コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

自分の胸に手を当てて

Inoda623MG_0001
好きな本です。

野田さんは少年時代、菊池川で育った方なので五感がとても近いとつくづく感じます。














noda623IMG
なかでもこの少年記から見える川遊びの風景は懐かしい、

同じ世代の方におすすめです。

「丘の上の家からの眺めはぼくの好きなもののひとつだった。眼下に桑の段々畑、それに続く集落、白い県道が見え、その向こうが菊池川。川の向こうからまた低い山が連なり、一番向こうに小岱山がそびえ、ぼくの世界を区切っていた。家から見える風景のすべてがぼくの遊び場である、その世界から無数の楽しい遊びを引き出すことができた。見える範囲の山河はぼくのものだった。気分が高揚したり幸福になると、ぼくはいつも二階の屋根に上がって、てっぺんの丸い瓦にまたがり、自分の世界を見下ろしてハーモニカを吹いた。」





「戸籍上は福岡県生まれだが、ぼくを作ったのは熊本だ。ぼくの血と肉は熊本のものであって、北九州のものでは決してない。
しかし、その熊本も海、山、川が滅びた。菊池川およびその支流の江田川も今やドブ川で、とても泳ぐ気になれない。その川が注ぐ有明海はとっくに昔の海水が腐り、滅びた。郷里に帰るとあまりの惨状に腹を立て、二度と来るものかと思うが、しばらくするとまたそこに帰りたくなる。ふるさとというのはつくづく厄介だ。

中略

子供の頃、菊池川の岸に立つと、川を下っていく川舟をよく見た。あれは山の向こうの有明海まで行くのだと聞かされ、山の彼方の世界を想像して憧れ、胸を焦がした。今ぼくは山の彼方までカヌーを漕いでいき、その旅を書くことを職業にしている。

 大人になるのは素晴らしい。自由に生きることができるのだから。」













77noda623IMG_2811

自分の胸に手を当てて・・・














thumb1
ご存知の方も多いと思いますが、『週刊現代』平成23年7月2日号の記事、


2011年6月25日の午後8時53分・・・・「6月末“巨大余震説”を追う」

もうひとつ、ぶっそうな「玄海原発は爆発する


週刊現代だからと思いながらも気になって立ち読みしました。

こういう事態になるとってテレビや新聞など与えられた情報だけでは心もとない、

講釈も、解説も、ホラも、いろいろな考え方を収集することも、

この際、必要ではないのかと考えます。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/23(木) 19:08:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<梅雨の晴れ間にかぶと岩 | ホーム | そこには「別」の名が無く、「新」は・・・・>>

コメント

ごもくやす さま

自然と社会を相手に一人で格闘するせめて気持ちの上での支えとなればと。
そして、お互いを応援するためにも近々に無害な酒でも一杯と考えます。

体の養生つきましたらまた家族でお越しください。

楽しみにしています♪
  1. 2011/08/21(日) 08:33:29 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

少年期

野田知佑少年期。
事情があって今頃ですが昨夜一気に読みました。
野田氏は父と同世代。
父から聞かされていた話と完全にリンクします。
自然豊かな日本の原風景。
戦中戦直後この時代どこでも見られたということ。

単なる懐古では仕方がないけど、
現在の我々が引き換えに得た物は何か、
これからの日本をどのように作るか、
未来を考える為に知っておくべきちょっと前の知られざる豊かな自然。
もちろんいかにして野田知佑という人間が作られたかを知る一冊。

私も目指す所はここにあると、
実践者のはしくれとして一気に引き込まれた一冊でした。

部長の仕掛けにまんまと引っかかりましたという話。
  1. 2011/08/20(土) 18:41:05 |
  2. URL |
  3. ごもくやす #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/759-12368e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: