コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

青空一色、初冬のぐるりと阿蘇カルデラ一周ライド

rasq0102
雲ひとつない晴天の中、久し振りにぐるりと阿蘇カルデラ一周ライドに行ってきました。

今日は福岡の友人と二人、阿蘇は霜が降りているとの情報に装備に悩んだ末に結局最近お決まりの上が冬用インナーに長袖起毛ジャージ、下は半ズボンのレーパンにレッグウォーマー、グローブは冬用、それに携帯用ウィンドブレーカー持参で9時すぎ菊池を出発しました。

スタートしてしばらくは寒かったのですが、ミルクロードの阿蘇外輪山の北山展望所まで25キロのずっと上りが続くのですぐに暖かくなりました。ただ、菊池渓谷の入り口の念仏橋に来るとグンと冷え込みますが、ここから勾配もきつくなりちょうどいい感じでした。

ホテルの庭では野鳥の鳴き声がひっきりなしに聞こえてくるのに、標高が上がるにつれ少なくなり、渓谷を過ぎるとぱったり聞こえない、鳥たちも昆虫や果実など食べ物がなくなって里へ降りたか、渡り鳥は暖かい地へ移動したのでしょう、以前、熱帯雨林の森の中のようだった一番辛い坂の深葉地区は静寂に包まれていました。

道の脇には至るところに40~50センチの山芋を掘った穴があり最近とても増えたように思います。それは地元の方ではない趣味や実益を兼ねたおじさん達かな、掘ったらちゃんと埋めていかないと危ないですねえ。

イノシシがミミズを漁って土を掘り返した跡もたくさんあり、そういう自然のことも知っていると走っていて楽しいし、目を奪われますね。


さて、北山展望所到着、今日は1時間24分。

ご覧の通りの快晴、阿蘇五岳の山肌までくっきりと見えるほど澄み渡り、稀に見る360度の大パノラマは遠く九重山岳とその噴煙まで見ることができました。

無風で気温15度、今年の夏12度の日もあったのに、今日はうって変わって太陽がジリジリと強烈な日差しのポカポカ陽気でした。





















rasq0106
北山展望所を過ぎてしばらく行ったミルクロード沿いにある牧場、星条旗の馬車が目印でその背景には九重連山がくっきりと見えました。カウボーイスタイルの若い女性と馬が一頭いて、塀越しに餌をやったり引き馬で乗ることもでき、裏の窪んだところにある牧場ではや体験乗馬や原野のトレッキングもできるということでした。


























rasq0120
この先にある乗馬ができる老舗の牧場、エルパティオさんのドアを開けて乗馬するのは始めからその目的がないと気が引けますが、ここはミルクロード沿いに車を止めて間近でエサをあげることができ、引き馬とか乗馬が初めての方ででもできますよなんてトーク言われると衝動的に行ってみようかとなりそう、でもエルパティオさんはレストランもあるのでランチをとってお話聞くのもいいかもしれませんね。しばらく馬を見てたり、触ったりしてるとちょっと体験したくなりました。























rasq0125
今気づくと写真は青空ばかり、昨日は余程印象に残ったんでしょうね。

ここは大観望、バスだらけ、車だらけ、大型バイクだらけ、人だらけ、ロードバイクで行くにはちょっと異様な感じでした。人の多い本来の大観望を避けて手前の峰からの一枚、この付近はディレクターチェアで景色を楽しむ人や愛犬と一緒の人など静かに楽しみたい人向けのところでした。

ここからやまなみハイウェイに出て阿蘇平野に下り、一の宮でお茶休憩し265号で箱石峠に上るコースですが、エルパティオ牧場の前を通る大平原の道を走りたくてちょっと寄り道しました。九重を左に見ながら併走して走れるほど車は少なくなかなかのコースでした。阿蘇やまなみゴルフ場の前から57号突っ切り、波野地区の山村をあっちこっち迷走して265号へ出ましたが知らない道を方角を頼りに行くのもちょっとした冒険気分でしたね。
























rasq0144
高森の月廻り公園、ギザギザ山の根子岳と熊本で一番高い高岳が真正面に見え、熊本一の景勝地と自負するのもまんざらではないかも、芝生広場や食事処、温泉もあり家族連れで賑わっていました。

さて、ここから白川水源を通り久木野へ行き俵山を目指します。






















rasq0164
28号沿い、阿蘇望の郷くぎの、そのすぐ先にあるグランムーツとそばの実カフェでお茶休憩、この二つはドアは違うものの中に入ったら同じ店になっており、普通のパン屋さんですがパンを買って隣のカフェに飲み物を注文すれば利用もできます。

パン屋もカフェも賑わっており、私らはカフェの誰もいないテラス席に行き阿蘇山を眺めながら優雅な時間を過ごしました。




















rasq0160
ホットドッグをこの位置から撮ると、

まるで阿蘇の五岳なのだ。






















rasq0161
グランムーツ & そばの実カフェ、庭に燻製室を持ち、店の入り口に木のチップを乾燥させながらアピールも。

このお店のウリは、スモークベーコンとスモークチキンが具材のピラフとパスタとピザ、これがおすすめ、私が食べたのはホットドッグ、上質なスモークベーコンたっぷりで、おやっと思うほど芳醇な薫り、ついシングルモルトのウィスキーが飲みたい衝動に。

9日は開高健先生の命日だし、アイラかスペイサイト、いや開高先生だからやっぱり山崎だね、今年は思い切って12年物を飲もうか。

























rasq0179
阿蘇の山々を背に俵山を越えたらあとは一気に下るだけ、フワフワ飛んでるハングライダー、今日は最後まで青空を眺めていたなあ。

もう立ち寄るべきところは無い、あとは家路を目指すのみ、大津から325号を友達に引いてもらって残り10キロをラストスパート、なんかこう最後に頑張ると気分もいい、「やったね」が「やったぞ」くらいになるんです。

自宅到着、無事カルデラライド終了、阿蘇は何度行っても、いつ行ってもいい、深い森、雑木林、原野、人、家畜、村、田園、そして見上げと登り坂、今日もくたびれたけどいいものを見た一日でした。



走行距離  130キロ
走行時間  5時間32分
消費カロリー3543kcal
平均心拍  141bpm
スポンサーサイト
  1. 2010/12/06(月) 12:56:27|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<●美チカラUP●女子会で体の中からきれいになろう♪ | ホーム | 小松菜のぬか漬け 明日はカルデラ一周へ>>

コメント

ヘボーネンさんへ

1年間、何度となく通った阿蘇、最後の最後に見事なご褒美でしたね。

遠い昔から阿蘇信仰というものがあり、私たちが引き付けられるよう通って、それがとても心地よいものもその根底にあるのではないかという考え方、走っていていろんな景色を見ながらふとそう思うのも楽しいものです。まあ、いろんな意味で阿蘇をサイクリングすることは別格ですよね。

パン屋のグランムーツさんのテラス席、南阿蘇のオアシス発見でした。南小国の茶のこさんに続くところですね。
あと、高森とラピュタ近くにも探さなくては。

次回は19日、何処に行こうかな、またよろしくお願いしますね。
  1. 2010/12/07(火) 11:22:17 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

ミヤケ君へ

一段、一段ステップアップして自転車を楽しまれたらいいと思いますよ、それで結果的に早くなる、坂が登れるようになればいいことで、まずは楽しく乗ることだと思います。
ミヤケ君はいきなり阿蘇の連発だったのでインパクト強すぎたのではと思ってましたが、プラス思考で何よりです。

自転車こそ生涯スポーツですから落車しないようなテクニックと危険回避の行動を身につけて、あと私もですがグループで走るときのマナーも大事ですね。

それと、ミヤケ君はこっち側の人なんでキツイことでも楽しめるんですよ、生まれ持った天性というか出会うべくしての自転車で、阿蘇も訪れるべき地だったのだと思います。

機会がありましたら走りましょう、いずれてっぺんで待つのはミヤケ君の番ですから。
  1. 2010/12/07(火) 09:49:53 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

部長、楽しかったですね~
少し疲れ気味でしたが、いや~阿蘇の外輪山に上がって、あの青空を見た瞬間にその疲れが吹っ飛びましたヨ。ホント。。。。自然からパワーをわけてもらったって感じ、、、かな

あんなに通った場所なのに、こんな青空はめったに遭遇できません、多分今年はこの日だけではなかったでしょうか。青空に超澄んだ空気は遠くにあるハズの、阿蘇五岳、久住の山々、それに湧山が手を伸ばせば届きそうなくらいに感じましたヨ。。。。

こんな日は、誰もがゆっくり時間が許す限り阿蘇周辺でサイクリングしたくなりますよ!
皆さんも、是非こんな素晴らしい日に阿蘇を楽しんでもらえたらと思います。
  1. 2010/12/06(月) 22:56:50 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

NoTitle

コルナゴ部長さん、ご無沙汰してます。
阿蘇カルデラ一周おつかれさまでした!
日曜日は本当にいいお天気でしたね。最高の自転車日和で、僕も走りたかったのですが家族サービスで公園に行ってきました。
こちらは薄いシャツ一枚でいいくらい温かかったですよ。
綺麗に晴れ渡り最高の景色を楽しめたでしょう!
阿蘇山の写真を見ていると、またチャレンジしたくなります。初めての北山展望所、初めての阿蘇山を走った時は正直死ぬかと思っていましたが・・・なぜか山に登りたくなります。自転車って不思議ですね!やはり日常じゃ味わえない達成感ですかね。
こっちで、「自転車で阿蘇山登った」と話をすると皆!?!?!?すごい反応でそれがまたおもしろかったりします。
今度は付いていけるようにトレーニングしますので、またご一緒お願いしますね!
  1. 2010/12/06(月) 22:38:40 |
  2. URL |
  3. ミヤケ #4bWz8s1g
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/632-5a541692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: