コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

ディープなプサンの旅

12241
21日より2泊3日で家内とプサンに行って来ました。

10年以上になりますが、毎年この時期にクリスマスの街並みと冬の海の幸を味わいに懲りもせず通って
おります。今年はロッテデパートが半分以上完成し営業も始まっていたので、南浦洞地区は凄く賑わって
いました。












12245
プサンに来たら、まずはチャガルチ市場の小さなテント張りアジュマの店で、コムヂャオ(ヌタウナギ)
を食べます。
生簀で生きている日本で言えばヤツメウナギを、捌いてぶつ切りにして玉葱やネギとコチジャンに混ぜて
ホイルに載せそのまま七輪へ、バラバラにされてもクネクネと動く姿に常に平常心でヨダレを垂らしなが
ら、「アジュマ、メッチュ、チョセヨ」とビールで乾杯するのがここのしきたりです。

付近はコムヂャオ通りと言われるくらい専門店がひしめき、若いカップルもおばさんグループもおじさん
グループも、もちろんイルボンもニコニコしながら食べます。
おおかた食べたら、ご飯をもらってきざんだ韓国海苔と残った具材と混ぜホイルの上で焼き飯の完成、
何も残さない、コムヂャオ君のスープの一滴まで食べつくして往生してもらいます。











12244
最近一番のお気入りが「機張」(キジャン)、ロシアや北朝鮮からズワイカニやタラバカニの集積地で
として有名なところ、カニ専門店が並ぶなか、自分の感で今日の店をチョイス、生簀のお好みのカニを
選ぶとそのまま蒸し器へ、店でキムチや野菜を肴に一杯やっていると湯気を立てて出来上がり、ここで
アジュマが食べやすいように切ってこんな感じで登場!!













12247
ここでいうカニは生きているもの、死んだカニ(冷凍など)はその名も「死んだカニ」といい価値はありません。
さっきまで生きてヤツをそのまま蒸した訳ですから、甘くて、甘くて、それは美味しいこと美味しいこと!












12248
足はやっぱズワイが旨いね。

「アジュマ、ソジュ、チョセヨ」、シンロを注文し、グビリやりながら、嗚呼最高だね。

殻は味噌が入った状態で焼き飯に、これがまたよろしい。












12249
もちろん、酔っていますが、


この人とも会い、


幸せな、幸せなプサンの旅を堪能しました。


スポンサーサイト
  1. 2009/12/24(木) 21:01:42|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<別府史之 VS ビートたけし | ホーム | 3日留守します>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/387-d590e6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: