FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

Trip Tips in ASO Big Sky

今年最後の草原ライドはE-bikeメーカーさんの取材

pasoIMG_20191224_143126.jpg
阿蘇シェアバイク導入実証事業で使用しているMTB E-bikeのパナソニックサイクルテック株式会社さん(以下パナソニックさん)が自社製品のプロモーションを制作するため阿蘇にお越しになり、現地ガイドが案内するという設定ということで道の駅阿蘇の下城さんと二人で参加した。
パナソニックさん側から来られた3名は大阪から商品企画やスポーツバイク推進が専門の方と、西日本プロモーションチームでカメラマンの方、それとびっくりしたのが同じく西日本プロモーションチームの福岡の方はRaphaや正屋さんのイベントで何度も一緒に走っており趣味の自転車を生かして転職されての再会だった。

取材は2日間行われ草原ライドの他に瀬の本を基点にしたE-bikeのバッテリーの許容範囲の60キロのコースを巡るというもので、リクエストされた中から選ばれたスポットを実走するには時間が足りなくMTB E-bikeを車載して取材して回った。

天気予報と降灰の風向きを見ながらまずは箱石峠の上にある町古閑牧野の草原ライドに行った。現地に着くと広大なフィールドに圧倒されている3人と走り始めた。すぐに自社製品「XM1」のポテンシャルと草原ライドとの相性の良さを、開発に関わった立場として熱く感じられていたようだった。また、100時間以上のフィールドテストをしている下城さんと私の体験談と一緒に走った初心者から上級者までの参加者の感想は、もしかしたら今後の商品開発に役に立つのかもしれないと思った。





pasoIMG_20191224_135242.jpg
草原ライドはゴルフ場のフェアウェイのような牧草を刈った草原(採草地)がフィールドで、小高くなったところや丘は草を刈る機械が使えないため、枯れた1m以上のカヤに覆われ立ち入ることはできない。しかし、そこには幅3~4mほどの輪地切りといって、野焼きの際に延焼を防ぐ防火帯として草を刈られたところが道のようになっており、起伏のある草原と組み合わせると複雑なコースとなるはずだ。パナソニックの方3名のうち2人はシクロクロスをされており面白いコースがいくつも作れると言われていた。





pasoIMG_4079.jpg
このように起伏のある広い草原と高低差のある輪地切りされたところが草原ライドのフィールドになり、ゴルフの際にカート道で次のホールに向かうように、農耕車両が通る舗装された牧野道で次の草原に向かうことになる。このような移動の際にも電動アシストのお陰で参加者は坂道でも遅れることなく一緒に走れるし、草原ライドの時も自分に適したところを楽しむことができる。




pasoIMG_4090.jpg
ここは急勾配で段差がある難所で「奥村坂」と呼ばれている。
名付けたのはトリムカンパニーの橋本君で最初に登ることができた人の名前だそうだ。まだこのような難所が専門の人から見ればいくつも町古閑牧野には秘めているようだ。





pasoIMG_4095.jpg
子供のように走り回って草原ライドの撮影は終了した。




pasoIMG_4073.jpg
立ち寄りスポットの最初は阿蘇神社と門前町へ。
阿蘇神社は19日に熊本地震で全壊した国重要文化財の楼門の復旧現場を報道陣に公開されたばかりで、高さ約9メートルの耐震補強用の鋼管柱(鉄骨材)4本が設置されるなど組み立てが本格化していた。





pasoIMG_4076.jpg
門前町では食べ歩きの取材となり、立ち寄った「お菓子工房たのや」では快く取材に応じていただき有り難かった。
散策しながら近くにある明治時代に建てられた洋裁学校跡地のカフェや雑貨屋をも訪ねていい映像が撮れたようだった。





pasoIMG_4104.jpg
最後は大観峰へ。





pasoIMG_4112.jpg
ダウン二枚重ね着しても凍るように寒いが景色は特別。
パナソニックさんも満足で初日取材終了。






pasoIMG_4158.jpg
2日目はトリムカンパニーの草原ライドで付加価値を高めるソフトグランピングでスタートした。これは草原を走るだけではなく親しむことで草原の価値を提案するプログラムだ。






pasoIMG_4149.jpg
今回は取材用に橋本君の前職だった「シェ・タニ」の黒糖のバームクーヘンを用意してあった。黒糖の香りが豊かで、甘さを控えグランピングに最適なコーヒータイムのシーンが撮れたようだった。





pasoIMG_4130.jpg
このあとパナソニックさんのリクエストで黒川温泉を訪ね、食のミシュランガイドと呼ばれている国際味覚審査機構(iTQi)において、2019年の優秀味覚賞認定を「果菓坂」というケーキで受賞された「パティストリー麓」さんにお邪魔した。お忙しいにも関わらず気持ちよく対応してもらい「塩麹シュークリーム」をいただいた。パリッと焼き上がった生地に軽い塩味のカスタードクリームがたっぷりで、甘いのが苦手のわたしでもとても美味しくて、次回からサイクリングでみなさんを案内する際には是非こちらを訪ねようと思った。





pasoIMG_4195.jpg
エル・パティオ牧場の取材ではこちらもお客さんが多いにも関わらず丁寧に応じていただいた。





pasoMVIMG_20191225_124515.jpg
慣れない馬との撮影にいろんな提案をしてもらったお陰でこんな写真も!





123pasoIMG_4196.jpg
こちらのレストランで初めて食事をした。ウェスタンということもあって、メニュはハンバーガー系かステーキ系でチリコンカンバーガーを食べたがとても美味しかった。飲み物はディスペンサーでお茶系、コーヒー系、スープ系まで揃い、水分と塩分補給がしたい自転車乗りには嬉しいサービスだった。草原の中の牧場だから自転車を停めるのも気を使わなくていいし、牧場のレストランということもあって比較的お客は限られているし、待ち時間やある程度の人数だったら制限もなくサイクリングの途中のランチにはおすすめだ。





pasoIMG_4202.jpg
エル・パティオ牧場の後は城山展望所に行った。
阿蘇谷を見下ろす展望所は、西から二重の展望所、かぶと岩展望所、北山展望所、スカイライン展望所、大観峰、そしてここ城山展望所があり、震災以降改築されて2階からはこのような景色が見られるようになっていた。風景を閉ざしていた樹木を伐採したら素晴らしい展望所になり、北山展望所もだがラピュタ風の景観が楽しめるようになっていた。





pasoIMG_20191224_151922.jpg
阿蘇神社と道の駅阿蘇の間になる自噴する湧水で有名な「役犬原ポケットパーク」。もちろん水は飲めるのでボトルの補給と暑い日は水をかぶることもできる。





pasoIMG_4102.jpg
最後に草千里まで行ったが雲で噴煙は見えず、猛烈な突風と火山灰直撃で早々に引き上げた。

12月25日の熊日新聞に中岳の噴火で被災した「阿蘇山ロープウェー」の再建を断念し建設工事を中止する記事が一面に掲載された。火山活動の影響で安全な運営が困難と判断されたという。火山噴火予知連絡会長の九州大大学院理学研究院の清水教授は「活動がかなり活溌化しており防災上注意が必要」とコメントされている。

阿蘇の人にとってはネガティブなニュースだが、これまで散々噴火活動の動向だけで阿蘇全体が危険なイメージのようにされていたので、阿蘇の観光はすぐ近くで見る火口見学だけではないと戦略上シフト変換するいい機会かもしれない。
実際、草千里やパノラマライン、ミルクロードの草原景観は九州随一の観光資源である。草原の先に噴煙を上げる阿蘇山の景色が加わるとよりいっそう見応えがあり、他の地域では絶対見ることができない風景になる。

草原をフィールドとする「草原ガイドツアー」は火口から8キロ離れた町古閑牧野と17キロ離れた下荻の草牧野なので噴火の影響はあまりない。2018年12月に「草原ライド」として商品化しサイクルツアー会社で販売を開始、告知はロードバイクのサイクルイベントに取り入れたり、サイクルブロガーを招いたモニターツアーの開催やサイクル専門誌やサイクルメディアに記事として紹介してもらった。12月には台湾・高雄のサイクルブロガーやユーチューバーを招いたファムトリップを行いインバウンドに向けに始動した。

そして今回はMTB E-Bikeを作り販売するパナソニックサイクテックさんが、「XM1」開発のエキスパートに草原ライドを試乗させ、阿蘇の魅力的なスポットを訪ねて自社製品をプロモーションするという、今までにはない切り口で阿蘇の魅力を紹介してもらえることになった。

噴火活動が激しい現在は「遠くから見る阿蘇」を、静まれば「近くから見る阿蘇」を、いずれもちょっと距離をおいた方がより阿蘇の雄大な自然に触れ合うことができるはずだ。時として猛々しい自然に敬意を払い、その分ちょっと離れてもっと楽しむ。無事に想い出を持ち帰ることが自転車乗りの心得である。今後とも阿蘇山を活かして阿蘇サイクルツーリズムに挑戦し続けてたい。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/12/30(月) 18:01:47|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恭賀新年 2020年 | ホーム | MTB E-Bikeによる阿蘇ファムトリップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1946-077b412f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
2019年6月1日より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任しました。
菊池温泉と2012年から阿蘇内牧温泉で旅館業の傍ら、2007年からロードバイクとブログを同時に始めて多くの自転車乗りの方と接することができました。この経験を生かし阿蘇で楽しむサイクルスポーツの魅力を発信しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: