コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

静寂の淵を求めて

winIMG_4014.jpg
「バサッ、バサッ」と体に当たる。なかにはホイールに巻き込まれるものまでいる。
終焉を迎えたトンボが慌てて交尾相手を探しているのだろう。この時期サイクリングをしていると出くわす光景だ。

20代の頃はよくキャンプに行った。
山女魚釣りにのぼせていたので、五木・五家荘に休みのたびに通っていた。山は10月になるとすっかり景色が変わる。日が暮れだすとジャンパーやセーターを着込み暖をとるため焚き火を囲む。夏、あれほど飲んでいた缶ビールに代わりワインや日本酒を飲みながら釣った山女魚や肉を焼いて楽しんだものだ。

腹も満たされ焚き火も静かになるとウィスキーになる。映画や小説のような雰囲気に身を置いたそんな特別な時間を過ごした。ウィスキーは選んだ。月に一度は遊びにくる伯父がウィスキーやワインが好きだったので土産に貰ったものをキャンプに持ち込んだ。ワインは必ずドイツの白、ウィスキーはほんどがグレンフィディックだったと記憶する。山で飲むシングルモルトは仲間達の口をも塞いだ。

「旨いな、普段はストレートなんか強くて飲めないけど、山だとこれだね。」

「ああ、スコットランドの樽で10年とか熟成されたわけだろう、奇跡だよ、貴重なんだ。」

へミングウェイと開高健に包まれた独身だったから給料はすべてその延長線上に費やされた。釣り道具と屋外生活遊び道具のすべてに。

キャンプは10年以上行っていない。行ったら楽しいだろうとは思うがそこに至るまでが面倒だ。
この時期、夜になると山が恋しくなる。家人が寝静まった頃を見計らいベランダでシングルモルトを飲む。胡坐かいて夜空を眺めるとフェンス越しになるのでさながら囚人のようでもある。ぜったい見られたくない私の風物詩だ。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/05(水) 12:46:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<静寂な淵で見つけたもの | ホーム | いい男になりたいならここだ。>>

コメント

EK9Rさん

こんにちは、山伏の修羅場では撃沈でした。

阿蘇に行かれたこと、久木野から大観峰までは「ほほーっ」でしたが、
池山水源、三愛レストハウスになると「えっ!」となり、
長者原では「・・・・・」

このコースはハードすぎます。
三愛レストハウスまでは何度か行きましたが、ここから長者原とは恐れ入れました。
考えたことはないこともないのですがいつも左折して黒川・南小国経由で帰ります。

阿蘇へご一緒は笑顔ですがこのコースは沈没です。
秋も深まり阿蘇の景色も深みを増します。機会ありましたらこちらこそ是非!
  1. 2011/10/06(木) 08:22:51 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

お久し振りです。
めっきり涼しくなってきましたね。サイクルフェスタ及び英彦山ヒルクライムTTお疲れ様でした。レベル向上にうってつけだったことだと思います。私も車(シビックタイプR)でですが英彦山に以前行った事があります。
秋月城址~耶馬溪ルートに至るまでの九十九折コーナーは半端ではないと思っていました。流石に山伏の修練場と云われることはあるかと。

かくいう私も久々に連休が取れたので、先週の土曜日に時間が空き阿蘇へ登りました。
あそ望の郷久木野(車載乗り換え)~吉田線~中岳~R212~大観峰~池山水源~三愛レストハウス~長者原ビシターセンター(折り返し)~此方で紹介してもらった【かんざらしの店 結】~道の駅 阿蘇~阿蘇大橋~月廻り温泉館~あそ望の郷久木野(車載完了)~帰路

車・バイクが多かったせいか、ロードバイクにて始めてのツーリングなので、のんびりとはできませんでしたが風を駆る心地よさ清々しかったです。バイクでツーリングしている方にピースサインを送ったら返してくれたので、にやけてしまいました(笑)。それと大観峰を過ぎた辺りでダンシング最中にロードバイクに乗っている方にすれ違いざまに「頑張ってー!」と声を掛けてもらい大変嬉しかったです。

翌日はオートポリスのGT選手権を観戦。かなりど迫力でした。

何時か機会があって菊池・阿蘇など未だに私の知らなさそうな隠れた名所など案内してくだされば幸いです(酷)。
  1. 2011/10/05(水) 23:09:13 |
  2. URL |
  3. EK9R #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/839-0d189265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: