コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

ダイコンの花と八千代座サイクリング

大根の花

菊池川沿いを山鹿まで走ってきました。

泗水付近の河川敷きでは菜の花がまだ咲いており、植木からダイコンの花がちらほら、鹿本の分田橋付近では見事にダイコンの花で一面真っ白、菜の花もまだ咲いており黄色と白、青空が写る紺碧の菊池川、鮮やかなコントランスに思わず立ち止まりました。

あとで調べたら、白い花はハマダイコン(浜大根)と言って大根の野生化したもの、アブラナ科の多年草でダイコンの名はついているものの根は大きくならないということでした。

さて、いつもならここから水辺プラザ方面に行って帰るコースですが、自転車雑誌に日本で唯一ツール・ド・フランスに出場した今中大介さんの記事に、ゆっくり長く走ることがトレーニングに最も良く早く走れるようになるという。
「ゆっくり長く走る→ゆっくりだからキツくない→キツくないから楽しい→楽しいから長く走れる」というように結果的に早く楽しく走れるようになると。

ならば、ここから山鹿まで、そうだ!八千代座へ行こう!
301号から熊本山鹿自転車道(ゆうかファミリーロード)を通って山鹿市内へ、古い町並みや千代の園酒造のレンガ造りの煙突がとってもレトロな気分、豊前街道は古風なお店や人力車も走り昭和初期へタイムスリップ、八千代座では時代劇の公演があっており多くの人で賑わっていました。

走行距離70km、楽しいLSD(ロング・スロー・ディスタンス)でした。
ただ、今からは日焼けにご注意を、一日でこんなになりました。

家に帰り心地よい疲れを癒すには・・・生ビール!そこで菊池観光ホテルから徒歩1分の味処菊雅(きくまさ)さんへ、ここは魚料理と炭火焼が専門のコルナゴ部長ファミリーイチオシのお店、地元以外にもビジネス客の常連さんも多く一人旅にもおすすめです。

ああ、旨かった。
かつおのたたき

スポンサーサイト
  1. 2009/04/12(日) 12:12:03|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<阿蘇カルデラ観光列車「あそ1962」の旅 | ホーム | こりのぼりと阿蘇山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/204-b58dcaaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: