コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

漱石のロンドン

416ageIMG.jpg
今朝通勤中に本田技研の直線路を丸太のような太腿の、あきらかに競輪選手とわかる自転車乗りが吹き荒れる風の壁を額で突き破るように走っていました。こんな人は横風なんてもろともしないんじゃないかとそう見えました。

先日から福島さんpingさんが宿を訪れてもらい自転車によって人と巡り合い、仕事を得ることができてほんとに良かったと思いました。
かって遠方から自転車を通じて前職の宿をご利用頂いた皆さんからも、確かにいいところもありますが客観的に見るとけっしてまだまだ快適とはいえない今回の宿ですがたくさんのご予約を頂いて感謝しています。
取り引き業者の方々もご迷惑かけたにも関わらず、取り引きを再開して頂いたり、遠くから足を運んで挨拶に来てくれたりとたいへん有り難く思っています。


さて、この本、2001年朝日新聞社出版のもので、夏目漱石が1900年から2年間文部省より英語研究にロンドンに滞在した日記をもとに、筆者が漱石と同時代人になって漱石の視点でロンドンを見るというものです。
本の中に「自転車に乗る漱石」というエッセイもありますが、本のタイトルまでになったのは、サドルの上から見る旅の良さと、当時のロンドンの文化や環境にカルチャーショックを受ける漱石の姿が見えるようで素敵な名前だと思いました。





















40hiraIMG_1310.jpg
ロンドン滞在2年目は日記に残しておらず、エッセイが数編あるだけですがそのなかに「自転車日記」という一編があります。
「西暦一千九百二年秋忘月忘日、自旗を寝室の窓に翻へして下宿の婆さんに降参を乞ふや否や、婆さんは二十貫目の体躯を三階の天辺迄運び上げにかかる」という一節から始まります。
漱石が自転車に乗ったきっかけは、その体重二十貫の下宿の婆さんが神経衰弱がひどくなり部屋に閉じこもる漱石に気分転換をさせようと思いついたのが自転車でした。
自転車の歴史は18世紀の末頃に始まり、1870年代になって中流階級の男性の娯楽として注目され、漱石訪れた頃がブームの真っ盛りでもあったようです。






















420hiraIMG_1312.jpg
チェーン稼動やホイールの大きさ、それにダンロップの空気タイヤ開発により、実用と娯楽の両面において男女・年齢を問わず人気となり1895年には頂点に達し上流階級の多くの女性が自転車に乗り始めたといいます。



































420hiraIMG_1314.jpg
イギリス社会における自転車の社会的役割として、上流社会の最新流行の玩具から中流階級の人目を引く乗り物に変わり、遠出する爽やかな開放感が自己表現の理想的な手段として機能しました。
また、自転車に乗ることは女性にとって男性よりもはるかに大きな挑戦とチャンスを意味し、特に未婚の女性に活動的な娯楽への参加と、肉体的健康にたいへんよい影響を与えたといいます。
自転車の誕生は、他のどのスポーツよりも男女平等に貢献し、女性に独立独歩の精神を植えつけたものであったと当時のタイムズ紙の紹介もありました。






















420hiraIMG_1313.jpg
1914年製の自転車、すでに現在のものと遜色ない出来上がりになっていますね。






















gigamen_white_leica_camera.jpg
同じ1914年にはドイツのカメラメーカー「ライカ」が誕生しました。
そして今年、ライカの限定品が発売されるのをネットで見つけ、次に買いたいのはリコーGR DIGITAL IV最安値50000円なら買いと思っていましたが、この白いライカどう見てもカッコいい、こそっと買おうかとの誘惑に、


このカメラのコピー文が、

「あなたが買いたいのは車でですか? それともこの白いライカですか?」

「・・・・・・・・・?」













価格を見たら262万円!

日々是好日
スポンサーサイト
  1. 2012/04/21(土) 13:49:43|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<宿のサイクルステーションは仏語の芽生え | ホーム | 山を持つ楽しみ>>

コメント

すぴかさん

まあ、顔はよしとしましょう。(笑)
自分の浅い経験ですが阿蘇市には他地域にない圧倒的な魅力あるところだと確信しています。
それはきさくな地域の方々とこの地に恋して全国から移住してきた皆さんとの人の力があるからです。
阿蘇という世界的な観光地を今までとは違った方法で紹介すれば、必ずその価値も伝わるはず、私もそのお手伝をするためにここにいますので自転車に乗って頑張りますよ!
  1. 2012/04/21(土) 17:25:02 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!

【くまにち あれんじ】拝見しました♪
事業部長の顔写真掲載が無かったのは残念でしたが、
故郷の情報満載で嬉しかったです。
今日は実家から送られてきた青高菜の新漬を肴に、晩酌です(笑)
観光では南阿蘇や南小国に押され気味なイメージの阿蘇市ですが、どうぞよろしくお願い致します。
  1. 2012/04/21(土) 15:20:31 |
  2. URL |
  3. すぴか #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/962-ccf87b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: