コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

鞍岳ハイウェイ、自遊亭の夜

lmk0103ff
どんよりと暗い雲の朝、天気予報では雨にはならないようですが、どうも気乗りしない天気、しばらく炬燵でゴロゴロと時間をつぶし9時40分、やっぱりサイクリングに行こう!

菊池から立門を過ぎるとポツッと雨、山の方は雲に包まれて、多分外輪山は霧で視界ゼロに違いない、なので菊池渓谷の手前の念仏橋を渡って右折し鞍岳の麓の道に初チャレ、渓谷付近は紅葉はまだまだでやっと色付き始めだしたところ、この道は全く車がなく左に渓流を見ながら登るなかなかいいコース、紅葉のときはおすすめです。



















lmk0104ff
登りつめると広い道になり右がずっとこんな景色、小雨になりウィンドブレーカーを着てアップダウンを慎重に走る、道の広さも舗装も景色も申し分ない、そして車も走らない、だいだい車の少ない地域を走るのが常ですがここは全く見当たらず、音も何も聞こえない不思議な道です。














kjjj0119ff
菊池渓谷の麓から鞍岳の麓の旭志を抜け大津へ行く道で、巷の喧騒もなく自転車乗りには誠に理想的コースで勝手に「鞍岳ハイウェイ」と命名。

いつもの北山展望所~かぶと岩コースより軽めだけど、安全で、眺めがよくて満足、満足。















lmk0115ff
四季の里入り口を過ぎると大津町になり、地元企業の地下水涵養林を抜け矢護山ゴルフ場の前を通り、かぶと岩展望所から帰ってくるいつもの県道23号に合流、菊池平野を一望できる新しいコースができました。

走行距離 52km
走行時間 2時間30分


其の夜は自遊亭に家内とGO!






















lmk0118ff
自遊亭、実はこの日、来るはずじゃなかったんです。

走ったあと家でファンライド読んでたら鶏の胸肉が疲労回復に良いという記事を発見、そこで夜食べようじゃないかと、それも新鮮な刺身で食べたいと思いどこに売ってるか自遊亭が詳しいだろうと電話で聞くと「今日仕入れてるからうちに来たら」。

「ヒルクライマー」の著者、高千穂遥さんが以前に書かれていた快楽自転車~疲労回復の記事の疲労に関する新事実、以下抜粋、

『自転車選手は走った後で回復走やマッサージを受けたりするが、そういったことに、直接的な疲労軽減、解消効果はない。栄養ドリンクも、入浴も、それは同じ。疲労を消す効果はほとんどない。これがわかったのが疲労を数値で測定できる画期的な方法が見つかったからという。

マッサージや軽運動、入浴で疲労が軽くなったと感じるのは、一種のプラシーボ(偽薬)であると、疲労感は消えるが疲労そのものは消えていない、疲労と疲労感は別物なのである。疲労感は脳が感じている疲労の度合いのことで、これはごまかすことができる。作業の報酬とか軽運動、入浴による快感、栄養ドリンクの摂取などに惑わされ、身体が軽く動くようになったりする。しかし、それは単なる錯覚で疲労は全くなくなっていないのである。

疲労は、HHV6というウイルスの量を調べることで数値化できる。この測定キットは数年のうちに市販される予定、それで調べると疲労感がなくなったのに、疲労はしっかりと残ってことが一目瞭然となる。

疲労は疲労物質によって起きる。乳酸は疲労物質と言われてきたが実はそうではなかった。疲労物質は別にあり、乳酸は其の回復を行おうとして出現する、しかし乳酸が自然消滅しても疲労は消えない。疲労物質ではないから。

あらたに見つかった本当の疲労物質は、FFと呼ばれるたんぱく質だった。この物質の量を血液検査で調べることでも数値化できる・・・FFを除去する最善の方法は、「寝ること」疲れたら、何もするな、まず休め、できたら寝てしまえ。」なるほどツール出場選手が毎日8時間から10時間も寝ているはずである。彼らは最善の疲労回復方法をちゃんと知っているのだ。

では、疲労を積極的に癒してくれる物質はないのだろうか。サプリメントなんかで。それはイミダゾールジペプチド。鶏の胸肉に多く含まれる物質だ。これがFFを取り除く力を持っている。もも肉、ささみ、内臓肉にはない。』


長くなりましたが、その鶏の胸肉をもとめて、自遊亭へ(汗)

















lmk0122ff
これだ!

高千穂氏の朝食は毎日、カレー、別にイチローに影響されたわけではなく、カレーの香辛料に認知症予防効果があると聞いたから。このカレーの具に鶏の胸肉を入れているそうです。イミダーゾールペプチドは熱で壊れないので調理してもOK,摂取の目安は1日あたり50g。

















lmk0119ff
安心したところで、今日のメニュ。



















lmk0124ff
『萬緑』(ばんりょく)日本酒における吟醸クラスを目指した造られたこの焼酎は、香りが高いキレと、ほのかな米の風味が爽やかな球磨焼酎です。
大量生産ではないので取り扱いも少なく、菊池ではうちと自遊亭くらいでしょうか、今晩は萬緑のお湯割りで。



















lmk0129ff
好物のカキ、カキフライを注文、カキの天ぷらもありますがこっちが好み、天然塩で頂きます。




















lmk0132ff
きのこベーコンサラダ、高さ20cm!

自転車レースだったら2000mの超級山岳って感じ、いろんな野菜が入ってて旨いよ。




















lmk0140ff
「馬のひも焼き」があったので注文、なかなかお目にかからない部位で芳ばしくて美味しいです、メニュにあったら必ずオーダーしよう。


















lmk0144ff
最後の〆は、元パスタ職人のマスターが作る逸品だ。

ここのパスタ目当てで来店する人がいるくらいレベル高し。



















lmk0146ff
鶏の胸肉で疲れを除去、萬緑でいい気持ちになり、愛情いっぱいの料理で笑顔、中学1年生のここの息子と将来を語り、幸せな夜を過ごせました。

自遊亭、いつも最後は同じこと書きますが、

いい店です。


では、

















lmk0159ff
最後は自宅で、

イタリアの微発泡赤ワイン、アッソーロ レッジアーノ フリッツァンテ ロッソ セッコを飲みながら今日一緒に走った自転車を眺める・・・・ああ幸せだ。


宮澤選手が移籍したイタリアチーム「フルネーゼヴィニ」って、

ワインメーカーの「ファルネーゼ」と関係あるんでしょうか。酒屋さん情報では私もよく飲んでいるこいつもそうなんですが・・・。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/01(月) 21:05:32|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<漬物のシーズンイン、青空サイクルリング | ホーム | ■笑顔あふれる忘新年会プラン、ボーンと祝杯の夜>>

コメント

NoTitle

ターザンさん、FARNESEだったら他店は知りませんが新町の木村屋酒店さんの定番商品です。それにしても昨日は阿蘇火口まで大勢で走られたようでうらやましいですね。それに今日も、天気いいし最高ですね。

ちょっと昼休みに抜け出して走ってきます!
  1. 2010/11/03(水) 10:52:25 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

そうですよ! ワインメーカーの「FARNESE」ですよ。
機会があれば、おススメのファルネーゼで、乾杯しましょう!
移籍決まってから、探して飲んでみたいと、ずっと思ってます(笑
  1. 2010/11/02(火) 21:25:21 |
  2. URL |
  3. ターザン #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

いいですねぇ、鞍岳ハイウェイ是非へボーネンさんに走ってもらいたいので早速行きましょう。で、一旦阿蘇から例の坂ですね、例の・・・いいコースじゃないですか、茶のこさんも秋メニューが揃ってるそうで楽しみです。

ちょっとというか相当厳しそうですが(私の場合)行きたいという方、ご一緒しましょう!菊池から25キロ付近をウロウロするコースですから途中でお別れもOKですよ。
7日9時に行きます。
  1. 2010/11/02(火) 19:24:43 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

新規開拓「鞍岳ハイウェィ」ですか、、
県道23号線に出るのであれば、そこから二重峠超えで一度阿蘇へ降りて、例の坂を登り直してかぶと岩で休憩、マゼノミステリーロード経由で南小国まで行き、茶のこさんで休憩してから下筌ダム経由の兵戸峠越えで菊池渓谷を下るとか、、、ちょいM過ぎますか?
  1. 2010/11/02(火) 17:55:08 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/608-88b7f453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: