FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

Trip Tips in ASO Big Sky

ツール・ド・おきなわ2019 其の一

0okinawa002q20191128kIMG_3455.jpg
「ツール・ド・おきなわ」を終え20日経ったところでそろそろと思う。
この大会を目標に1年間自分なりに計画を立てて練習してきた。エントリーするのは市民レース100キロ、40歳以上のマスターズで目指すのは完走することだ。
レース以外にも沖縄遠征には目的があって、鬱蒼とした亜熱帯雨林と紺碧の海が広がる沖縄北部のやんばる地区でゆっくり過ごすことと、ゴール後は友子さんと娘と1歳3ヶ月の孫娘と合流して沖縄旅行を楽しむことだ。





okinawa012q20191128uIMG_3523.jpg
結果は大会3日前から沖縄入りし、レースの不安を抱えながらもヤンバルに溶け込むように過ごした。大会では刻々とスタートが近づく緊張感、走り出すと体力の消耗と回復のバランス、5箇所の足切り関門への焦りと完走が見えてきた期待感、そして最後の関門を拍手で迎えられ58号をブチ抜ける快感とともに完全燃焼してゴールすることができた。その後はふれあいパーティーも表彰式も出ず、急いで名護を経ち家族が待つ那覇で合流して初めての3世代沖縄旅をゆったりと孫中心に満喫することができた。
沖縄の後は自身のライドと星野村遠征、イワイスポーツさんの祝賀会、明日からは阿蘇の草原でe-bikeの取材、Heaven Rideウエルカムパーティ、そしてHeaven Ride本番となる。ということで今は来年に向けて練習なしの充電期間として過ごしている。





okinawa009q20191128kIMG_3266.jpg
では「ツール・ド・おきなわ2019」其の一
大会1ヶ月前に散髪にに土橋さんの店へ行った。昨年より完全週休2日制で年に一度欧州修行など営業日が少なくなっているにも関わらず土橋ワールドは安定の人気。3台の自転車と4台のイタリアバイクに囲まれて沖縄への第一歩である。




okinawa003q20191128jIMG_3803.jpg
数日前、イギリス本社のユーチューバーGCNの日本支部をされている土井雪広さんが自転車持って髪切りに土橋さんの店来られた。それもオーストラリアから。その後、すぐ近くの山下君のショップにも行かれたみたいだ。この時期になるとマトリックスの狩野智也さんも来られるしキノフィトの木下君は土橋さんの紹介で知り合うことになった。自転車乗りなら一度は来店して欲しい男性専科土橋理容店である。
https://www.youtube.com/channel/UC1t__nmwSVQcnoDq8WIoloA






okinawa010q20191128pIMG_3480.jpg
20日前にはイワイスポーツ店で沖縄決戦用に自転車を見てもらった。普段は下りはあまり飛ばさずゆっくり走るが沖縄の場合はそうは出来ない。よって信頼できる自転車の捺印となるべく点検と消耗パーツの交換をしてもらった。
荷物についは今回は民宿に3泊しレースのあと家族と合流してホテルに2泊するのでとにかく軽量化を図った。民宿には洗濯機と物干しがあるので洗濯ネットと洗剤を持参し毎日洗った。下着の予備が2セット、Tシャツ3枚に半ズボン(いずれも速乾性)、ジャージは2セットに機内用に長袖ジャージを1枚。シューズ は普通のスニーカーだと沖縄では暑い。ビーチサンダルだと指の付け根が痛くなるし4泊目はホテルなのでちょっとということで、テスラのトレイルシューズ と同じくテスラのショートソックスをチョイス、非常に快適だった。シューズ は軽量で折り畳めてコンパクトになり通気性も良く、かかとは1cmなので足袋のような感じ。6足組ソックスのサイズは22~26cmを選び伸縮性があるので家内や娘にもちょうどよかった。どちらも安価で輪行向きだ。




okinawa005q20191128kIMG_3408.jpg
那覇空港に着くとレンタカー会社のバスに乗ってフジレンタカーへ。ここはいつもお世話になっているバイシクルキッズの隣にあるので時間短縮が図れる。キッズ店では輪行のダメージがないかもう一度点検してもらいおすすめの補給食を買った。この大会参加のため全国からキッズメンバーが集結するので、次から次に懐かしい友人知人や新たな出会いがある。「ゆんたく」とはこいうものだなぁと思い沖縄北部、国頭村の民宿やんばるくいな荘を目指した。






0okinawa001q219128kIMG_1086.jpg
国頭村の「民宿やんばるくいな荘」に到着、車を降りると風が強い。
沖縄へ秋の到来を知らせる「ミーニシ」、新北風が吹いている。

1年振りにお母さんと再会する。あまり聞き取れない沖縄の方言が懐かしい。
7年前、初めてバイシクルキッズ大城店長他メンバーの方とここを利用した際に、みなさんが「お母さん」と呼ばれていることから以降そう呼んでいる。原田マハの小説「風のマジム」を読んだとき、主人公の祖母「おばあ」のキャラクターがお母さんそっくりに思えた。

昨年、三線を弾いてくれた娘さんとお会いしたら、「首里城の瓦の話をした福岡の人はいつ来るの?」と、たずねられた。
高巣さんのことだ。彼の会社はもともと神社や仏閣の瓦工事が専門で今でも熟練の職人さんが働いており、復興中の熊本城の瓦工事もされている。多分、火災で消失した首里城の瓦工事にも関与されたのだろう、そこで娘さんが首里城のことをもっと詳しく聞きたいと思われたようだ。残念ながら今回は家族のイベントと重なり来られないと言ったらとっても悲しい顔をされた。沖縄の人にとっては、とても大切なシンボルだった首里城が焼失した喪失感をはじめて目の前で見た時だった。





okinawa013q20191128oIMG_3435.jpg
宿に着いて国道58号を北上し辺戸岬まで走ってみた。
凄い北風でこのままレース当日まで続いたら210kmの選手が名護から北上する際に奥を通過するのは相当遅れるはず。ということは奥から210kmの選手が通過してスタートする私たち100kmの選手は、関門の時間は決まっているので厳しいレースになる。2015年、安部で足切りなった完走率24%のレースみたいになるのだろうか。





0okinawa012q20191128lMG_3424.jpg
宿に着くと「あんなミーニシのなか辺戸岬まで自転車走ってきたのか」と、びっくりされた。部屋でシャワーを浴びて早めの夕食をとった。今日から3日間、朝夕美味しい沖縄北部の料理が楽しみ、ご飯もカーボローディングとして目一杯食べられる。初日夜はステーキご飯。椀物はドュユ汁というヘチマの汁物でとっても元気になると言われた。身体に溜まった毒素を出すとか聞き取れない方言でけっこう詳しく効能を話された。「お代わりできるからたくさん食べなさい」とお母さんの言葉が優しかった。

手が空いてたのかミーニシ、北風の話をされた。
この時期なると石垣島からカンムリワシが北上しヤンバルにも飛んで来るそうだ。強いミーニシに疲れ翼を休めているとカラスが集まってきて集団でカンムリワシを襲うそうだ。お母さんが真似たカラスが呼び合う鳴き声が不気味だった。カラスが襲う戦法が巧妙で次々に飛びかかり、やがては強いカンムリワシも殺されるのを何度も見たそうだ。「可愛そうだよ」と、悲しい顔で何度も言われた。そんな厳しい自然の話を聞きながらセミの鳴き声から虫の鳴き声に代わりヤンバルの日は暮れた。
氷をもらって部屋で泡盛で飲むことにした。お母さんの話がいつまでも頭の片隅に残っていた。今日の北風ならカンムリワシも長くは飛べないだろう。強いミーニシに向かって自転車で辺戸岬まで走ったことにお母さんは目を丸くして驚かれた。カラスに襲われ海に落ちるカンムリワシのようにならないよう、元気が出る「ドュユ汁」をすすめてくれたのかと気付いた。宿に着いて2度目の悲しい話と最初の心温まる縄の体験だった。





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/11/29(金) 08:17:59|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「九州Heaven Ride」最終章 | ホーム | 第8回阿蘇満喫モニターツアー 阿蘇火口編>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2019/12/01(日) 17:12:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1940-b15e701b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
2019年6月1日より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任しました。
菊池温泉と2012年から阿蘇内牧温泉で旅館業の傍ら、2007年からロードバイクとブログを同時に始めて多くの自転車乗りの方と接することができました。この経験を生かし阿蘇で楽しむサイクルスポーツの魅力を発信しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: