FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

2019年6月より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任し阿蘇をロードバイクで走る魅力を紹介します。

インドネシアから阿蘇へ

2019405koIMG_0752.jpg
サイクリングによる訪日旅行を提供する岡ツアーズさんが、今回はインドネシアのサイクリスト15名を案内されて2泊でサポートカー2台を伴い阿蘇を走りに来られた。岡さんのお客さんはほとんどがリピーターでオーストラリアの方が半数、次いでアメリア、ヨーロッパ、シンガポールの順となり、インドネシアの方は珍しいようだが今回のグループは3回目のリピーターだそうだ。
このような旅をされるのは裕福な方が多く世界中を旅されており、輪行においてはどのような取扱にも耐えて重なりがいいように、同じメーカーの頑丈なハードケースにバイクはチタン製がほとんどだ。なので日本では馴染みのないバイクメーカーが多いなかスペシャは珍しい。





2019406lpIMG_0794.jpg
この方は今回用に買った新車でエントリー、組み立てには輪行ケースに入ったタグのついたままの携帯工具で組まれ、グローブや防寒具も新品のままケースから出てきた。で、このMTBはSeven 622 SLX、お値段をこそっと聞いたら18000 USドル、もちろんたっぷりと試乗させてもらった。






2019406lpIMG_0793.jpg
スタート前には手を繋いで必ずお祈り






2019406lpIMG_0756.jpg
みなさん穏やかな方で時間厳守という言葉はないようで、終日ほのぼのと楽しまれタイのお国柄に似ているような。
なのでわたしもモードを切り替えて、急がず慌てず終始穏やかな笑顔で案内した。コースは内牧温泉から坊中線で草千里から阿蘇火口まで上り、引き返しはいこいの村の前を通って阿蘇神社へ行き、門前町を散策して帰ってくる。メンバーにはMTBやブロンプトンの方もいて、写真を撮りながらのんびりとしたサイクリングとなる。撮った写真はすぐにインスタグラムにアップされ、すると次回エントリーしたいとメンバー集まるという今この瞬間から募集が始まっている。






2019406koIMG_0763.jpg
坊中線は向かい風で苦労されたようだが全員草千里まで到着。
ここから自走組とサポートカー組に分かれて山上広場に着くと、ロープウェイ乗り場の阿蘇山西駅が取り壊されていた。





2019406lpIMG_0774.jpg
火口への立入規制はすでに解除され、風向きによるガス規制もこの日なく火口へ行きことが出来た。





2019406lpIMG_0778.jpg





2019406lpIMG_0780.jpg
ジャージのマークはインドネシアの象徴であり国章の神鳥ガルーダ、みなさん愛国心に満ち溢れ、誇りをもたれていることが新鮮だった。




2019406lpIMG_0767.jpg
火口から見た駐車場方面、ロープウェイの建物は取り壊され見晴らしは良くなっていた。






2019406koIMG_0761.jpg
昼食は19名と人数も多いことから草千里展望レストランへ。大型バス来る団体客用というイメージだったが、団体と一般客と会場が分かれており、眺めも良く注文してから料理が出されるまで以外と早く待たされることはない。定食は固形燃料を使う料理で、見栄えや特別な美味しさという感動は別にして、この地で草千里を見ながら温かい食事できることは貴重な店であり2,名でも問題ない。ただし、まわりは外国人だらけで賑やかであることは承知のほど。このあと坊中線のパノラマダウンヒルを愉しんで阿蘇神社へ。





2019406lpIMG_0782.jpg
火口もそうだったが
阿蘇神社にはあまり興味はなさそう
火口よりもレストランだったし、
ここも満開の桜と
門前町にある「たのや」のシュークリームや
いちご大福に感動されていた






2019406lpIMG_0781.jpg
客層というものがあって求められるものはそれぞれ違う。岡さんも言われていたが、お国柄も全く違ってそれに沿った受け入れを提供しないと肩透かしになってしまう。なので自分の施設で受け入れられるお客さんを追求していかないとこれからのサービス業は厳しいだろう。今朝の見送り時にはインドネシアに遊びおいでと言われた。以前タイのお客さんには我が家に来ればいいとも言われた。いずれも冗談ではなく本気のようで嬉しかったな。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---




  1. 2019/04/06(土) 17:09:19|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小嵐山の道を走る | ホーム | カスタムまめてる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1882-f145abde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
2019年6月1日より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任しました。
ロードバイク歴は12年ですが同時に始めたブログと旅館業がミックスして多くの自転車乗りのみなさんと接することができました。この経験を生かし阿蘇で楽しむサイクルスポーツを発信していています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: