る岩山を見ながらランチを楽しんだ。







606hIMG_3249.jpg
デザートの直径が中ジョッキサイズで高さが半分のティラミスは、エスプレッソの濃厚なボディと口の中に広がるアロマに満たされまさにイタリアンドルチェ、驚きの逸品だった。








606hIMG_3279.jpg










606hDSC_1882.jpg
サイクリングを終わりボルミオに向けてドライブしていると山の斜面は一面のぶどう畑。所々に農園の看板がありティラーノのスーパーでその名前のワインがあり購入する。








6hIMG_5995.jpg
ジロで自転車乗りに湧くボルミオの街到着。








6hIMG_3253.jpg








6666hDSC_1916.jpg
ボルミオの街で川田さんが家主さんに鍵をもらいアパートメント「Casa Del Sol 」到着。歴史を感じる教会のような建物だが中はリフォームしてあり、リビングルーム、ダイニングキッチンはコンロやオーブン・食器洗いが一体となったビルトイン式。洗濯機もありベッドルームとシャワー&トイレは2箇所と言うことなし。ここでの2泊は快適だった。








6hDSC_1913.jpg
近くの教会の鐘の音、窓からの山々の眺めなど古き良きイタリア感が素晴らしい。








606hDSC_1944.jpg
夕食はワールドカップ男子滑降コースがあり、アルペンスキー世界選手権の開催地としても知られているスキー場「Bormio 2000」の展望レストラン「Gallo Cedrone」へ行った。








6hIMG_6091.jpg
仲のいいバーニーズマウンテンドッグも歓迎。この犬は2000年以上も前からアルプスの厳しい気候の中で牧畜犬、護衛犬としてだけではなく、ミルクや乳製品、農産物などの輸送・運搬の際に荷車を引くなどの仕事をしていた古い犬種だという(wikipedia)。レストランの中のフレンチブルドッグも可愛かった。







suv46DSC_1953.jpg
20時になってもまだ明るい山の眺めを満喫しながらの食事は素晴らしかった。明日はいよいよステルヴィオ峠に宿から自走で上ってレースを観戦する。宿に帰り気温零度対応装備を確かめ、初・生・ジロに緊張の夜だった。








FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---




  1. 2017/06/06(火) 18:15:53|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRO D’ITALIA 2017 観戦サイクリングツアー 其の二

suv6033IMG_4052.jpg
ガルデナ峠の麓

浮島神社の御守を口にした200歳の悪魔おじさん。

見る限りいつもの雰囲気だが

御守を授かり、喜んでもらえたことを報告したい。

昨年、バイク事故で大怪我をされたサイクルフォトグラファーの砂田弓弦さんに安全祈願のため是非渡したいと浮島神社さんの自転車御守を用意して行った。他にもジロ観戦の歳の峠でご相伴のお礼や、お世話になったイタリアの方、ガイドの川田さんにお渡ししよう3種類の御守を持参した。








suv60333DSC_2204.jpg
第19ステージのスタート地点で砂田さんとお会いすることができた。柔らかい話し方と澄んだ声が反響して耳に残った。優しい立ち振る舞いもとっても素敵な方だった。それに選手がステージに向かう狭い通路に立ち止まって警備からのクレームも片手で振り払いお話していただいた。ジロツアーの何よりの想い出となった。







suv6033IMG_4061.jpg
そして、浮島神社の御守も複数受け取っていただいた

昨年の事故以来信心深くなり

たいへんありがたいと






suv6033IMG_4062.jpg
好みのピンクを選ばれその場で胸にされた。






suv503DSC_2398.jpg
ガゼッタはよく買っていた。





suv603IMG_3985.jpg
ゴールのドゥオーモ広場には

ガゼッタの取材車が好ポジションを確保

明日のガゼッタ誌は

記念に何部か買おうと思っていたところ







suv603DSC_2399.jpg
表紙がこれ

中央にフェラーリ優勝記事で

ジロは左端・・・







suv603DSC_2400.jpg
次のページをめくっても

フェラーリ






suv603DSC_2406.jpg
富士通の広告の次の7面にやっと出てきた。







suv603DSC_2407.jpg
ニーバリが負けたから?






suv603DSC_2408.jpg
それしかないだろう。







FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---





  1. 2017/06/03(土) 18:41:40|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRO D’ITALIA 2017 観戦サイクリングツアー

suv46IMG_6433.jpg
5月21日から100回大会となるジロ・デ・イタリアの観戦に結婚30年の記念を兼ねて行ってきた。








suv46DSC_2391.jpg
メンバーは東京の松澤さんと岐阜の大久保さんとわたしたちの4人。二人とも前職時にお客さんとして自転車が縁で知り合った友人。ジロをサポートカー付きで案内してもらうのは、松澤さんが以前職場で一緒だった川田さんとフランス人のご主人ルイさんで2009年から二人の趣味の延長として日本人を対象にした欧州のサイクリングツアーを提供する「Adventure Cycling Europe」(ACE)を経営されている。ツアーはフランス語・イタリア語・英語が話せるルイさんが自転車を載せたバンを運転し、フランス語・英語が話せる川田さんが助手席でサポートしてツアーの最後まで同宿同食でガイドされる。ACEの最小携行人数は3人で最大6名まで可能。







suv46DSC_1952.jpg
川田さんルイさん夫妻







suv46IMG_6109.jpg
欧州では日本人に優しいことから、川田さんは日の丸をサドルバックに掲げ、ジロを祝うピンクのアフロをかぶって最終日まで通された。そして、その効果は一緒に走って絶大なものだと判った。






suv46IMG_6161.jpg







suv46IMG_6362.jpg








suv46IMG_6132.jpg
ステルヴィア峠を上っていたら、日の丸に気づいたフォトジャーナリストの辻啓さんがわざわざ車を降りて会いに来て頂いた。








suv46IMG_6195.jpg
今回のジロツアーの目的として電動バイク・e-bikeの検証にある。こちらの電動バイクはスポーツを目的としたもので、日本の電動バイクの倍以上のパワーがある。大柄な人が8%以上の上り坂を走っても、それなりに走れる人と対等、もしくはそれ以上の速度で上ることができる聴いていた。それをわたしたちが乗って試すのではなく、坂が苦手な友子さんにジロの期間ずっと乗ってもらい阿蘇の山岳コースでのレンタサイクルとしてのe-bikeの可能性を確かめることにあった。







suv46DSC05828.jpg
さて、友子さん、初電動自転車での峠は、偉大なるチーマコッピのステルヴィオ峠(2758m)だったが、さすがに人が異様に多くてそこまでは上らなかったものの、ウンブライルパス(2500m)まで18km、バッテリー12%を残してめでたく上り切り、わたしたちをびっくりさせた。







suv46DSCN2197.jpg
今回のジロには登場しなかったが、よく山岳コースに取り入れられるジアウ峠7kmの上りでは、森林限界を過ぎたところまでずっとコバンザメのように後ろに付いていたが、ついに力尽き、徐々に離れて友子さんの姿が見えなくなり全員敗北。ここは距離が短いのでバッテリーの残量を考える必要がなく、e-bike上りのスピードはフルスロットルで12kmだったとのこと、付いて行けるわけがない。







suv46DSC05897.jpg
アラッパの宿からカポロンゴ峠を越えてガルデナ峠まで往復40キロ以上をバッテリー20%を残しこちらも完走。アディジェ川のイタリア最古のサイクリングロードでは、平坦もしくは若干下りだったので25キロ走行を基本とする友子さんは遅れることになったが、上りではわたしたちと同じレベル、もしくはそれ以上で走ることが可能だった。山岳コースが苦手な方でも一緒に走る人に遅れることなく、峠で一緒にガッツポーズができるのがe-bikeであり、これからのサイクリング人口の広がりを日本でも秘めているのではないかと思った。実際に人気のステルヴィオ峠には年配の方や太めの方がe-bikeでさっそうと峠を目指されていた。実際走った友子さんの完走は、坂がキツいと感じた瞬間に、誰かの手が背中を押してくれて、スッと進んで行く不思議な体験だったという。






suv46IMG_3523.jpg
今回の目的のもうひとつに日の丸応援がある。残念ながら選手の出場はないが、世界的に有名なサイクルフォトグラファーの砂田弓弦さんを応援することにあった。ステルヴィオ峠では外国人応援のパワー(酔っぱらい)により沿道に近づけなかったが、ガルデナ峠では日の丸に気づいて手を振ってもらった。







suv46DSC05847.jpg
その後、18ステージのスタート地点では話をするチャンスもあり目的は達成できた。出会った方と親交を深めるためのお礼として浮島神社の自転車御守も持参した。砂田さんは昨年バイク事故により怪我をされたこともあり御守を有難く受け取られた。そして、その場で上着に結び付けわたしたちは大いに感激することとなった。







suv46IMG_6364.jpg
浮島神社のジロカラーの御守の効果は絶大でベルギーの兄弟からは熱いもてなし(蜂蜜酒)を受けた。







suv46DSC05877.jpg
ジロ観戦の迫力は想像以上、

時差ボケも想定以上で4日目にしてまだ睡眠不足

よって、また追々と。







FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---




  1. 2017/06/02(金) 17:02:18|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: