コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

第二作、お手伝いモトム。

310asoIMG_0582.jpg
今夜は阿蘇の大火文字焼きが往生岳とにべ塚であります。
先日、霧と強風と大寒波の中、阿蘇市の各団体が集まり旅館組合としてその準備行きました。
事前情報は「寒い」と、にべ塚は野焼きのあとなので「灰で汚れる」というもの。
まずは、北登山道パノラマラインから農道を旅館組合のマイクロバスで往生岳の中腹まで行き、そこから急斜面をひたすら登ります。




















310asoIMG_0587.jpg
ほとんど往生岳の麓まで登ると、3分の1ほど燃料が入った一斗缶をバケツリレーで上げます。
猛烈な風と雨は容赦なく吹き荒れ、カッパの隙間から入り込み寒くて寒くて、漱石先生が二百十日に書いているように遭難しそうなったこともわかります。




















310asoIMG_0583.jpg
取材のテレビカメラもオロオロ、





















310asoIMG_0597.jpg
往生岳が終ったら山を下りて阿蘇平野のにべ塚へ、

こちらは霧も風なく穏やか。



















fma31014.jpg
やがてこうなります。

右が霧と風のなかで苦しんだ往生岳、左がにべ塚。


そして、




















fma31012.jpg
花火も上がり、和太鼓「TAO]も、

阿蘇は派手です。


















neroo310IMG_8368.jpg
蘇山郷の露天風呂付きの部屋
外見に似合わずこういう部屋もあります。
好まれるのは若い方、そんな皆さんは早いとこ食事を済まして見に行かれるようです。























ro31012IMG_5937.jpg
しかし、寒いので部屋のなかが一番というお客さんもいらっしゃいます。
蘇山郷にはかなり使い込まれた部屋もあり、今後順次改装していくそうですが、そういう常連のお客さんに限って、古い部屋を好まれる方もいらっしゃいます。
古いけど清潔で昭和レトロな昔の宿を楽しみたいという選択肢です。




















3310ro12IMG_5931.jpg
右は今は使われていない昔懐かしい据え置き型の空調機、なぜあるかというと配管を外すとかなり部屋の修復しなくてならなく改装と同時にするとのことです。
私なんかは「ほほっ」と好みなんですが、いっそ改装の際に回りだけ残して、中に最新鋭の空気清浄機を入れたらと真剣に考えています。




















sakam310IMG_0621.jpg
教授も是非


文藝春秋2月号より坂本龍一氏
「肉体の変化に日々さらされた四十代のうちは、いずれは落ち着くだろうとタカをくくっていました。でも五十歳を超えるとさらに加速度的に老化がひどくなっていきました。

人間は生まれてから二十歳くらいまでは、どんどん成長します。その後二十年くらい停滞する時期がありますが、そこからはかって成長したのと同じくらいの勢いで衰えていく。

赤ん坊は急に言葉を話したり、立ち上がって歩いたりしますが、老化も同じようなもので、昨日までできたことが急にできなくなる。それは死ぬまで続くんでしょうし、そうやって死に向かう階段を降りていくことこそ、老いるということでしょう」


それはみんな平等、ゆっくりと二泊、三泊と幸せな時を過ごしにいらしてください。




















kuturoIMG_5877.jpg
記念すべき第一作、水処に続いて、

第二作はライブラリー。

我が家の本を持って来てます。

自転車関連もボツボツと、ささやかながらご期待ください。

若いお客さんも多く、コミック本も必要と感じておりますが、当方所有はワイルド7シリーズのみ、
不要なものがありましたら頂戴したいと思っております。
まだ新参者ゆえ、着払いもできません。
まさかと思いますが念のため住所など書いておきます。

〒869-2301 熊本県阿蘇市内牧145 蘇山郷 コルナゴ部長
電話 0967-32-0515







日々是好日


スポンサーサイト
  1. 2012/03/10(土) 18:59:48|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<誰か任せでは危ない | ホーム | 博多よりロードバイクでひとり旅>>

コメント

浮世雲 さん

第三作は庭です。
水前寺公園も飛んでしまいそうな庭です。
阿蘇の自然石に阿蘇の松、老木の苔むした梅、生き物が宿ったような地に沿う紅葉。
すばらしいです。
しかし、今は色あせ、輝きを失っています。
少しづつ、静かにもとの名園にしたいと考えます。
私にはそれが見えています。

目途が経ったらご案内します。
残念ながらこればかりは写真には伝えれませんからね。
  1. 2012/03/12(月) 14:50:04 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

時の流れ

空気清浄機 良いですね是非やってください
宿の便りで楽しみが一つ
写真がとてもいい
バイクの彼女も引き立つ 玄関
何処を撮ってもいい
親によく言われました
日本の自動車メーカーが
海外のメーカーにずっと勝てないことが
一つだけある
歴史だって
時を刻んだもの
大切に活用して後世に
伝えていってください
  1. 2012/03/11(日) 09:20:57 |
  2. URL |
  3. 浮世雲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/940-2e9aeb7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: