FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

遠方より菊池の食材を愉しみに

2019325lpIMG_0437.jpg
次男坊の高校入学のお祝いに、岐阜の大久保さんは愛車で大阪からフェリーで九州に渡り、やまなみハイウェイで阿蘇へ来られたその親子旅の目的が究極で、菊池でイタリア家庭料理を食べること・・・もちろんオープンエアーで九重や阿蘇をドライブしたり、MTBのツアーで草原を走ることもあるが、一昨年と昨年ご一緒したジロに感動され、今年は是非親子で思わえていたが、やはり入学したばかりで1週間超えの休みのハードルは高く、ならばと菊池でイタリア家庭料理を提供するコントルノ食堂で味覚だけでも愉しもうとなったそうだ。





2019323lppIMG_0629.jpg
車はフェラーリ製のV8エンジン搭載だが
おとなしい小柄な跳ね馬娘のマセラティ
こいつで阿蘇や久住を駆けられた。






2019325koIMG_0374.jpg
坊は天草を走りに来た3年前に比べて
身長が20センチも高くなっていた
こっちは縮みつつあるのに・・・





2019323lpp.jpg
大久保さんの趣味のひとつにグライダーがあり、この日はたまたま仲間がミルクロード沿いの阿蘇クロスカントリーにある飛行場に降りるとの情報に偶然の再会となったようだ。

ここには日本一厳しいクロスカントリーコースもあり、宿ではちょうどシスメックス女子陸上部の合宿があっているように、実業団陸上部の内牧温泉での合宿の目的になっている。また、大切な大会においては、最後の仕上げの場ともなっており、2016年リオ五輪の際にはマラソン代表選手の7名のうち5名が最後の練習をされていた。






2019323lpppIMG_0433.jpg
君はまだ無理。






2019326lpIMG_0438.jpg
阿蘇クロスカントリーの広大な敷地には、ヘリコプター、グライダー、セスナ、マイクロライト、各種ラジコン等の利用ができる飛行場があり、その外周に草牧地を刈り込んで整備された1周3キロ(高低差33m)のクロスカントリーコースがある。開けた視界には草原の緑が気持ちよく、路面のほとんどが草地なので足に優しいといわれている。ここを走ってみたいという方は内牧温泉のほこすぎ荘で利用券(200円)を販売されている。






22019323lppIMG_0659.jpg
内牧からダッシュで帰って菊池温泉街にあるお目当てのコントルノ食堂へ行った。
ここは今まで何度も紹介してきたが、菊池出身のオーナーの菊池シェフひとりで切り盛りする店で、食材は菊池産にこだわったイタリア家庭料理を提供されている。なのでそんなに安くもないし、注文してすぐに料理が出てくるわけでもない。追加で注文するときは菊池さんの手が空いた頃を見計らってのオーダーとなる。
食材は知人の農家の方を中心に丹精込めたものが集まり、素材の味を生かした料理として味わうことができる。菊池市はわたしの故郷でもあるから思いが深いかも知れないが、水がいいところで食材の良さでは定評があると思っている。
また、食材を提供する農家の方も、自分が作ったものがどのような料理になるかここに食事に来られるというからクオリティは益々上がるばかりではないだろうか。そのような条件が揃って気さくに楽しむことができるのがコントルノ食堂である。






2019323lpppIMG_0432.jpg
まずはオーガニック栽培小麦粉の
自家製パンが薫り高い「走る豚のパテ」は
すでにコントルノの定番であり
小麦粉も放牧で育った走る豚も菊池産






2019323lppIMG_0637.jpg
前菜一品目は完熟金柑とオリーブ







2019323lppIMG_0636.jpg
二品目は走る豚の自家製生ハム
野菜の葉の虫食い穴が素晴らしい






2019323lppIMG_0638.jpg
最初のワインはマルヴァジア イルヴェイ






2019325lp54514532_102189566.jpg
菊池産モッツァレラと塩トマト

初めての塩トマトに坊感激、
「送ってやるかならな」





2019323lppIMG_0639.jpg
トリッパと白いんげんの白煮






2019323lppIMG_0648.jpg
パスタの最初はリガトーニのカルボナーラ





2019323lppIMG_0640.jpg
続いて山葵の花のパスタ






2019323lppIMG_0643.jpg
三品目のパスタが究極
タリアテッレの原木どんこ椎茸ポルチーニクリーム
菊池の原木椎茸は全国的にも有名で
分厚くて食感が良く香りが高い





2019323lppIMG_0644.jpg
走る豚と自家製腸詰めのサルシッチャ
これは坊も絶叫の逸品

これでお腹いっぱいになったと話していたら・・・






2019323lpppIMG_0430.jpg
菊池シェフのお仲間か・・・
ショコラトリー メゾン・ド・キタガワさんが厨房に立ち
賑やかに創作ドルチェ作りが始まった・・・





2019325lpIMG_0664.jpg
大久保さんはというと
イタリアで振る舞ったのは抹茶だったが
今回は高価な水出し茶のサービス






2019323lpppIMG_0429.jpg
水出しのお茶を楽しんだ後
お茶殻も美味しく頂けると大久保さん
何しろ100グラム1万円だし
キタガワさんのホットチョコーレートも絶品だった






2019325ko54400058_210830666.jpg
生産者の顔が見える菊池の食材でイタリア家庭料理を追求するコントルノ食堂。カウンターは7名ほど、テーブル席はひとつで5名まで、店のスタイルは気さくに楽しめて、演出重視の料理とは真逆の家庭料理、だからこそ技量と熱意が伝わって、店の信頼の象徴である菊池の食材が進化し続けているのがここに来れば判るはず。
そんなぶれないコントルノ食堂を、菊池の観光に少しばかり携わった者が思い浮かべると、菊池シェフが最も食べてほしい特別な一皿、スペシャリテは、料理に凝縮された菊池の歴史と自然ではないだろうか。だからこそ、菊池に興味がある方に是非食べに来ていただきたいものである。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/03/26(火) 12:12:34|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミルクロードの野焼きが終わった | ホーム | ザ・ローリング・・ストーンズ展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1878-7ea7baa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: