コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

ぐるりと阿蘇カルデラ一周コースを走って来ました。

阿蘇
ぐるりと阿蘇カルデラ一周コースを走ってきました。

このコースは菊池温泉をスタートし、阿蘇の外輪山から雄大な阿蘇の五岳を見ながら一旦阿蘇平野に
下り、根子岳の麓を登り南阿蘇へ出て阿蘇山を一周するもので、阿蘇の観光施設を線で結んだコルナ
ゴ部長おすすめのダイナミックなドライブコースで、今回はそのコースをロードバイク挑戦してきました。




1
8時に①菊池温泉を友人三人と出発、国道387号・45号で菊池渓谷、②北展望所で休憩水補給、大
観望を過ぎ、やまなみハイウェイへ、⑥ここを右折し外輪山を一旦下り阿蘇平野へ、阿蘇神社門前町
2度目の休憩、「阿蘇お菓子工房たのや」さんでシュークリームを食べて休憩、水補給をして57号から
265号でいよいよ山岳コースの箱石峠を目指します。





3
それにしても今日はバイクが多くここまでおそらく300台はすれ違ったんではないでしょうか、草千里で
バイクのイベントが開催されているみたいです。アクセルをくるっと回せば爆音とともに坂をひとっ飛び、
ロードバイクとはえらい違いで、お互い何がそんなに面白いんだろうと思っているはずですね。
ペダルを踏みながら、炎天下の中、時速10kmに満たないスピードで汗をタラタラ流し阿蘇の大地を進み、
やっと頂上到着しました。ここから3つほど小さな坂を登ったら根子岳の西側へ出て下りの連続で高森
地区です。







4
南阿蘇休暇村を過ぎたら熊本で一番の景勝地⑦「月廻り公園」到着、芝生広場で目前に広がる阿蘇の
山々を見ながら3度目の休憩と水補給です。
ここから南阿蘇鉄道を平行して高森市内を通り白川水源をパスし39号、久石交差点から28号、⑨あそ
望の郷くぎのをパスして⑩俵山を目指します。




5
俵山1095m、その中腹を峠越えする最後の難関です、ここまでかなりの疲労が溜り、目の前にそそり立
つこの山を見上げるといつも登るのやめて、栃の木温泉経由で帰ってしまいます。
でも、今回は友人三人とこのコースの完走を目指していますから、勇気を奮いたたせて頂上を。
それにしても暑い、ポタポタがスタスタと汗が流れ、腕と足は汗が乾き塩を吹いてザラザラ、頂上まで3
kmの看板が見えるとつづら折りの坂の連続です。
メンバーの一人は足が攣り、一人はハンガーノックの状態、でも何とか一人で頂上に先に到着し連れを
待ちます。





6
頂上では心地よい風が吹き何とも気持ちよい、しばらくして全員到着し健闘を称え、今日来て良かった
本当に思いました。いつも一人が多いんですが、やっぱり友達と走るのが楽しいですね。




7
俵山から28号を下り、俵山交流館萌の里で水を補給し大切畑ダムを過ぎて225号へ右折し大津から
325号で菊池へ16時45分到着しました。
もちろん、〆は菊乃家で生ビールで乾杯し次回開催を約束しました。

ぐるりと阿蘇カルデラ一周コースおすすめですね。阿蘇は夏ではなかった、秋が3割ぐらい感じられたそ
んな大人の旅でした。


走行距離 130km
所要時間 8時間45分(休憩時間含む)
水2.5リッター、CCD/BCAA/ジェル2本
スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 13:15:06|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カメを捕まえました、そしてその行方は・・・・? | ホーム | ここは自転車の桃源郷なのか。>>

コメント

ジロ・ディ・阿蘇

次の開催には是非どうぞ、ジロ・ディ・阿蘇。
やっぱり山岳いれて130kmは達成感が最高、次回はエンゾ・早川氏風にスタート・ゴールを同じにして着タイムで競い合うと楽しいそうです。もちろん、車の多いところは追い越し禁止やスピード制限など交通ルール設けなくてはなりません。
完走を目指した「みんなで楽しく走る」パターンと、タイムを競う「自分との戦い」の二つがあればいいかもしれませんね。
スティーブジョブスが好んで使うピカソの言葉 「平凡なアーティストは模倣する、偉大なアーティストは奪う」 エンゾ氏の箱根コースを越えるものにしたいと思いますのでお力添えをよろしくです。
  1. 2009/09/01(火) 18:00:25 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

NoTitle

皆さん、お疲れ様でした!
菊池渓谷、大観望経由の大阿蘇一周コースに俵山のディナー付きとは豪華でしたね。息が上がろうが、足が攣ろうが、ハンガーノックになろうが、完走(ゴール)さえすれば、その達成感を味わえる喜びは走るものだけの特権ですからね。勿論ビールの美味しさも格別!
私も行きたかった・・・・行きたかった、行きたかった、行きたかった・・・です。次回も絶対お声かけ下さい。待ってます!
いや、近々こちらから押しかけることになると思いますので、宜しくお願いします。

なぜならば、、、↓
旅行で自転車に乗れない代わりにと思いサクリの文庫本を買っていきましたが、読み終わってから我慢できない熱いモノがこみ上げてきて逆効果でした。主人公(私にとっては石尾)の狂気じみた純粋さと底なしのやさしさに感動した私は、今朝ジテ通に変更して、かつ途中高良山を登るコースで、モヤモヤを吹き飛ばしました。距離が短かったのでAT値超えの心拍数で一気に登りました。少しスカッとしたような気がします。でも、物語の結末は変わらないんですね。変わってほしいけど、、、、
今晩、また読み直して、明日も・・・・・たぶん・・・・です。
  1. 2009/09/01(火) 13:06:07 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/321-0c8eb22e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: