コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

阿蘇ライドのシーズン到来

kamiIMG_1126.jpg
カワセミが滑空し、色鯉泳ぐ湧水池

いよいよ阿蘇の峠が雪鎔けし、ロードバイクでASOへ行けるようになりました。

阿蘇平野の北側(北外輪山の麓)をのんびりポタリングしてたらこんな湧水(的石湧水)を発見、白川水源かと思わせる大きさでしたがその違いは鏡のような水面と別世界のような静けさでした。













kamiIMG_1085.jpg
ここは県道23号(熊本赤水線)とミルクロードを結ぶ車帰りの交差点(信号はない)です。かぶと岩・北山展望所方面も開通しゲートも空いておりやっと阿蘇ライドのシーズンとなりました。

そこで今日は北外輪山の麓付近をのんびり走ってきました。











kamiIMG_1090.jpg
二重の峠を下り四つ角を左折し村の中を通りここから左折すると天空の峠マピュタへ行けます。















kamiIMG_1092.jpg
この道です。

見逃しやすい、崇城大学研修所まで行ったら行き過ぎ。
















kamiIMG_1094.jpg
走っていて気付いたんですが、とにかく神社が多い、、阿蘇は神話の里とか言われる由縁でしょう。

ここは湯浦八幡宮、案内看板による由来は、

「天慶の乱(935年~941年)に平将門追討の折、使者が阿蘇大明神に祈祷したところ湯浦の熊蜂の大群が朝敵の甲の中に入り刺したため将門は動けず落命して敗退した。そのため初めは宇佐八幡宮を分祀して琴川の辺に祀り後現在に遷る。」

湯浦とはこの地であり、ここの熊蜂(スズメバチ)の大群が、朝的(朝廷に反するもの、平将門一派のことでしょう)の甲(戦いの時の甲羅・よろい)の中に入って刺した、(それは痛いはず、戦の途中なので致命的ですね)将門は動けず落命して敗退、(平将門は猿島の北山「茨城県坂東市」で矢を額に受け討死したのでここで死んだわけでないのに・・・・落命して敗退?)

この案内は私にはよくわからないです。















kamiIMG_1096.jpg
村の中をのんびり走ってたら、

遭遇、

普通の家なのに馬刺屋さん、


「純正」とは何?















kamiIMG_1105.jpg
阿蘇打越神社

八大龍王・・・菊池の龍王神社と関係あるのか?

鳥居横には樹齢500年のタブの木があり、それはなんでも願いがかなう「願かけのタブ」と言われ祭ってありました。














kamiIMG_1110.jpg
産神社

産神社の大杉だそうです。

いろいろあるなあ。

隣ではおばちゃんたちがゲートボールでやんやの歓声、目が合うと笑顔でピョコッと挨拶されました。

こんにちは!といい気分、挨拶はいいねえ。










kamiIMG_1111.jpg
的石

阿蘇を開拓した健磐龍命(たけいわたつのみこと)が、阿蘇五岳のひとつ杵島岳の隣にある往生岳から北外輪山の麓であるこの上の大石を的にして矢を射っていたという伝説が残っているそうです。

わかりやすく言うと、阿蘇山の草千里展望所、パノラマライン登ったところね、あそこから大観峰望面に弓矢の練習していたと、

この階段登って見てきましたが、大きな石にしめ縄が巻かれていました。ただそれだけ・・・

ここは失敗(笑)













kamiIMG_1134.jpg
ここはいいぞ!

的石御茶屋跡

江戸時代の参勤交代の際の豊後街道沿いに設けられた御茶屋跡で、街道の中でも難所とされる二重の峠を越え、阿蘇に入るときの峠下にある藩主専用の休憩所として用いれられてきた場所だそうです。

道沿いの鳥居をくぐって進むと左に御茶屋跡があり今はその藩主の末裔の方が住んでいらっしゃる、見事な環境は水前寺の公園が我が庭みたいなもの、

そして、その先に、















kamiIMG_1129.jpg
隼鷹天満宮と的石湧水

鏡面に映るお宮、静か。

何時間もいたくなる。

スピリチュアルスポット発見です。

雰囲気的には金閣寺超え。














kamiIMG_1120.jpg
いいとこ見つけました。水補給もOKです。


それじゃ帰ろうか、


















kamiIMG_1140.jpg
663m、二重の峠を登り、来た道を下ってたら鞍岳林道が見えてきて、

寄り道してしまいました。

ここから果敢に攻め、登り下りの連続ですがあきらかに登りが多い、もがいて、もがいて終点まで20kmヘトヘトでした。

菊池渓谷入り口の念仏橋に出てきて帰りました。


走行距離 93km
走行時間 4時間30分
スポンサーサイト
  1. 2011/02/09(水) 19:32:29|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<It's Only Rock'n Roll ,But I like it. | ホーム | 亀の井別荘、天井桟敷へ>>

コメント

有明酒い君

社長から毎年、年賀状を頂戴しますが、超ディープに自転車されていましたね、長距離を走るランドナーだったかな、プラウドメアリー号とニックネームつけられて、日本中走られていたように思います。

自転車は楽しいです。でも、ある程度の年齢というか、人生経験というか、「その時期」にこないと理解は難しいかな、けっこう高いし、きついし、「楽しさ」と引き換えになるものが納得できたら即GOでしょう。

若かりし頃の体型に戻れ、体力も復活し、もう一度一花咲かせようか、そんな気分にしてくれます。

ロードバイクはちょっとだけの経験で誰でも(女性・高年齢)100キロは走れます、というかそのように作られたもので、日本の発想の「じてんしゃ」ではなく、ヨーロッパで生まれた交通機関です。家からでも、車に積んで(簡単にタイヤがはずせます)天草一周とか、分解しバッグに入れ(輪行といいます)列車でしまなみ海道をサイクリングしたり、ゆっくりしたスピードで好きなところで休憩したり、想像以上に魅力たっぷりの、生涯たのしめる趣味と言えるでしょう。

価格はフレーム(骨格)が鉄であるのか、アルミなのかカーボンなのかで変わります。基本的に軽い方が坂を登るのは楽なので後者になるほど高くなりますが、そう何台も買うわけではないのでカーボンフレームのロードバイクをおすすめします。お値段は20万円くらいからあります。

社長さんや私たちのような「はまった人たち」はそんな金額になります。ただ基本がフレームであとはホィールやハンドル、サドル、コンポーネント(ギアやブレーキ)などを好みと予算に応じて変えていって「自分だけの一台」に仕上げるのも楽しみのひとつです。

酒い君にその時期がきたらお知らせください。お教えできることは何でもしますよ。都会の人からすれば九州はサイクリングにたいへん適したところだと言われます。その地の利を生かして、自身のために、家族と一緒に、または自転車を通じて新たな人とのつながりも相当大きいです。

では、長くなりますがまた書き込みお待ちしてますね。
ありがとうございました。
  1. 2011/02/11(金) 09:08:25 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

やっぱりですか[e:3]

やっぱりでしたかあ~(^_^)v

このブログかなりハマリましたよ。自分も自転車に乗りたいな~って思いました。〔思っただけです(笑)〕
熊本にもいろんな名所や旧跡あるんですね~♪~θ(^0^ )

また(^o^)/書き込みしますのでよろしくお願いします。
ちなみに自転車 おいくら¥くらいするんですか? ウチの社長が色々 組み合わせると軽自動車〔それ以上〕が買えるて言ってましたが…(*_*)



ママチャリでお供しましょうか(笑)?
  1. 2011/02/11(金) 03:11:57 |
  2. URL |
  3. 有明印刷 酒い #-
  4. [ 編集 ]

阿蘇ライド

それでも迷いそうなラピュタ入り口です。でもそこが秘密の場所、子供のときの隠れ家みたいでいいところ。

のんびり阿蘇平野の集落を走るのも楽しいです。でも最後に鞍岳林道でアタックするのも気分良し、終わったら菊池渓谷から下るだけで楽チンだし、いろいろな楽しみ方で今年も阿蘇を走りましょう!
  1. 2011/02/10(木) 08:22:01 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

やっと解禁、阿蘇ライドのシーズン到来ですか。
早速、天気と相談して走ろうかな、、、、、って

でもラピュタの入り口に、新しい目印ですか?
「DAMカラオケ」の昇り旗が新設されてますね。
もう、迷わない!
  1. 2011/02/09(水) 22:39:16 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/671-4574ac81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: