コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

竜門ダム~菊池川サイクリング、締めは爆睡シェスタ♪

hasi

菊乃家と自遊亭のマスターと家内の4人で竜門ダムから旭志経由菊池川沿いを走ってきました。

竜門ダムのサイクリングコース走っていると湖には、地元女子高校のボート部が練習しており、波ひとつな
い静かな湖面を音も無くスーッと進み、優雅なスポーツだと傍目には映りますがやっている本人はそんな
気分じゃないでしょう。
岸の方にはパラソル立てたヘラ釣師とルアーでバス釣る少年達が仲良くエリアを分けて楽しんでいました。

のんびり走っていると突然崖崩れでサイクリングコースが土砂で塞がれている箇所に出くわしました。ゆっ
くり走っていたからいいものの、ちょっと危なかったですね、これでしばらくはサイクリングコースは通行止め
です。

竜門ダムから下り、水の道の途中「森の味処なかむら」で旨いダゴ汁を食べようかと思いましたがちょっと
昼に早すぎて通過、387号に出て菊池渓谷方面を走り水の駅手前、岩倉の看板から右折し隊道トンネル
から旭志へのいつものコース。激旨アイスクリームの専門店「ツインスター」でソフトクリームで一息入れて
菊池川コースへ。

けっこう風が強く最近走っていないTIMEの菊乃家マスターとCOLNAGO Arteの嫁は苦戦、二人ともメ
タボだから坂や風が弱点。お腹もすいてきたので泗水の孔子温泉の駐車場にある「つる家」さんへ、旨さ
と安さでいつも人がいっぱい、人気はカレーうどん系やとろろと玉子を掛けたうどんやそば系、注文したの
は名前は忘れましたが、ざるそばにとろろと玉子と納豆とおくらを豪快に混ぜて食べるいかにもサイクリス
トにピッタリの品、旨かったですね、やっぱりここはハズレがないです。

さて、植木温泉まで来ると追い風に助けられグイグイ進みます、鹿本の分田橋手前の自転車専用の橋
(写真)を渡りふと気づくと熊本市内と山鹿市を結ぶ「ゆうかファミリーロード」の橋なんですね、いつも通る
のに発見でした。
水辺プラザを経由して15過ぎ菊池へ帰ってきて70kmのポタリングが終了、風呂に入り冷たい缶ビールで
乾杯しツールの録画を見ながら爆睡シェスタとなりました。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/13(月) 19:17:15|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<人力車で散策 | ホーム | ツール、別府選手が上位入賞!>>

コメント

NoTitle

オートポリス3時間耐久レースに向けて着々と準備も進んでいるようですね。自遊亭ファミリーもローラーこぎまくっているみたいです。
最近、竜門ダム方面や渓谷方面に行くサイクリストをよく見かけますね。いよいよ涼しいこちら方面はシーズン到来です。
  1. 2009/07/14(火) 09:42:26 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

梅雨明けはいつ

梅雨の合間に久々のサイクリングだったようですね。でも、山は地盤が緩んでいるようですので注意してくださいね。

私はというと、もっぱらエアロバイクが定位置になっています。先週の野球で投手を久々にして左大腿筋の付け根に違和感(肉離れの前兆のよう)で少し休養モードで無理しないようにしています。長男はMTBをローラー台にセットしてせっせと練習していますが、やっぱり親の方が緊張していますね、、、、取りあえずやれることはやって望みたいと思います。
では、19日から宜しくお願いします。
  1. 2009/07/13(月) 23:00:31 |
  2. URL |
  3. ヘボーネン #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/260-52ac4a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: