コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

阿蘇ラピュタの道

cxv0423ra3
先週走ったコースがあんまり良かったものですから、もう一度じっくりその良さを確認するために走ってきました。



菊池~菊池渓谷念仏橋~鞍岳林道(林道菊池人吉線)~県道23~二重の峠~県道149~豊後街道(あの道)~ミルクロード~マゼノミステリーロード~県道212・県道40で茶のこ~県道212・国道387兵戸峠~立門~菊池















cxv0412ko
9時20分菊池を出発、菊池渓谷手前の念仏橋から右の林道に曲がると休憩フォトポイントに10時到着。全体的に紅葉は終息のよう、でも山モミジは真っ赤に紅葉していました。



















cxv0413mo
今日は3人、上りの林道は車が来ないので、話をしながらゆっくりとゆっくりと森の道が楽しめます。
橋を渡って木立の中へ(へミングウェイは河だけど)そんなタイトルをつけたい道(林道鞍岳線)です。

このコースのウリをポイントごとに紹介します。まずは【林道鞍岳線】がポイント1。

ここを上ったら人吉まで続く大規模林道菊池人吉線、車やバイクがほとんど走らない、喧騒なんてありゃしないお気に入りのコース【林道菊池人吉線】がポイント2、20キロ走ると県道23号(菊池赤水線)
ここからしっかり上って二重の峠を越えて豊後街道(清正公道)、県道149号(河陰阿蘇線)から、「あの道」へ。


















cxv0414ra1
takubonさんより素敵な名前を頂戴しました。

それは「阿蘇ラピュタの道」。

今日より「あの道」改め「阿蘇ラピュタの道」にします。





















cxv0418ra2
ラピュタ(ラピュータ)とは、スウィフトのガリヴァー旅行記に登場する架空の空飛ぶ島、天空に浮かぶ島のことです。まさしく自分の思いが伝わるベストアンサーなネーミング、みなさんも「阿蘇ラピュタの道」へ是非どうぞ。





















cxv0421ha
荒れた舗装の脇には草花が点々と咲き、喘ぎながら上る急な坂にも心なごましてくれます。




















cxv0425za
上り始めは薄暗い杉林、進むにつれ徐々に紅葉樹に代わり、次いで樹林帯を越えると天空に浮ぶような山が目前に広がり、誰しもが圧倒されるような光景となる。

確かにきつい、一度たりとも下りなんてない、上向いて上るだけ、でもこんな道、ない、たまに農作業の軽トラが通るけど牧草を刈り取る今だけでは。

上りきったらこれだ!

【阿蘇ラピュータの道】、ポイント3。























cxv0427ka
ミルクロードに出てしばらく行くとかぶと岩展望所、ここはビューポイントで阿蘇の山々と阿蘇平野、久住連山まで見えます。
自販機・トイレ・売店、それに「ピッグ フレーク カフェ」店内は大きなストーブで暖をとることもOK,最近は外のベンチ席でホットコーヒーかジャージーミルク(いずれも200円)、今日はジャージーコーンスープ(300円)で一息。

食べ物は、ドイツ国際コンクール金メダルを受賞したフランクフルトやそれをパンに野菜と挟んだJフルークなどもあり補給食としてもいいかも、ただし消化はよくないことをお忘れなく。
食べたことはないので味の説明はできませんがフランクフルトは正真正銘のメダル受賞の逸品、それにミルクは美味しい、コーヒーは一般的か、いずれにしてもこんなとこで暖かいものがこの価格で補給できることはポイント高し。車だらけで大型バス、大型バイクの憩いの場である大観望は間違っても自転車の人は外そう、人も少なくて休憩に必要なものが調っている【かぶと岩展望所】がポイント4。

ミルクロードから北山展望所の交差点を直進すると、マゼノミステリーロード。
こちらからだと基本下りのアップダウンのワインディングロード、上りもありますが下りの勢いでほとんど労せずしてクリア、あっという間に国道212号へ、ここからも下り一辺倒ですぐに南小国町へ到着できる、これもいいねえ、【マゼノミステリーロード】がポイント5。
















cxv0430an
南小国町の僕達のオアシス、「茶のこ」さん。
サイクリストのご主人は良き話し相手ですが、人気店ゆえ土日は13時までは外したが無難、その後ゆっくり本物の日本茶、ポイント高し杏仁豆腐に和洋の甘味三昧、御飯物の食事もあり言うことなしで【茶のこ】さんがポイント6。


















cxv0439ha
さて、たっぷりの休憩のあと待ち構えているのは兵戸峠越え、ここが難関。長すぎる休憩(1時間以上)が体を冷やし余計に辛くなるんですが、ここの出発が15時前で九州山脈の北側を走るため峠を越えるまで西日か全く日が差さなくて何かこう暗い、そして最後の試練とばかりにみんなスピードアップしてそれについて行こうと自分の限界を超えた走りとなります。

下りも全開でぶっ飛ばす。
























cxv0446ha2
50キロオーバー、走りながら撮るにはこれが限界。




















cxv0440ha3
下筌ダムを過ぎたら兵戸峠までの最後の上り、川沿いの387号さかのぼり、ダムから遡上する山女魚のよう、最上流が峠の麓になり私にとっては試練の場です。

でも、もう、二人ともすでに見えないくらい離れてしまった、そして、なんとか少しでも近づこうという気力も無くなった。


兵戸峠では二人が待っていてくれました。
いつかここを克服したい、だから【兵戸峠】がポイント7。

県境のこの峠を境に、川は大分側と熊本側に流れる、薄暗い森は抜けた、川の流れに従い一気に菊池に帰ろう。



















cxv0448a
疲れきったあとは、自遊亭でメンテナンス。

美味しいものを食べて、旨いお酒飲んで、きつかったこと、がんばったことを話してとっておきの一日となりました。

阿蘇ラピュタの道、おすすめです。



走行距離   115km
走行時間   5時間4分
平均心拍   149bpm
消費カロリー 3571kcal

スポンサーサイト
  1. 2010/11/21(日) 21:04:49|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<カレーおにぎり 虫食い野菜 経験 マナー | ホーム | 棚からぼた餅、それくらい旨いよ。>>

コメント

ichiro82さま

神戸から自転車船旅、朝起きたら別天地というのも中年過ぎには魅力ある選択肢ですね。
関西の方にとっても阿蘇巡り、興味深々です。
宿の件、旅館は一人旅の夕食付きは受けるところが少ないように思います、直接の予約は。楽天やじゃらんあたりのネットからがいいでしょうね。
いずれにしましてもブログアップ楽しみにしています。
  1. 2011/11/28(月) 08:07:57 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

神戸からの遠征で11/23に小生も行ってきました「ラピュタの道」思った以上に最高でした。拙のブログ「東灘からポタリング」で近くレポします、ひとつよしなに。
  1. 2011/11/27(日) 17:53:13 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

山鹿サイクリングクラブ taka さんへ

是非、ご一緒しましよう!
このコースのかぶと岩までだったら意外と気軽に行けますよ、南小国まで行くとちょっと「覚悟」がいりますがね(笑)

最近若い人とばかり走ってますから、閉口してます、たまには同年代と楽しみたいのはホント切なる願いです。

では、いつか、近いうちにでも。
  1. 2010/11/24(水) 13:00:42 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

行きます。

前回のレポートから、私もトライしたいな~と思っております。
いつかチャンスをみて行ってみたいです。
楽しみなルートですね。
ラピュタか、いいなー。

ツールドおおすみ、楽しんで来てください
レポート、楽しみにしてます。
  1. 2010/11/24(水) 12:29:46 |
  2. URL |
  3. 山鹿サイクリングクラブ taka #3tICNbP6
  4. [ 編集 ]

お世話になりました

部長、ヘボーネンさん、わざわざスケジュールを合わせて、ご一緒していただき、
ありがとうございました。

おかげで、楽しい一日でした。

2週間ぶりに乗ったので、ヘボーネンさんの強烈な引きに、ヘロヘロになりましたが(泣

私は、臆病なので、左に逃げれる余裕を残して、少し右側を走るようにしているだけです(笑

次回は、走り納め&忘年会で、ご一緒できること、楽しみにしております♪
  1. 2010/11/22(月) 21:12:17 |
  2. URL |
  3. ターザン #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

へボーンネンさん、お疲れさまでした。
遅れるのは皆さん方が早いからです。写真撮っていると休憩になり、その後は俄然勢いがよくなりますが、すぐバテてしまいます。やはり長距離はペースを維持して進まねばいけませんね。

それと、ターザンさんと走ったことで気づいたこと。とにかく走り安い、へボーネンさんの後ろを走られる場合、ちょっと右をまっすぐに走られるからでしょうか、3番手の私はすぐ後ろを風を避けて助けてもらいながら走りことができました。

それと手信号をきちんとしたほうが良いと教えてもらいました。今までいつも先頭を行く私が怠ったことが習慣となってしまいましたが、改め基本を忠実に走行したいと思います。
今回、ロードバイクに熟知した方と走り、たいへん学ぶものが多かったライドでした。このように教えてもらい、新たな方々に教えてあげられるように多くのみなさんと楽しみたいと考えます。

さて、ターザンさんより、情報メールが届きました。
開催中のアジア大会ロードレースで宮澤崇史選手がゴールスプリントで銀メダルに!
湯気が出るような情報ですよ、どこのメディアより早いですからね、なんせ現地から直行ですから。最初3位でしたが1位の韓国のパク選手の違反行為のため2位になりました。

それから、今晩はもりたんご夫妻とまたもや自遊亭です。ロードバイクまっしぐらのご夫妻と自転車談義で菊池の夜を楽しみますね!
  1. 2010/11/22(月) 15:36:00 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

部長、ターザンさんお疲れ様でした。
いや~ターザンさん早いですね、、、、年末までに鍛えなおしますので、走り納めも是非ご一緒しましょう。
部長もいつの間にか綺麗な構図で写真撮っているし、たまに遅れるのは写真撮影のせいでしょ・・・

それにしても、「阿蘇ラピュタの道」とは、壮大なネーミングになりましたね。名づけ親の投稿された方も是非、お越しになってこの道の景色を堪能してください。できれば、天気予報で快晴の日を選んでください。曇りとかだと山ですのであてになりません・・・・・ので。
上りのみの約5.5km平均勾配約6%くらいのどこにもある上りですが、青空に原野と岩肌の景観はここだけのものです。

こんな素晴らしい自然と道があるのだから、菊池発のグランフォンド企画が実現させたいですね。
では、今週末おおすみで楽しみましょう!
  1. 2010/11/22(月) 14:58:21 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/623-4889848b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: