コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

下山の思想、雪山サイクリング

bou1225IMG_5130.jpg

今年最後のサイクリングの予定をブログエントリーしたところ、総勢11名のサイクリングとなった。

集まったメンバーはタフな面々が勢ぞろい、初対面の方もいらして、なんとか冬の阿蘇も満喫してもらいたいとコース選択が悩みの種。その上、コルナゴ部長プロデュースなどと期待をもたれると誰しも悩むもの。
考えた挙句、この時期の阿蘇の気象条件をふまえ、竜門ダムサイクリングコースから南小国の「茶のこ」さんへの往復で計画した。

しかし、朝起きると厳しい寒波の影響で屋根には雪がうっすらと積もり、阿蘇への道は閉ざされたも同然、ネットで調べると大観峰の道路情報カメラ( 阿蘇スカイライン)は積雪に覆われ気温-5度、鞍岳無線中継所の道路情報カメラ(ミルクロード)も、火の山トンネルの道路情報カメラ(阿蘇南登山道路)も積雪で真っ白。

ならば予定通りに行ける所まで行こうじゃないとまずは竜門ダムへ行くと山々は美しい銀世界だった。




















bou1225IMG_5129.jpg
菊池渓谷を通り阿蘇外輪山(北山展望所)へ通じる県道45号はチェーン規制になっており当然積雪、この道路は交通量が多いため雪が踏み固められアイスバーン化してもっとも危険、なので予定通りオートポリスに行く県道205号を選択。




















bou1225IMG_5123.jpg
本日初登場!
ターザンさんのコルナゴのシクロバイク、
この日、圧倒的な走破能力に熱い視線と、数人は入手も視野に入れることになるとは・・・・




















bou1225IMG_5132.jpg
菊池高原入口、まだこの程度




















bou1225IMG_5135.jpg
しかし、この先はこれだ。

進むか引くか、
一人なら帰る、二人でも帰る、
11名だともうちょい行こう、オートポリスまで行ってみようと結論。
車はほとんど無い、新雪なのでそんなには滑らない、距離にして5~6キロ、時間も早い、天気は晴れ、もしもの時は我が家のランクルが40分で到着できる、30分圏内に知人の家もある、そしてメンバーの実力は揃っている。




















bou1225IMG_5136.jpg
ロードバイクのつんつるてんの細いタイヤでも以外と雪道を走れるもので、体重のバランスは両輪均等にし、雪の薄い、もしくは新雪を選びトルクをかけずにペダルをゆっくりと踏む。手放しで走る感覚か。

しかし、一度でも降りるとビンディングシューズのクリートに雪が詰まり、ペダルに載せるだけとなる。
ちょっとした上りでは降り、歩き、そのうちシューズは雪の塊で分厚くなり、乗ることはできなくなってしまう。


















bou1225IMG_5138.jpg
いつの間にかメンバーはバラバラになりバイクを押して進む。
フレームとタイヤの間に雪が詰まりタイヤが回らなくなる。
いったい何しに来たのやら、地獄へようこそである。
しかし、見上げるとそよ風にキラキラと粉雪舞い、新雪20センチのふかふかのパウダースノーも広がる。

真逆の世界・・・・・

美しさ < 不安+ 諦め+ 怒り+ 疲れ+ 寒さ+ 失望 ・・・・
もう帰りたい! = 無言となる


しかし、一人だけ別次元の人がいる。
シクロバイクのターザンさん、グイグイ雪を蹴散らし銀世界を一人占めする。
走破力に驚かされ、羨望の眼差し、
私も欲しい・・・・
これがあると雪が恋しくなり、年中阿蘇を走り回れるのだ。
















bou1225IMG_5137.jpg
先頭のへボーネンさんよりしんがりグループの私にオートポリスに到着したと連絡が入る。
積雪20cmの新雪。なので走るには走れる。
左折する日田方面は車のタイヤの踏みあとの下りなので滑り無理、県道45号を目指しここからの上り坂を押して行くか。

全員集まり話し合いの結果、

引き返す。

少し下るとジムニーに乗った菊乃家の菊ちゃんと遭遇、銀世界の写真撮影とのこと。
突然こんな雪山で見つけた自転車グループにびっくりしていた。
付近の峠には動けなくなった車が多く放置されているらしい。
下るにつれ雪が少なくなり、普通の世界になる。
そうなると妙に寂しいものでもある。




















bou1225IMG_5142.jpg
387号から迫水小学校を過ぎ水の道へ右折し「森の味処 なかむら」さんで5時間ぶり笑顔になる。

雪山ではそんなに寒くはなかったが下りは冷える。
私は下り専用の三つ指のグローブでそうでもなかったが冬用1枚の人は厳しかったようである。
薪ストーブで体の芯から暖まる。















bou1225img_81274_7772582_1.jpg
人気のなめこダンゴ汁で暖まり、物産館でpingさんえちゅこさん、自走組のみなさんと別れる。
へボーネンさんは泊まりなので旅館へ、自転車旦那さんは我が家の温泉で暖まり遠路博多まで帰られた。




















bou1225IMG_5157.jpg
夜の部はへボーネンさんと二人で「夢路」へ
ここのダシの旨さはすばらしい。高級鰹節や昆布を惜しげもなく使い一切妥協を許さない真剣勝負の店だ。





















bou1225IMG_5150.jpg
今日走ったことを反芻し、





















bou1225MG_5152.jpg
今年走ったことを思い出し、
これから走ることを語った。




















bou1225IMG_5151.jpg
最後に馬鍋で締めた。
そのダシの旨さに5日後また来ることにした。
スープが絶品で今日二人、二度目の感動をした。



















bou1225IMG_5121.jpg
安全を前提に、冒険心の片鱗にふれるライドになればと計画した。
阿蘇とはそういうものだ。
うららかな河川敷とは違い標高900m前後の峠の天候は厳しい。
阿蘇を走り出して4年になるが何度も「遭難」という言葉がよぎる体験をした。
しかし、1時間もすると刺激のない俗世間に戻ってきてしまうのだ。
さっきまでの恐怖はいったいなんだっただろういつも恥ずかしくなる。
弱虫の臆病者は治らない。

厭きれるような雪山だった。
登山ならまだしも、ロードバイクであの装備だから私自身そう思った。
参加のみなさんには仕方なくも流れ的なお付合いに、気の毒な一日だったかも知れないが、めったにない体験をして楽しかったという感想も頂いた。
確かに自転車をする人は変わった方が多いが、私と遊ぼうという人はもうひとランク上のようだ。
茶のこさんまではたどり着けなかったがまた行けばいい。
シクロで雪が融けないうちに行きたいものだ。



へボーネンさん 『豪雪ヒルクライム』 雪道でのパイロット役、ご苦労さまでした。
ターザンさん 『「これも阿蘇」と、思った1日』 みなさんにご紹介して頂いてありがとうございます。
pingさん 『もはや、サイクリングではなく、雪中行軍』 雪道を果敢に攻める子供心に感服しました。
えちゅこさん 『クリスマスに雪中サイクリング』一人で阿蘇を回遊する姿はすばらしい、雪道も制覇しましたね。
ZENさん 『スパルタンな忘年サイクリング』手が寒そうで・・・「撃滅戦車隊3000粁」は私のバイブルです。
ヒデちゃんさん『一日雪と楽しませていただきました』お初にこんなことで申し訳ないです。またよろしくです。
ミキティ姉さん とんでもない所を引っ張りまわし反省しています。雪道2位には感服しました。
Y田くん 記憶が飛んで失礼しました。途中離脱にてご挨拶できず是非再会を念じています。
hori君 あそこで離脱は前菜で終ったようなもの、いやそれが幸いでした。またご一緒しましょう。
自転車旦那さん ホイール大丈夫だったでしょうか、遠くからお越しなのにあの程度しか走れなくゴメンです。


やはり、ドイツの哲学者言ったとおり、
男が人生において熱中できのは二つだな ------- 遊びと危機である。







日々是好日



スポンサーサイト
  1. 2011/12/26(月) 18:09:25|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<こうでなければ、という定義はない | ホーム | 今日の佳き日>>

コメント

YSDさん

>初めて会う方が多く、オロオロしていました。

私もそうです。
そして、早くて、強そうな人にみんな見えてしまいますね。

次の阿蘇のロケーションや野焼きの直後がすばらしいです。
草原のかなたまで見渡すことでき、キツネやウサギが飛び回る姿も目の当たりにできます。
性懲りも無く阿蘇周辺を彷徨っていますので是非お声かけください。
ありがとうございました。
  1. 2011/12/28(水) 11:51:21 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

pingさん

購入における交渉は只今膠着状態と察します。

今回は11名が雪道を経験し、「シクロ車の意味」と「雪道のそれなりの楽しみ」を知った訳ですが、これを期に冬季のスポーツとして阿蘇周辺で開花する可能性もあるのではないかと思った次第です。

そうなると pingさんの今の思いは(師として)当然の成り行きではないかと思います。

局面打開を祈ります。来年もどうぞよろしく、またご一緒しましょう!
  1. 2011/12/28(水) 11:41:12 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

こちらこそ、ろくに挨拶できず失礼しました。初めて会う方が多く、オロオロしていました。

私もまた、ご一緒できたらと思っています。
  1. 2011/12/27(火) 23:11:41 |
  2. URL |
  3. YSD #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

先日はお疲れ様でした。
なかなかできない体験で楽しかったです。
次はシクロ車かMTBで挑戦したいと思います。
今真剣に検討中です。
  1. 2011/12/27(火) 21:49:32 |
  2. URL |
  3. ping #-
  4. [ 編集 ]

ミヤモッチさん

あの布製のシューズカバーですね。
トゥーカバーを装着しましたが氷点下近い気温に雪の状況でも寒くは無かったです。
防水性は当然ありませんが、逆に蒸れて足を冷やすこともなく普通の冬場ならいけますね。

オージーサイクリストでしょ、やられましたね。
あっちの人は遊びごころが旺盛で「雪イコール遊び」なんですね。
私たちもそういう風に頭を切り替えて、冬季に引き篭もることなく自然も満喫したいものです。
それから、シクロバイクの走破能力も思い知りました。
きっと流行ると思いますよ。
  1. 2011/12/27(火) 18:01:50 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

えちゅこさん

女性にはとんでもない体験だったかと思っていましたが、あのような状況もあり、それを楽しむ方法もあることを知って頂くのも無駄ではなかったかと、苦し紛れに思った次第です。
シクロバイクの安全性、つまりタイヤの重要性には思い知らされましたね。
来年もよろしくお願いします。
  1. 2011/12/27(火) 17:46:49 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

いかがでしたか?

防寒用に購入された品はいかがだったでしょうか?
写真を見る限り非常に厳しい環境だったことがうかがわれます。

>オージーサイクリストが大観峰を走ったというショップ情報
本日、その彼が報告にきました。自転車は雪のせいで汚れておりましたが顔は笑顔でいっぱいでした。
  1. 2011/12/27(火) 15:19:17 |
  2. URL |
  3. ミヤモッチ #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

日曜日はお世話になりました。

新しい自転車の楽しみ方に出会ったような気がしました。

ほんとに別世界でしたね。

来年もよろしくお願いします。
  1. 2011/12/27(火) 14:33:21 |
  2. URL |
  3. えちゅこ #-
  4. [ 編集 ]

hori くん

大観峰付近を走っているのを見かけたという情報です。
たぶんそれはKショップ馴染みの方であろうと、我々は雪に閉ざされ、跳ね返されましたが、スキーに行くごとく、パウダースノーの誰もいない阿蘇スカイラインを、たぶんMTBで満喫されたのではないでしょうか。
「遊び方を知っている」、そのための道具を揃えて、ロードが1台、シクロバイクが1台、あればいつでもどこでも遊べるわけです。

あれがあれば、冬は変わりますね!
お付き合いありがとうございます。来年も阿蘇を駆けましょう。
  1. 2011/12/27(火) 07:09:16 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

あの雪の中を茶のこさんまで行った方がいらっしゃったのですか!? すごかですね~ 
部長プロデュースのコース途中まででしたが素敵な雪景色の中を走ることができ、とても楽しむことができました。
冬の阿蘇を走るためにシクロクロス欲しくなりました。ついついネット上で探してしまいます(笑)
また年明けもよろしくお願いします。 よいお年をお迎えください。
  1. 2011/12/26(月) 23:35:44 |
  2. URL |
  3. hori #1nPfeGTk
  4. [ 編集 ]

ヒデちゃんさん

こちらこそ、何もできませんで失礼しました。
また是非ご一緒させてください。
ありがとうございました。
  1. 2011/12/26(月) 23:34:04 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました

2ヶ月ぶりに乗りました。
今まで冬はほとんど乗ってませんでした。

雪道での乗り方が学べて楽しい一日でした。
また、ご一緒させてください。
  1. 2011/12/26(月) 23:25:39 |
  2. URL |
  3. ヒデちゃん #KGkFlZkk
  4. [ 編集 ]

ヘボーネンさん

夢路の馬鍋旨かった!
語るに多い雪山物語、熱燗二合がまたたく間に倒れ、急遽チョットバーでしたか(笑
がんパパさん曰く「ナカオ温泉」とへボーネンさん称号「チョットバー」の命名ありがとうございます。
近いうちに露天風呂など自作し、阿蘇サイクリング&温泉回復=男回復(勇気を蘇らせるという意)の図式を証明したいと考えます。

チョットバーの癒しはミラノとしましょう。
愛犬を膝に自転車談義に来年もお待ちします。
みなさんもどうぞ、ごぞんじコルナゴ部長宅へようこそ(笑)
  1. 2011/12/26(月) 22:34:55 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ZENさん

極端な減量とは衰弱に等しく(私の辞書において)、逆に弱くなった人を多く見ました。
底力が無くなるというか、間違った減量は土壇場で力を発揮できなくなるのでしょうか。
しかし、ZENさんはただ単に「寒かった」「手がりちべたい」(冷たいは非)のではなかったのでは、もしくは禁酒による体の異変かもしれません。(私の辞書において)いずれにしてもあの状況でテンションが変わらない人にはびっくりしました。

年の最後にタイガーを語れる方に知り会えて宝くじに当たったような気分です。
またいつぞや、よろしくお願いします。
  1. 2011/12/26(月) 22:16:08 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

みなさん、お疲れ様でした・・・・部長もプロデュースの立場で大変でしたね、、、、でも、雪上の走り方のコツなど得るものはありましたので、良しとしましょう。とにかくいいこともわるいことも経験しとかないとね!

それにしても、驚愕の雪山サイクリング、男でもハダが若返るような菊池の美人湯、拘り素材の絶品ダシが堪能できた忘年会、そしてチョットバーin部長宅、たった1日で何度も美味しい思い出となりました。

新年は寒波はこないようですので、走り始めに期待しましょう! では、皆さん良いお年を!
  1. 2011/12/26(月) 22:05:10 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ターザンさん

この日、オージーサイクリストが大観峰を走ったというショップ情報に、悔しくて・・・・やられたという感、大。
しかし、ほとんど考えていることは同じだし、11名は天晴れでした。
熊本で先陣切ったシクロサイクリスト「ターザン」さん、そのセンスは私達の記憶に名を残します。
昨日はその一歩だったかな~
今年はお世話になりました。来年もどうぞご一緒ください。
ありがとう!
  1. 2011/12/26(月) 21:58:32 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

体脂肪が現象したせいでしょか???

昨日は大変お世話になりました!

実力者ぞろいの中、皆さんをお待たせしてばかりで申し訳ございませんでした。
本文中にもありましたが、脚を着いたら一巻の終わり。クリートが瞬間製氷機になってしまい、二度とペダルに装着できませんでした。遅れをとり、ほんなこつ、すんませんでした。

寒さにあれほど弱かったのは、減量のため体脂肪が現象したせいでしょか???

また、宜しくお願いします。
  1. 2011/12/26(月) 20:34:04 |
  2. URL |
  3. ZEN #-
  4. [ 編集 ]

お世話になりました。

一人で、びゃんびゃん楽しんじゃって、申し訳ありませんでした(笑

しかし、ロードで茶のこに辿り着いたオージーには、やられちゃいましたね(泣

シクロ車購入されたら、雪の阿蘇に、是非リベンジしましょう!
  1. 2011/12/26(月) 19:27:28 |
  2. URL |
  3. ターザン #8IykC4x2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/891-4e5aa6ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: