コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

サイクルショップ選択の理由

sanrcoIMG_5610.jpg
ヘルメットの使用期限はメーカー推奨によると使用開始から3年といわれている。いろいろな考え方があるものの安全と何より趣味の分野なので3年に一度は買い換えてもいいかと思う。

サドルは10000キロを越えるとベース部分がへたって沈み込み20000キロで交換と聞いたことがある。しかし、慣れが一番大事で座った瞬間ピタッと皮膚のように吸い付く感じは他のサドルでは考えられないはずだ。私の場合もそうだったが、経年劣化による表面のザラつきや落車の傷がレーパンを痛めるので交換することにした。ところが同じタイプの黒ベースが廃番となっており、「やむなく」 と 「早くなる、強くなるための進化」とこれが一番だが「趣味の追求」のためこいつに変えた。





















sanrcoIMG_5589.jpg
ということでショップから連絡があり交換に赴いた。
私はパンク修理とブレーキ調整以外できない。バイクは今の状態に満足しているので自分ではあちこちいじりたくない。だからそういった練習する機会がないからできないのだ。

でも困ることはない。ショップに買い物などの際に見てもらう。例えば今日みたいな時についでに全体をチェックしてもらう。阿蘇を猛然と下るので整備不良で怪我なんて馬鹿らしいから信頼のおけるプロに見てもらう。かかりつけの医者みたいなものだ。



















sanrcoIMG_4313.jpg
後輪のブレーキパッドがそろそろということで早めの交換、「何もないです」と言われるとなぜか残念な気持ちなる。このくらい消耗してたほうが胸が高鳴るものである。走った痕跡のようだから。
ハンドル付近チェックしていたらステムのボルトの緩みが発見された。幸運だと思った。締めてもらう、ここは力の入れ加減が難しい。カチャ、カチャと締めて、最後に真上にあるネジもキコ、キコと工具で締めてもらう。

「はい、これで大丈夫!」と太鼓判押してもらってた。





















sanrcoIMG_4307.jpg
ロードバイクで事故したら死ぬことだってある。整備は完璧にしなくてはならない。私は信頼のおけるショップの信頼のおけるメカニックに見てもらう。専属医に定期検診してもらうようなものだ。命を預けるからそうする。
去年阿蘇で落車した左肩はまだ痛い、濡れた路面と下りのキツいコーナーでの事故だった。対向車がいたらどうなっていたかわからい。原因は慣れによる怖さ知らずの危険な走行である。ショップでは初心者の走行会が催されているところがある。乗り方とマナーと怪我しないように教えてくれる大事なものだ。私はそれに行かなかった。やっと最近になり手信号とかするようになったり、落車して下りは特に慎重になった。これからロードバイクを始めようと思う方、まだ始めたばかりの方、ショップ開催の「自転車学校」は必ず行くものです。事故経験者の説教です。そのためにも走行会や初心者教室が開催されているショップを選択すべきです。まずはそこからスタートです。値段じゃない。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/21(金) 19:03:51|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゼロからのスタート | ホーム | 心の健康のための武器>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/850-eb55ef50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: