コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

サイクルマラソン阿蘇望 その2





2011asonewIMG_3189.jpg
吉田線を登る

振り返ると南阿蘇が眼下に広がるいつもの景色、

走っているグループはいいペースなのでチラ見程度、




















2011asobouIMG_0060.jpg
中腹付近ではツール・ド・フランスでお馴染みの悪魔おじさんが登場、
















2011asonewIMG_3187.jpg
草千里を過ぎ、阿蘇谷の豪快な景色が飛び込んで来ると感嘆の声が聞こえてくる、

この日、多くの人を魅了したに違いない

一気に下り265号から箱石峠へ

ここからがキツイ、

木陰がない登りが始まる、




















2011asonewIMG_3200.jpg
下を向くと濡れたタオルを絞るように汗が顔中から落ちる、

曇りでこの時期としてはそんなに暑くもないのに、

坂を登り始めると熱気が体中にこもる、

午後があるので午前中の2峠はペースを落としてと思っていたが、

周りに人がいるとついつい力が入ってしまう、





箱石を登り南阿蘇へ

色見から農免道路を下りアスペクタへ午前の部をへボーネンさんとゴール

補給食だけで済ますつもりが、だご汁とおにぎりの昼食を半分ほど食べ、

冷えて旨そうなトマトやきゅうり、ブルーベリーまで食べてしまった

これから地蔵や俵山はキツイな、




















2011asonewIMG_3199.jpg
地蔵峠に向けて出る、

すぐに登りが始まり、

食べ過ぎ、休憩し過ぎでヨタヨタとしか登れない、

暑くて、暑くて、

ほとんど止まるようなスピードの人、

大きく右に左にフラフラする人、

立ち止まりうずくまる人、

そんな先行者を抜いて、抜いて、抜いて

峠越え

来るんじゃなかったという人多いだろうな




















2011asonewIMG_3194.jpg
東京からのお二人も地蔵に苦戦か、



















2011asonewIMG_3201.jpg
俵山バイパスの信号待ちで10人くらいが集まる、

軽い登りが続き何となく抜かれたくない、

緩めず急ぐ、先行者も全部抜く、

顔が苦しさにゆがむ、

萌の里のエイドポイントで給水、

自転車から降りたとき船酔いみたいに一瞬足元がふらつく、

右に左に頭を振ったせいかだろうか

冷たい水を補給、ここのスタッフの女性は特に優しい、心がこもったもてなしだった、

俵山用の頭と体に掛ける水も整いスタート、

登り口で6人程が道路横断で集まり、

ボランティアの旗が振られ渡ると同時に抜かれたくない気持ちになり、

最後の勝負と決める、

暑さと疲労でどうしようもない、水を掛け体を冷やす、

傾斜が緩くなると内臓も冷やしたがいいだろうと大きく口を開け空気を取り入れる、

不思議とやめようという気にならない、

脳は行けと指令を出し続ける、

一人だけすぐ後ろを付いて来る、

しかし、峠まで譲らなかった、

1番だった、

小さな自分との戦いに勝ち見事な達成感に浸る、あとはボーッとしながらアスペクタを目指した、



















2011asonewIMG_3202.jpg
河陰の交差点からアスペクタまでの坂は午前と合わせて2度登り、

折れたな、

違うコースなら分かるが同じ坂だからな、これも主催者の「地獄の峠越え」たる好意だろうか、

15時30分ゴール

















2011asonewIMG_3207.jpg
サルトさんとへボーネンさんが揃ってゴール、

これで終わりだよ、もう走らなくていいよ、

笑顔の完走おめでとうございます。

















2011asonewIMG_3203.jpg
この日オートポリスで3時間耐久ロードレースが8時から開催されており、タイムを競う遊びが好きな知人友人はこちらでエントリー、写真は熊本で有名なサイクリストの福島雄二さん、ゴールしたら駆けつけてくれました。

福島さんはこの日オートポリスでソロの部で2位、総合で5位に入賞、レースのあとジャージ姿のままアスペクタへ直行し、ゴールしてくるチームメンバーや自転車仲間に声を掛けにくれていました。

壱岐のシニアで優勝し宮古島でも優勝、そして今年のマスターズ世界戦を目指す54歳のサイクリスト、まだ知らない人はサイクルスポーツに紹介記事が載っていますので是非見てください。

「年齢に関係なくもっと頑張れるのだということを多くの世代に伝えたい・・・・」と取材に答える福島さん

私も阿蘇望4峠越えで最後まで頑張れたのはこの2ヶ月山岳コースを走った成果だと思います。

練習は嘘つかない、

年齢を越えられるスポーツは素晴しいです。

最後にサイクルマラソン阿蘇望の運営にあたられたスタッフの皆様に心よりお礼申し上げます。

特に例年ボランティアスタッフとしてお見受けし、今回はアスペクタゲートで左手をまっすぐ伸ばし適切な案内をされていた若い方、ありがとうございました。

あっ、また彼がいてくれた! みんなで感動しましたよ!

スポンサーサイト
  1. 2011/07/26(火) 14:22:55|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<クールダウン ジビエ料理 | ホーム | サイクルマラソン阿蘇望 その1>>

コメント

ZENさん

アルカンシェルを現実に狙う先輩とは次元が違いますが、阿蘇で走るときはサクサクと走りたい、そのために地道に山登っています。

案内するのが基本ですから、それがそれなりにできるようにするのが目標です。

阿蘇たる阿蘇すべてを見たいのが本心、それを紹介するのが趣味でありしばらくは続くものでしょう。

  1. 2011/07/31(日) 22:46:58 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

凄すぎます。アラ50?軍団。

阿蘇望完走お疲れさまでした。真夏の4峠越え。勝手知ったる阿蘇とはいえかなり暑かったでしょうね。途中峠でのものすごいデッドヒートがあったようですが、さすがハートも熱い。しかも、写真取りまくりとは、結構な余裕。恐るべし!凄すぎます。アラ50?軍団。
  1. 2011/07/31(日) 18:39:19 |
  2. URL |
  3. ZEN #-
  4. [ 編集 ]

legacykaz さん

オートポリスの「最前列に陣取るアライアンス陣」の写真、かっこいいですね、どこぞの表紙飾っていいような、カレンダーにもいいかもしれんなあと思いましたよ。それと「【トレ】出力事業課登坂係坂尾登 」あれは最高でしたね。

これご覧の方一度是非、http://blogs.yahoo.co.jp/legacykaz/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=3

当日の阿蘇の天気は、この季節からすると走りやすい天候でした。午後はやや暑めというところでしょうか。アスファルトの照り返しもありませんでした、完走率とかは情報なくて・・・救急車はなかったような、あと落車も、スタートのとき蜂に刺された人がいたと、でも大丈夫だったようです。

けっこうみんなそれなりに構えて来てるのが幸いしたのでしょう。

オートポリスは連覇ならず、相手が悪かった~~しかしながらファミリー2位は堂々たる成績です。息子さんのラスト30分の走り、さぞや感動されたことでしょう。うらやましい限りです。

では、またどこかのイベントでお会いしょう!
  1. 2011/07/27(水) 16:16:06 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

もりたんさん

オートポリス完走おめでとうございます。

楽しむ→好きになる→強くなる→早くなる→自信ができる、というわけで一回り大きくなられたものと思います。

それにこういうイベントに出ると、上手な人のフォーム見たり、逆にぎくしゃくした悪いフォームを見たりいろいろと勉強になるものです。 ですからより多く体験されるといいですね、その目的はあくまでも「楽しむこと」です。

ご主人はかなり軽量化されたようですがお仕事多忙の中たいしたものですね。自転車で近くにお越しの際にはお立ち寄りください。

あっ、それからスパイス掲載おめでとうございました、グッとくる「自転車のすすめ」でしたよ。
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/blog-entry-749.html
  1. 2011/07/27(水) 15:43:39 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

べっられいあ さま

どうぞ、どうぞ、使ってください。

もしかしたら悪魔おじさん・・・・・元気でましたよ!

ありがとうございました。
  1. 2011/07/27(水) 15:26:00 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

yuujifukusima さま

コメントありがとうございます。
生涯の趣味となった自転車、このスポーツを通じて人のためになることでしたらいつでも応援したいと考えます。
福島さんがワンランクの上の大会に挑戦されることが我々自身の挑戦意欲をかきたてます。

しかし、そんなプレッシャーがあると萎縮して力が出し切れない場合が多いのですが、そこが違う、プレッシャーを糧にするところが強さの秘訣じゃないかと思います。

アルカンシェル、追ってください。
  1. 2011/07/27(水) 15:16:49 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして~阿蘇望お疲れ様でした。
自分は応援でしたがこちらのブログの写真に写っているようなので使わせてもらってもよろしいでしょうか?
よろしくお願いします。
  1. 2011/07/27(水) 14:17:40 |
  2. URL |
  3. べっられいあ #-
  4. [ 編集 ]

ダブルイベントでも

お疲れ様でした。
阿蘇望の暑苦しさも部長にかかると、詩情に変わりますね。さすが!!

オートポリス・阿蘇望と、イベントがかぶっていたにもかかわらず、参加者たくさん。自転車人気を感じました。
今年の完走率はどんなだったんでしょう?
熱中症搬送とかなかったらいいんだけど。
  1. 2011/07/27(水) 12:26:04 |
  2. URL |
  3. legacykaz #-
  4. [ 編集 ]

くらひるいむ さん

交差点からアスペクタまでの坂、そして最後のゴールまでの坂は、4年前だったら私も間違いなく足が攣っていたでしょう。
来年は是非Aコースでエントリーを是非、しかし、当日は走りながら後悔するかも知れませんが、完走したときの喜びは最高です。1年間、間違いなく頑張れるはず、挑戦してください
  1. 2011/07/27(水) 11:40:10 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

炎天下のもと、お疲れ様でした!

私たちはオートポリス、初めての経験でしたが楽しみました!
時々休憩しながら、と思っていたのにマイペースで走っていたら足をつかずに完走することができました。我ながらビックリです。
主人は私と一緒に(のんびり)走ったり、本気で頑張ってみたりしてイベントを満喫してたようです。
次回もまた挑戦しますよー!!
そして私もいつかは2峠にチャレンジしてみたいです。。
  1. 2011/07/26(火) 22:19:53 |
  2. URL |
  3. もりたん #-
  4. [ 編集 ]

いつもありがとうございます。

紹介して頂き、そしてまた多大な褒め言葉をありがとうございます。
部長とも同世代で、私達が頑張って口ではなく体で示したメッセージは若い人達も真剣に聞いてくれます、いや見てくれています。
そうする事によって日本全体が活気付くと思います。
人それぞれ役目を背負って生きている”使命”があります。
どんな使い方であれ命(時間)を大切にしたいものです。
部長の記事はいつも想いが詰まっていて楽しいです。

長くなりました。
また次回もよろしくお願いいたします。
  1. 2011/07/26(火) 20:22:36 |
  2. URL |
  3. yuujifukusima #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

NoTitle

良かったですね~ 阿蘇望2011!
しかし ゴール後 不覚にも足が攣りました。
真夏のイベントのなせる技か?
Bコースなのに・・・・・・。

来年はAコースでエントリーしたいです?!
運営、ボランティアの方々 どうもありがとう
ございました。
  1. 2011/07/26(火) 19:49:06 |
  2. URL |
  3. くらひるいむ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/784-57c893c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: