コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

阿蘇火口ライド

185
阿蘇山火口ライド三峠越えコースをロードバイクで走ってきました。

9時、友人と二人で菊池を出発、いつもの早朝ライドのコース、国道387号を登り立門から45号で菊池
渓谷から北山展望所へ10時28分着、最初の峠クリアしそのまま直進して12号菊池阿蘇スカイライン
(通称ミルクロード)へ、ここは右は阿蘇平野を眼下に阿蘇の五岳、左は草原の先に久住の山々、豪快
な景色と見通しのいい原野の道は体力の限りペダルを踏み込めます。

ここから阿蘇平野に下りるため212号へ長い下り、道もちょっと悪いしカーブには段差マークがあり、ハ
ンドルへの強烈な振動で降り切ったときには手がしびれていました。内牧温泉から57号へ出て右折し
すぐに阿蘇パノラマライン(111号)へ左折します。
今日第二の峠は阿蘇パノラマライン、名前の通り、360度パノラマの阿蘇の景色が楽しめる道路で、私
は一番熊本らしいところだと思います。ロードバイクファンには是非走ってほしいおすすめのコースですね。






184
夏目漱石が滞在し「二百十日」を書いた記念碑を過ぎると林道が終わりいよいよダイナミックなパノラマ
が広がります。見渡す限りの牧草地には、赤牛や黒毛、馬の放牧が行われ県外ナンバーの車は道脇
の止めて頭をなでたり写真を撮ったりしていました。

ここから見ると【お鍋の縁】がさっき走った菊池阿蘇スカイラインの外輪山、【鍋の真ん中】にこんもり盛り
上がったのが今居る阿蘇五岳、眼下に広がる【鍋の底】が阿蘇平野という世界一のカルデラの姿をはっ
きり見ることができます。






182
やっと、やっとのことで草千里展望所へ到着、さすがに疲れました。







181
草千里で水補給、それにしても寒い、車から降りる人はカーディガンを着ていながら寒さに震えるほど、
こっちはレーパン半ズボンに長袖ジャージ、風も強く早々に阿蘇火口を目指します。
火口へは、阿蘇山西駅からロープウェイ(1000円)か、舗装された登山道1.5kmを歩くか、阿蘇山公園
道路の三通り、もちろん自転車は無料ので公園道路を行きますが、かなりの登りでダンシングで止まる
寸前のスピードでやっと到着、火口間近のところへ駐輪し歩いてすぐに火口です。
改めて説明を読むと、噴煙は水蒸気、火口の中で煮えたぎっているのはマグマではなくお湯というか温
泉、よって火口は「湯だまり」と言うそうです。






183
ここも風が強く、強烈な寒さ、観光客は「なぜ自転車にここに、なんで半ズボン、寒いのにそんなに薄着!」
と言う視線を無視してビンディングシューズのヨチヨチ歩きで久し振りに火口の観光をしてきました。
寒さに震えながら火口とあとにし、南阿蘇へ一気に下るとポカポカ陽気で嘘のような温度差、南阿蘇鉄
道沿の道から39号から28号へ、マグマ食堂を過ぎて第三の峠越えと帰りエネルギー補充にパン工房
の歩度根(ウドネ)さんで休憩、ここは阿蘇の自然食材を使った人気のパン屋さん、ホッとした気分で焼
きたてのパンがたまらなく美味しかった、レースやサイクルイベントのときはジェルで走りながらのエネル
ギー補給しますが、こんなときはご当地グルメのパンやケーキが最高です。






186
元気が出たところで本日最後三番目の峠の俵山に向けてスタートしました。
見上げるとつづら折りの坂、でも今までの車やバス、大型バイクの喧騒は皆無で静かな静かな道を進み、
風力発電のプロペラの音が聞こえると頂上の俵山展望所へ到着、まだまだ意外と元気でそのまま下り
28号へ合流しそのまま225号、325号で14時40分自宅到着、2053m登る秋の阿蘇火口ライド三
峠越えは無事終了しました。

走行距離  123km
平均速度  21.9km
消費カロリー 3858kcal
平均心拍   145bpm


スポンサーサイト
  1. 2009/10/19(月) 16:35:23|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<餌も菊池米で育った牛 | ホーム | 菊池の秋祭り「新宮さん」>>

コメント

NoTitle

それは、よかった、ヨカッタ、良かったですね。
自分が感じた思いが共有されると嬉しいです。多くの方に菊池の自然の素晴しさ、阿蘇の素晴しさを理解していただくことが趣味の一環としての仕事だと思っています。

お互い、ロードバイクの魔法に、まんまとハマリましたね。
下関サイクルマラソン、楽しみです!!
  1. 2009/10/20(火) 19:27:00 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

私にとっても今回が初めてのパノラマラインでした、、、辛い=達成感×2、、、これにつきます。
阿蘇の自然をゆっくりと目に焼き付けながら、耳から鳥や虫の声を聞き、鼻と口で緑の中おいしい空気を吸い、五感はもちろん全身で体感しながら走れる自転車の素晴らしさに感謝ですね!
それも、部長の素晴らしいリードのおかげです。私も菊池や阿蘇の素晴らしさを伝えれるくらいに、菊池阿蘇通になって「菊池・阿蘇ライド」を広めていきたいと思います。
では、週末は下関でお会いしましょう!
  1. 2009/10/20(火) 14:23:15 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/351-b2b4059f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: