コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

第11回 ツール・ド・おおすみecoサイクリング大会 其の一

2011oosumiIMG_4844
『戌年の男、コルナゴ部長、鹿屋を駆ける』

ツール・ド・おおすみに行ってきた。今年で5回目、07年が初めてで、ブログは08年からになる。
振り返れば、

08年
09年
10年 

総じてこの大会が素晴らしいのは、「本土最南端の辺境の地で、美しい心に接することができること」なのである。
想像するに、当地にも過疎化、高齢化の波が直撃し、経済も、人の気持ちも、豊かではないはず、なのに実行委員会及び市民の皆さん方により九州最後のサイクルイベントとして、私達自転車乗りは1年の締めくくりの儀式にすることができる。
黒川監督のつながりによりプロで活躍する選手が華を添え、鹿屋体育大学自転車部の選手20数名が一緒に走り、献身的にサポートしてくれる。こんな大会、めったにあるもんじゃない。人の心で成り立つ価値をもったサイクルイベントである。




















ts111127oosumi
11回目となる今年の大会は、3コース合わせて565名の参加があった。
おおすみ半島南回りコース110kmエントリーしたが非常なタフなコースだった。




















2011oosumiIMG_4801
大会へはいつものように前泊し海の幸で楽しむ。
今回は家内とへボーネンさんの三人でホテルの近くにある魚市場隣接の魚采丸に行った。
刺身はヨコワ以外、初めてだった。ヒダリマキという名の魚や、バリに一仕事したもの、クロの炙り、地元ブランドのカンパチ「海の桜勘」など地物にうっとりと、奥の深い夢のある魚たちであった。




















2011oosumiIMG_4805
どれも旨かった。

しかし、3回通い、昨年の大会の数日前に亡くなった居酒屋錦の親父さんとは比較してはいけないが、その差は「心」だった。残念である。非常に残念である。この日も鹿屋に着いて真っ先にそこへ行ったが、破れかかった貸店舗の張り紙があるだけ、手を合わせて来たことを報告するだけだった。




















2011oosumiIMG_0084


















2011oosumiIMG_0087



















2011oosumiIMG_4807
大会の日、天気良し、

笑顔良し、

雰囲気、非常に良し、

黒川監督の司会も冴えわたる。



















2011oosumiIMG_4811
鹿屋の選手も勢ぞろい、
そして、2年連続全日本U23ロードレースチャンピンオンの2年生山本元喜選手はチャンピオンジャージ姿だ。




















2011oosumiIMG_4809
鹿児島といえば、今や全国区の青いジャージの志士とも再会、




















2011oosumiIMG_4818
女性サイクリストにして、俵山を庭とする、えちゅこさんもチームメンバーに守られて参戦。
私の直感として、母なる視線で鹿屋体育大学に将来お子様入学のための下見ではないかと推察した。その理由はスタート前、誰しも緊張するではないか、そこでアンパンを食べる余裕は母なる力であると見抜いた。





















2011oosumiIMG_4817.jpg
ニタリ顔の我々、

いかに楽しいかの一枚




















2011oosumiIMG_0079
喩えればボウヤの気持ちと変わらない。




















2011oosumiIMG_4820
今回は地元FM局が、大会を生放送するため、選手の掛け声で番組もスタートした。らしい。
今までの大会への感想など当日放送するので募集がありメールを送った。
どうやら番組で放送されたようだが家内も聞き逃し詳細ははわからなかった。

定刻にスタートする。
『戌年の男、コルナゴ部長、鹿屋を駆ける』 明日へ続く





日々之好日




スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月) 13:21:49|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第11回 ツール・ド・おおすみecoサイクリング大会 其の二 | ホーム | 準備が揃って明日から鹿屋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/876-d944e9c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: