FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

Trip Tips in ASO Big Sky

秋の早朝ライドは朝露に濡れた草原の匂い

1st0117531ebeb20fea318378a8bb065a107547cfc134.jpg
第5弾となる阿蘇満喫モニターライドを開催した。
今回は雲海のシーズンということで、朝5時に道の駅阿蘇に集合して大観峰から早朝の阿蘇を眺めミルクロードを駆け抜けるというライドだ。大分や長崎で大きなサイクルイベントと重なっていることもだが、早朝5時集合ということで、参加者は極端に少ないだろうとは承知の上で1人でも走ってみたいという人がいたら案内するつもりでいた。わたしも3時半に起きなくてはならず、県外だったら前日に宿に泊まるか車中泊でもしなければ無理だろう。そのような壁はあるものの、 早朝の阿蘇は酔いしれるような魅力があり、緊張感のない昼間の景色とは比較にならない別世界を体験できる。それを思い出すとわたしも久し振りにミルクロードを駆け巡りたくて仕方なかった。

参加者は神奈川から単身赴任で広島在住のワタナベさんと、最近面白いライドイベントを企画される久留米のkeiさんの2人でいずれも車中泊で挑まれた。道の駅阿蘇は車中泊公認で、トイレや洗面も出来るし、自販機はもちろん、目の前にはLAWSONもあるので車中泊にはたいへん便利なところである。

コースは早朝と午前の2部構成で、早朝は5時にスタートして9時くらいに道の駅阿蘇に程近い「あそら食堂」までの56km。午前は朝食後、早朝ライドで使った防寒具等を車に直して10時30分から再スタートして50kmで14時に終了した。気温はスタート時10度で大観峰5度、最高気温は29度まで上がった。装備はウォーマー類とウィンドブレーカーだが、日の出を見る大観峰での待機中は寒がりなわたしはボトルゲージにダウンパーカーを入れて防寒対策をした。





st220191016ppp0123.jpg
朝5時、道の駅阿蘇から街灯が無い暗闇の道を3人で走っていると、一番後ろを走るワタナベさんのヘルメットに付けられたライトで、わたしとkeiさんの巨大になった影が田んぼや樹木のスクリーンに映って、まるでローリング・ストーンズのコンサートに出てくる空気で膨らんで揺れ動く人形のようだった。樹木に覆われた暗闇の道を抜けて、視界が広がる山田展望所まで来ると微かに明るくなってきた。ピンク・フロイドの『エコーズ』を頭の中で聴きながら夜明けの前触れを感じると、スパイラルな立体感と遠近感ある曲調によって、無意識だけど少しだけペースが上がっていった。






st320191016456jikoyy.jpg
ミルクロードに出たら、東の空が明るくなって、日の出がはじまりだしていた。久住方面の地平線は、淡い赤色とオレンジ、ピンク色のグラデーションとなり、その先からは薄い青空になって、まばたきするたびに明るくなっていくようだった。360度の視界が広がる外輪山の一角を、ペダルを踏みしめながら日が昇る光景を『エコーズ』を聴きながら眺めていると、目も澄んできて、朝露に濡れた草原の匂いがしてきそうだった。





3st20191015koIMG_2964.jpg
大観峰に着いた。ちょうど6時・・・・騒がしい。
今日は何かのイベントか、クルマとバイクと人で溢れている。わたしの『エコーズ』はフェイドアウトではなくいきなり消え去った。





4st01644b57df180c48b6a57956f64cfc0d6a97bb4789.jpg
日が昇る東側はカメラを持った人の壁で、ここに割り込む気持ちは出てこない。





05st20191016kokoimmIMG_2965.jpg
阿蘇山は雲海も朝霧もないものの、涅槃像に見立てた阿蘇五岳に後光が差したように美しく輝いていた。





06st016f784f988ac1a2972d55a7aa0e50ccf10f57ec42.jpg






5st01f99f482736a68146a4243f66bdd0ae655d08ffaf.jpg
しばらく眺めていたが、風が強く、女の子の髪が逆立つ強風で気温は5度。ボトルゲージに入れたダウンパーカーを風に煽られながらすぐさま着込んだ。ウィンドブレーカーだけのkeiさんとワタナベ君はうずくまって風を避けていた。ここでじっと待っていても寒いし、今以上の感動もなさそうなので大観峰から850m東側の扇谷展望所跡に移動した。





07st01326adbb2a2adc710be3090ca7a974947e1ed0ac4.jpg
ミルクロードから扇谷展望所跡に入る細い砂利道の先に4駆が1台入っており、車の横には三脚に望遠装備の年配の夫婦がいた。小高くなったその先にはバイクの若者が1人、目指す先端にはバイクが3台あり、カップルと中年の人がスマホをいじっていた。ビューポイントは風もなく、穏やかで、わたしたちを優しく迎え、足元から広がる早朝の阿蘇の情景を心ゆくまで堪能することが出来た。





10st019d7c9d751297377124a2505732dfa4404200e750.jpg






08st01bbe6c1a9e8a3aa0303cb9fa306b949b2cb211059.jpg






09st0133e4d7e762c0565602fffbd4b9a06f716997f415.jpg





11st01b4a3793d91454ce8667c347dd14b4c97c75993ff.jpg
扇谷展望所跡にいたカップルのライダーは福島から、大観峰でも県外ナンバーがほとんどで九州以外も多く見受けられた。
十分景色を楽しんだのでミルクロードを駆け抜けよう。「叫びたくなるような気持ち良さ」と、よくわたしは言っているが、すれ違ったバイクから感動のあまりだろう絶叫している人がいたから誇大な喩えではない。





gb120191016IMG_3050.jpg
大観峰まで14km、北山展望所まで23km、トイレと自販機があるかぶと岩展望所まで25km、32kmからダウンヒルがはじまり、二重の峠で阿蘇平野へ降り、あとはのんびり風景の異なる平坦路を選んで帰ってくる。





gb273120124_2444359999184856_5311580067778789376_n.jpg
早朝のゴールは朝6時から開いている「あそら食堂」、そして朝食。





gb372554293_2568692173364591_994143740564078592_n.jpg
バイクの人が多く、この日も売り切れのメニュが多かった





gb472447879_2444360125851510_6464505167273263104_n.jpg
朝食のメニュにはカレーもあって人気






gb572857277_2457804227608049_422539294897340416_n.jpg
阿蘇駅前から阿蘇山・草千里へ上る坊中線沿いにある阿蘇ユースホステル跡地にある『あそら食堂&カフェ』は、朝6時オープンで道の駅阿蘇から1.2kmと近く、ゲストハウスを利用される方やバイクの方に人気だ。この日も大阪の自転車乗りのカップルの方がたまたま通りかかり、バイクラックがあったので入店されたそうだ。町外れの阿蘇山の麓で温かい朝食で空腹を満たすことができてを大満足の様子、そこで声をかけたら、これからおすすめしないコースを迷走されそうだったので修正し、この日は博多泊まりということで熊本駅までの輪行と自走のコースを教えて別れた。





gb672346053_2431814843540847_1233307942174851072_n.jpg
朝食のあとは駐車場に戻って早朝使った装備を車に置き、身軽になったところで午前の部は下城さんも加わってスタート。





gb773102531_454138808780293_5686713592427053056_n.jpg
すでに朝から感動しっぱなしだったのでゆったりとリラックスしたサイクリングとなった。






gb972349759_522063595019315_6597699164048457728_n.jpg
小嵐山





gb1071808092_405946970039644_2149580141796261888_n (1).jpg
阿蘇らしい草原の道も体験してもらい、阿蘇神社の境内の門前町でレモネードやシュークリームを食べ、追い風のアシストであっという間に帰り着いた。





gb11010102552945382966d3c958332d1286a28637b0bd.jpg
14時ゴール、あとはゆっくりの帰宅。
今回、雲海は見えなくて残念だったが、素晴らしい景色に感動されたようだった。







早朝ライド56km、おまけみたいな午前のライドが50km、合計105kmで獲得標高は1566mだった。






0000spec01d6e8fb784d7b196d884b751179a71606a50a5ad4.jpg次回は10月26日(土) にもう一度同じ早朝ライドをやる。今度こそ雲海遭遇したいものだが、出たら儲けもん、なくても感動だ。
申し込みは下記の道の駅阿蘇のサイトからどうぞ。

https://www.aso-denku.jp/2019/10/%e7%ac%ac7%e5%bc%be-%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%83%8a%e3%82%b4%e9%83%a8%e9%95%b7%e3%81%ae%e3%80%8c%e9%98%bf%e8%98%87%e6%ba%80%e5%96%ab%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89%e3%80%8d/






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/10/21(月) 10:50:01|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<太宰府への道、博多への道 | ホーム | 朝6時オープン『あそら食堂&カフェ』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1933-2c830913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
2019年6月1日より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任しました。
菊池温泉と2012年から阿蘇内牧温泉で旅館業の傍ら、2007年からロードバイクとブログを同時に始めて多くの自転車乗りの方と接することができました。この経験を生かし阿蘇で楽しむサイクルスポーツの魅力を発信しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: