コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

静かな山の道

tbasoIMG_4542.jpg
重い雲が垂れ込めていたが阿蘇を目指した。
しかし、菊池渓谷の麓で雨が降り出した。本降りではないが先を見上げると黒い雲に覆われており、外輪山は雨と霧で視界がないことは確実なので引き返し鞍岳麓の林道に行くことにした。

正式には菊池人吉大規模林道といい、菊池水源の登り口の念仏橋から右に行く、もしくは203号を登った三叉路がこの林道の起点になる。林道といっても2車線のりっぱな舗装道路で標高400~500mの山腹のアップダウンが続く。「四季の里」の前を通り23号(菊池赤水線)まで25キロ、そこから橋を渡ると339号(ミルクロード)の森の教会の手前につながる。

この林道は車もバイクもほとんど通らない。付近には人家がないため音もない。シンと静まり返った山の中でのサイクリングは怖いくらいに心地よい。喩えるならば深夜の自分の部屋のようなもので、考え事をしたい時、もしくは何も考えたくない時に自転車に乗って瞑想しているようなものだ。




















tbasoIMG_4553.jpg
こんな眺めが見れる
左から金峰山(665m)、ニノ岳(685m)、三ノ岳(681m)、うっすらと雲仙の普賢岳(1359m)





















tbasoIMG_4554.jpg
鞍岳を菊池平野から見ると中腹に高圧線が通っているが、その一番高い鉄塔がこの撮影ポイントになる。





















tbasoIMG_4557.jpg


















toasoIMG_4563.jpg
こんな下りも楽しめる。




















tbasoIMG_4569.jpg
23号に出ると紅葉がチラホラと




















tbasoIMG_4577.jpg
二重の峠に着く。霧、雲で何も見えない。しばらくすると一瞬阿蘇平野が見えたが阿蘇の山々は雲の中なので諦めミルクロードを下って本田技研から合志川沿い河川沿いの道へ。




















tbasoIMG_4578.jpg
下界は打って変わってポカポカ陽気、さっきまでの緊張感は消え果てた。引締まった山の空気はやはりよい。
泗水から2キロほどの沿道にコスモスが咲く。町主催のマラソン大会の名残か、川沿いを走り植木から水辺プラザへそれから普通の道を帰った。

父の昔話がある。昭和20年代頃、菊池に初めての信号が花房の坂の麓にできた。見物に来る人がいるほど珍しいものだったそうだ。父が初めてそこを通ったとき赤だったので停止したが車もいないので発進したらちょうど巡査がいて信号無視だと免許証を取り上げられた。それは困ると言ったが得意げに明日から車に乗るなと言われた。仕方がないのでそのまま自動車学校に行って次の日には新しい免許をもらった。しばらくして警察から連絡があり免許証を返すから取りに来いと言われた。父は新しく免許を取ったのでそれは捨ててくれと言ったそうだ。そんな時代もあったらしい。

川沿いの道から水辺プラザの前の国道に出ると信号待ちの車が並んでいた。今日はやけに視線を感じた。




日々是好日

スポンサーサイト
  1. 2011/11/07(月) 08:58:27|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<居酒屋 菊乃家で心が震えること。 | ホーム | インド食堂>>

コメント

kenさん

霞のない日には有明海、その先に雲仙まで見えますね。
ずっと眺めているとそこへ行きたくなり、新天地も求める大航海時代のように。大げさじゃなく、自転車の旅だからそう感じることだと思います。
ただその場合、一人じゃ寂し過ぎますね。よき友と楽しみたいもの。

さて、ブログ拝見しました。
http://ameblo.jp/jack-stone-field/
写真めちゃくちゃ綺麗ですね。阿蘇から上る朝日。劇的なシーンに見とれてしまいましたよ。あとは更新のこと、週に1回とか自分に約束して、忙しい日には文章だけでもとにかく更新することを習慣にすることでしょうか。

阿蘇から海と雲仙の写真、次は雲仙から阿蘇の山々の写真、楽しみにしてますよ!
  1. 2011/11/09(水) 08:32:38 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

蒼いクジラさん

菊池高原からの沢伝いの道、落ち葉を踏みながらせせらぎを眺め、ブナの紅葉に目を奪われます。
オートポリスの坂を上りつめたら阿蘇の平原を滑空し、一気にマゼノを下ると南小国、2個曲がったら「茶のこ」へソフトランディング、でしょ?

このお店は、穏やかな空間、さりげないサービス、上質のランチ、デザート、そして日本茶、自転車乗りにはもってこいの心暖まるエイドポイントですね。

ただ、私の場合問題がひとつ、ご指摘の復路ですな、帰りのミルクロードまでの坂が辛い、387号は兵戸峠まで薄暗くて、寂しい感じが単騎では避けたいところ、ご主人はそば街道がいいのではと、ただ滑りやすい落ち葉に注意ということでした。次回でも試走してみましょう。

土曜日は人違いでしたか・・・・・(笑)
  1. 2011/11/09(水) 07:36:30 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

スピード感が!

お疲れ様です。
部長のおすすめコースを走って日々精進しています^^
昨日はミルクロードから海が見えました。初めてのことでとても感動しました!


PS:ブログも始めてみました。いつまで続くやらですが、、
  1. 2011/11/08(火) 20:34:22 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

茶のこまで

本日小国の「茶のこ」までライドしてきました。
御主人のスマートな立ち振る舞いと、さりげない気遣いに癒されました。
帰宅の時間が気になりゆっくり出来ませんでしたので次回娘達と贅沢な時間と空間をゆっくり楽しみたいと思います。
今回の往路の菊池高原からの道もまた静寂な瞑想の道でした。
しかし・・・しんどかったです。カーナビ最短距離を頼ったのですが・・・
復路の上津江方面387号は、ストレスなく普通に早かったです。(笑い)
追伸 土曜日、目撃された方達は、私ではありません。雨の中走るガッツは有りません・・・
  1. 2011/11/08(火) 17:12:13 |
  2. URL |
  3. 蒼いクジラ #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/862-dcf25bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: