コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

なぜプロのメカニックが愛用するのか?

hi894873w
フロアーポンプのヘッドが壊れたらしく何度バルブに装着しても空気が漏れるので修理も考えましたが気になっていたヒラメのポンプヘッドに付け替えました。

新品のポンプを買ってもヘッドをこれに交換する人もいるくらい、最大気圧300psiに対応し高圧でも楽々ポンピングする事が可能でありプロのメカニックが愛用している事でも有名と聞きます。


さて、実際に使って見ると、























hi894882w
まず使い方は、

①調整 
 写真のHIRAMEの文字がある赤い部分が回りますので、レバーを開いた状態から閉じていくと閉じきる寸前に少し抵抗があるようにします。この抵抗は赤い部分を締めたり、緩めたりすることで調整が可能でレバーがカチャカチャと無抵抗の状態から軽く締まるくらいになるようにします。これが強いとバルブを壊してしまうと取説には書いてありますので注意。

②セット
 レバーを開きタイヤチューブのバルブに口金をけっこう奥まで差し込みレバーを閉じ空気を入れます。

③外し方
 逆止弁内臓なのでポンプ側にチューブ内空気が逆流することはありません。レバーを開き口金を抜きます。シュと口金内にわずかに残った空気が静かに抜けて心地良く簡単に終了。


いとも簡単に、無駄な手間なく空気入れができる、それがプロのメカニックが愛用する理由なのでしょう。バルブの太さに合わせて調整する機能と逆流防止弁を持っており、この事により高圧使用時にもバルブ口金の逆噴射が無く楽々空気を入れる事が出来ます。今まで微妙な空気漏れやバルブに固着して抜けないとか、逆噴射して手を怪我しそうになったりが一切ありません。空気入れが苦手だった家内もご満悦でした。










hi898976kou


HIRAMEの平目2号ポンプ口金HP-20(横型)、4000円ちょっとと価格は張りますが快適そのもの、ホースバンドも同時に買われたがいいと思います。

見た目にもレトロで美しく愛着がもてる品ですね。
しかし、なぜヒラメなのか、ネーミングの根拠はなんだろう?レバーの形が似てるから?んー外観からは判らない。それにHIRAMEのフォント、なぜこの字体なの?いかにも若者向けのルアーに出てきそう、レトロな鉄の重々しさからしてカンパみたいな歴史を感じさせる雰囲気でも良さそうなものだけど、謎に包まれた商品です。

純粋な日本製のこの口金は世界に誇れますね、きっと小さな町工場で作っているだろうな、ひとつひとつ手作りで、日本の技術って凄いなと感じさせるまさしく傑作に思えました。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/10(月) 19:23:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寒いのに走る理由とは? | ホーム | 安心、安全のために、>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/651-5a03edf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: