コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

TTコースの下見はHawaiiだった。

yuuraIMG_1390.jpg
実業団のマラソン合宿コースをTTコースに想定してみてはとサルトさんからご提案、
なるほど20kmの、なだらかな起伏の、車の通りの少ない練習コースが例年通う実業団ならあるはずと、宿の人におおまかなところを聞いて道路のペイント跡を探してみたら、

「あった!」

しかもいくつも、どうやらチームごとにマーキングをしているようでした。






















yuuraIMG_1396.jpg
このあたりは車もほとんどなく練習コースのすべての条件を満たすエリアでした。






















yuuraIMG_1397.jpg
今日の内牧の最低気温4度、最高気温22度、
今年初のビブパンツ、やはり素足が一番ですね。
上は半袖ジャージにアームウェア、あとで外しましたが完全に夏スタイルになりました。
最低限の軽装は、風がこんなに気持ちいいのかとこれも今年初、
風を受け、井出の水のきらめきと野鳥の声、それに村の民家の庭木の花の匂い、
この素晴しさ、判ってもらえるでしょうか。























yuuraIMG_1402.jpg
国造神社の麓、今日はよく山が見える、次なる誘惑





















yuuraIMG_1405.jpg
菊池からだとここまで40キロ、往復をを考えるとそんなにウロウロはできませんが、内牧からだと阿蘇谷の平坦路の折り返しや外輪山コースなど1時間もあれば十分楽しめます。
ここまで来たならもう少しと欲がでるものです。






















yuuraIMG_1411.jpg
火ノ尾峠へ

放鳥したばかりのように逃げない雉と遭遇、
野鳥の目が覚めるような色艶にはいつも、いつも驚かされます。






















yuuraIMG_1417.jpg
今日はここまで
根子岳と高岳の麓を通る峠超えは次の機会にしよう。





















yuuraIMG_1415.jpg
宿に帰って2時間コースは地元ならではの贅沢。
でもそれが習慣になるとやがて当たり前になり感動も薄れてくるのでしょうか。
以後じっくり検証しましょう。

帰ったらザブンと宿の風呂に浸ると、身も心も軽くなり間違いなく一瞬20歳は若返るのは嘘ではありません。
それに終日感じた波のように高まったり消えたりする花の匂い、いったい何だったんだろう、
ほのかに、爽やかに、走りながらブレンドされていく気品ある香り。
たかが2時間、されど2時間、阿蘇の謎は深まる一方、
まるでハワイのようでした。








日々是好日



スポンサーサイト
  1. 2012/04/27(金) 18:39:45|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<極めるなら | ホーム | フランス人家族旅行のインパクト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/965-8f9f2340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: