コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

招福名湯、不老の湯

不老の湯

みなさんが声を揃えておっしゃる、菊池の湯はすばらしい!トロッとして気持ちがいい、上品な湯だ。

一度この湯に浸れば誰しもがそんな感想をおっしゃる。

でも、それを伝えるのは難しい、相応しい言葉が無い、言葉が足らない、だから伝わらないんだ。

そこで助かるのが、「噂通りだった」、「クチコミ通りだった」など他人の言葉の凄さ、有り難い。

ここは不老の湯、洞窟がある名物のl露天風呂、部屋から見えるため男専用、女性対策はまだできない。
なぜ?どうして!天を覆うような方法は不可能、でも対策は必ずあるはずだ。


客室以外すべて浴場の湯は、地下300mから汲み上げ各浴場に分配するため一度タンクを経由するがそ
のまま湯舟に直行する。
温泉は炭酸飲料と同じで温泉の有効成分は空気に触れると消えて無くなったりする。だから地下から出来
たてのホヤホヤを薄めたり沸かしたりせずそのまんまが一番、だから良いとみなさんの声。

菊池の北には九重や阿蘇がありそのふくよかな大地に降った雨が地下に浸透し、多用な鉱物とふれ合い
今も火を吹き続けるその山々のマグマに暖められ見事な温泉となり湯舟を満たし続けている。

其の時、60年余。

還暦の温泉、60年前に降った雨が今、大阿蘇の地の底からのこの世へ・・・かけがえのない贈り物。

だから縁起もんの湯、福招く不老の湯なんだ。




スポンサーサイト
  1. 2009/04/16(木) 21:01:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ASOカルデラ一周サイクリング | ホーム | 4月15日、菊池渓谷が山開きしました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/208-7eb0137f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: