コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

菊池の方言物語 その一

otemo2010806

菊池の方言と訛りを、「料理の味付け」の会話で紹介しましょう。

「どう、味はどぎゃんな」

「うーん、いま、真かる 味わいよっとこった」

「はよ、なんてちか言わんね。こっちゃ醤油瓶抱えち待っとっとだけんね」

「こりゃ、あぼぎゃーんごたる」

「なんな、味のなかてちな。んなら醤油ば入るるけんな」

「どーっと入るるな、ちっとずつぞ」

「どう、こっでどぎゃんな」

「ちった、あだ辛りゃ。砂糖ばちった利かせ」

「こしこ入るるけーん。こんだどぎゃんな」

「うーん。こんだ、あもも、かろものーしでな よかごたる」

「あたは、やかましかなー。くじばかるゆうち」

「くじじゃにゃ、主が味見ばしててち ゆうたけん味見ばしたつじゃにゃぁか」

「そりや、あたが後かるいつでん あみゃの かりゃのてち くじばかるゆうどがいた」

「おるばかっじゃにゃ。とっつぁんでん、かくさんでん、だっでん言おごたっとば堪えとっけん、おるが代表して言いよっとた。ありがと思え」

「やかましゅばかるゆーち、あみゃてちゆーけん醤油ば入るりゃ、こんだ あだがりゃてち 砂糖ば入るりゃ、あもんかろんにゃてち…」

「そりゃあもん かろん のーしでな よかごたってちいいよっとた」

「そんなら丁度よかつじゃにゃあな、褒めたっちゃよかりそうなもんて」

「いさぎよか味じゃにゃぞ。甘辛、程よかあんびゃにせにゃんた。主ゃテレビの時代劇ばかり見でな、ちった料理番組どん見て研究ばせにゃ」

「あたしゃ 何時でん見よっとだけんな。知りもせでな」

「は、そぎゃんでしたか、そん割にゃ上達せんばいな。湯の屁んごつして見よっけん
いつまっでん覚えんとた」

「はい、よございます。よか着物どん着て、料理学校さん通いまっしゅだい、あた」


熊本には昔から「肥後モッコス」という言葉があります。モッコスというのは偏屈者とも解されますが、打算的でなく利害を超越して自分の信念を貫く……といえば聞こえはいいのですが、へそ曲りといいますか、人が右といえば左と言い返す者も含みます。

つまり、容易には同意しないで、何とか理屈をこねて反対を唱えるものを揶揄していうようです。奥さんから味見をたのまれ、本来ならば多少薄味でも「少しあまいが、いい味だね」といえば、穏やかに終わるのですが、夫婦という気安さからか(肥後モッコスが出てきたのか)どうしても悪口の一つでも添えないと、収まりがつかない旦那もいるわけです。奥さんも旦那に劣らず気が強い(肥後モッコスの血を引く)方のようです。

引用 中尾康幸著 温故知新より

スポンサーサイト
  1. 2010/08/06(金) 11:30:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ただいま!と言える宿 | ホーム | 『嶋屋日記』より、天体の異変>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/541-cfb42561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: