FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

Trip Tips in ASO Big Sky

第8回阿蘇満喫モニターツアー 阿蘇火口編

bq08q01487ebebec1e9d8e738999ead861825e86fb14d8a.jpg
朝8時、菊池渓谷経由で朝陽に輝く紅葉を見ながらミルクロードに出るとうっすらとした雲海の先に北東に流れる濃い噴煙が見えた。阿蘇五岳がお釈迦さん寝ている姿の「涅槃像」に喩えられるが、ヘソから出た煙が胸と顔を通っている。スカイライン展望所にクルマを止め外に出た。寒くない。風も強くない。火口近くに行けるはずだ。離れてからでは見ることができない「火山として眺める阿蘇」を見せてあげたいと思った。






bq01q01cf82794943f7c4892158697bf250f4f434768a0b.jpg
火口のあとはどこへ行こうか、幾つかルートは考えていたけど、大迫力の噴煙を間近で見たあとは何か走る気力が失せてしまうんだな。しばらく阿蘇大橋付近をゆっくり走って、それからもう一山登ろうか・・・そう考えながら大観峰までクルマを走らせ初冬の阿蘇五岳をもう一度ゆっくり眺めた。

11月8日熊日新聞の阿蘇中岳の火山活動の記事によると、京都大学火山研究センターの大倉宏敬教授や阿蘇火山博物館の池辺伸一郎館長の推測から、マグマの一部を灰として噴き上げる「灰噴火」が夏以降続き、今後本格的なマグマ噴火に移れば降灰量の増加や長期化する可能性があり、機械類への灰対策や風評被害への対応が必要であると書かれていた。
一方、前回マグマ噴火のあった2014~15年ごろの規制範囲は、現在と同じ火口周辺1キロであり、大倉教授は「本格的なマグマ噴火になったとしても当面は現状の規制範囲で対応可能」とも言われていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000003-kumanichi-l43

地下のことだから予測もつかないことがあるのは承知の上だが、もう暫くは火口まで一番近い阿蘇山西駅まで行くことができそうだ。でも火山活動次第では明日にもゲートが閉ざされることだってある。それに風向きは西方向からじゃないと降灰でとんでもないことになってしまうし、たとえ西風であっても天気と気温と風の強さなど、いくつもの自然条件をクリアしないと自転車で火口に近づくことはできやしない。





bq20q72649613_651027332094832_5549963719213056000_n.jpg
今回のモニターライドは県外の参加者ばかりだったので、火口に近づくリスクの了解を得て最短の規制範囲である阿蘇山西駅へ行くことにした。

自転車に乗って怪我するリスクが高いのは絶対的に下りだ。だからわたしは下りはあまり飛ばさない。コーナーもなるだけゆっくり曲がるようにしている。でも坂になったら頑張る。普段はそのように走るように決めている。しかし、レースは別、年間目標にしている「ツール・ド・沖縄市民100キロ」を完走するために下りは70キロ近いスピードになる。コーナーも攻める。だから「慎重に」ということを常に忘れず全神経を研ぎ澄まして走る。

命を託す自転車の点検も慎重だ。沖縄の1ヶ月前には自転車を買ったイワイスポーツで必ず点検してもらう。沖縄に着いたらバイスクルキッズで輪行での損傷などないかもう一度すべて点検してもらう。一度ディレイラーハンガーが曲がっていたのを見つけてもらったこともあった。そのようなすべての装備を知恵とプロの技術に置き換えることを怠らず所詮遊びであるレースに挑む。しかし、小石ひとつで、前を行く選手が落車したら、犬や猫が飛び出してきたら、そんな思いもよらぬことで大怪我するか運が悪けりゃ死ぬかも知れない。でも沖縄のレースには出たい。火口に近づくのはある意味レースに出るようなものかも知れない。





bq11q019f4b926069c2d4a40df1d8054789e0efb8390c40.jpg
毎回実施している清掃活動は坊中線大曲下の展望所で行った。ここはタバコの吸殻が多く牧野の中まで投げ入れられていた。ひどいよ、道端にも平気でレジ袋のゴミが捨てられている。公的に取り締まれないのか、罰金制も必要では、徹底した警告をしつこく行うべき。





bq20q20191118koiuhhh.jpg
気温は10度と暖かく汗をかいてウェアーが濡れると頂上や下りの寒さで苦しむことになるのでジャージのジッパーは全開で登った。





bq26q01cf7eec6a27d374f2646ee1e604a6787c6f5cc9ab.jpg
阿蘇中岳第一火口から約2.5キロの草千里展望所ではまだ迫力に欠ける。
火口からの距離http://www.city.aso.kumamoto.jp/tourism/spot/sightseeing_map/





bq23q76784580_2528330633942929_5310292453763317760_n.jpg
草千里ヵ浜前、ここから先は人が少ない。





bq25q75481746_827254277704970_5505990723050143744_n.jpg
ヘリポート手前






bq04q20191118ooIMG_3628.jpg
火口より1キロの最も近寄れる阿蘇山西駅。阿蘇警察署阿蘇山上警備派出所の横がフォトポイント。
現在駅舎は防災機能を強化するため建て替え中で道向かいの仮事務所になっている。撤去された火口へ行くロープウェーは2両連結のゴンドラとなり20年度再開するという。国道57号、阿蘇大橋、JR豊肥線、そして阿蘇山ロープウェー、観光に必要なものはすべて20年度一斉に揃う。






bq06qjj019395d0b0de07a722ea7a48bdb186ab4f1816f7f9.jpg
一番迫力あるのは火口から2キロのヘリポートの駐車場
撮影のコツは柵から離れて撮ることと、ここで体験できる「阿蘇アドベンチャートラック」の方から教えてもらった。






q000qq13q010fb561db44fdae4ffc229ac9d6d746576645f1bb.jpg
阿蘇ネイチャーランドの体験アクティビティ「阿蘇アドベンチャートラック」は、ロシア製の全地形対応型車両TS4で阿蘇の原野を爆走する。




bq03q20191118okIMG_3647.jpg
と、そこに総北ジャージを着た春の装いの外国人サイクリスト。
写真撮ったらすぐさま西駅方面へ、あとで大観峰の登り口でも見かけた。






bq27q20191119koiIMG_3650.jpg
坊中線から赤水線で米塚の前を通り阿蘇大橋架け替え現場を見て、近くに最近できた「お弁当のわかば」か、「おふくろ亭」で食事しようと思っていたら定休日。149号で赤水線を過ぎて走っているといい匂いがしたのでUターンしたら新しい食堂が出来ていた。






bbbbq05q20191118kkIMG_3651.jpg
「サンサン」という店で焼き肉が専門らしいが980円のランチがいくつかあったのでしょうが焼き定食を食べた。店の人が「ボリュームはないよ」、と言われたように私たちには丁度いい量だった。食後に付いているコーヒが意外と美味しかった。あとでカウンターを見るとデロンギがあった。





bq22q75375539_2474486606201429_2450292539018706944_n.jpg
国道57号を渡って農免道路で長寿ヵ丘公苑へ





bq16q20191118lpnnn.jpg
前回来たときは感動し過ぎて解らなかったが新しい舗装になっていた。






bq17q20191118lpoibbb.jpg
2キロだけの懐かしの道






bq15q01a07af2aefa3321649fb09e2a93cbfcf5e393b65b.jpg
やはり長寿ヵ丘公苑までラピュタの道として期待して来ると消化不良だが、この先のツツジ公園まで行けるようになると「草原の国阿蘇」みないな感じの象徴になるような、そんな2度目に訪ねた長寿ヵ丘公苑の印象だった。





qb10ner0144b53d59fdba2c2ae34fef8b60059391e3a9598b.jpg
サポートカーなんかでデリバリーしてもらえれば、山の麓で風がなく、南向きの静かな暖かい芝生のスポットだから、弁当広げる場所にはおすすめ。






bq02q20191118koIMG_3670.jpg
ふたつ目の峠は小嵐山
この当たりに灰が舞っているかも思ったがもっと東側の産山村の上空から九重方面に流れていた。






q111qq12q017b0c8dac133d6847902711107f26f70e747fb7ec.jpg
最近、ライドする際は西方向からの風が多く、日ノ尾峠や箱石峠は降灰しているようで、今回のように坊中線で草千里や阿蘇山西駅は灰の影響を受けておらず、この日も全く噴火の影響なく走ることができた。ただ、噴火の様子を伝える報道の影響だろうか草千里や阿蘇山西駅の観光客は少なく、最後に行った大観峰では、ここ最近最多じゃないか思われるくらいのクルマと人で溢れ、モヤッとした勢いのない噴煙に驚く観光客の多さに驚いた。
今後も阿蘇を走るには、勢いの増した噴煙の影響を考える必要があるので、まずは当日の風向きと、噴煙を遠くから眺めるのか、それとも自身の判断で近くから眺めるのか、自然の流れに逆らわないことが阿蘇らしいライドになるだろう。






bq09q0199eb80b50cc3f72353c6dccb2b6a914008270f0d.jpg
大観峰を下ってゴールの道の駅阿蘇に着く2キロで口の中がジャリジャリしてきた。それに顔に触れるものも感じた。上を見上げるとさっきまで風に流されていた噴煙が消え青空が広がっていた。「風が止んだんだ・・・」、火口から吹き出した噴煙は風が無くなったのでそのまま麓に雨のように降っていた。最後の最後の降灰体験だったが、こんなこともあるのかとみんなで大笑いした。サイクリスト専用駐車場に行くと愛車は真っ白、阿蘇の自慢話がまたひとつ増えた。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/11/25(月) 17:26:03|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツール・ド・おきなわ2019 其の一 | ホーム | ラピュタの道復活の第一歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1939-314509bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
2019年6月1日より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任しました。
菊池温泉と2012年から阿蘇内牧温泉で旅館業の傍ら、2007年からロードバイクとブログを同時に始めて多くの自転車乗りの方と接することができました。この経験を生かし阿蘇で楽しむサイクルスポーツの魅力を発信しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: