FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

2019年6月より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任し阿蘇をロードバイクで走る魅力を紹介します。

沈黙の峠に関連する品

2019312koIMG_4741.jpg Photo by Miyuki Miyamoto

阿蘇の野焼きは管理する牧野組合で日程が異なり、坊中線から草千里方面や米塚付近はすでに焼かれている。大観峰やかぶと岩展望所、ラピュタ方面のミルクロード一帯は雨天の為すでに2回延期され今度の日曜17日の予定だ。
ただし、当日はもとより、前日にでも雨が降ったら草が燃えないのでその時はまた翌週へ順延になる。






22019312koIMG_5916.jpg Photo by Miyuki Miyamoto

野焼き当日は牧野への立ち入りは絶対禁止(飛び火や煙に巻かれて焼死する)だが、道路においては通行解除になれば自転車で走ることもできる。しかし、火がおさまったとはいえ、ところによっては熱波や猛烈な煙や煤が舞い、口や目、鼻、耳を襲うという逃げ出したくなる環境だが、見方を変えれば千載一遇、奇跡的なチャンスでもあり、極限の非日常的体験ができるわけでもある。






2019312koIMG_6014.jpg Photo by Miyuki Miyamoto

野焼きが終わったあともしばらくは燻っていたり焦げ臭いが漂っている。ひと雨降ると野焼きの黒色に艶が出て、煤も舞わなくなり、焦土から趣きある阿蘇の風物詩的な情景となる。







minani53740570_799985927061.jpg Photo by Y・・・

熊本震災前に撮られたラピュタの写真が、「懐かしいな・・また訪ねたいなぁー」と祈りを込め、あえて定番スポットを外してアップされている。ここが特別な峠とする自転車乗りや阿蘇の人は、立ち入り禁止されていることを厳守し、SNSで煽るようなことも一切封印し、震災後やがて3年経った今でもただずっと見守り続けている。

震災の被害において生活の基盤となるインフラの整備が進み、看板観光とされる阿蘇山にも行けるようになった。ただ今の時代、道路や公共の交通機関の整備をしたら代表的な名所旧跡がそのままの姿でリピートされ続けるのか、外国人の阿蘇へ訪れる一番の目的の火口見学は噴火活動により不安定であり現在は立ち入り禁止とさえなっている。そのような状況の中、競合するマーケットには新しい魅力的な輝く商品が次々に並べられている。説明不要な一枚の魅力的な写真や、数分数秒の動画は、国や言葉なくしても、多くの人を感動させ、その地に足を運ばせているのでは・・・
多くの人を感動させ、阿蘇を訪ねさせる目的でもあったラピュタ、毎朝ここで繰りかえされる幻想的な日の出のたびに、沈黙する峠はそう語っているような。






20193122017-05-26-17-54-20.jpg
自転車乗りや弱虫ペダルファンにとって、千年の歴史をもつ浮島神社の自転車お守りは、熊本の特別な記念であるとともに大切な御守りである。わたしも一昨年の100thジロでは同行の友人と43個買って、イタリアでお世話になった方や、偶然お近づきになれた方に記念の品としてプレゼントした。特にその前年にレース撮影中のオートバイ事故から復活されたサイクルフォトグラファー砂田弓弦さんには喜ばれ、今もレース中には胸から下げられ安全祈願をされている。







2019312lpIMG_0489.jpg
自転車お守りに続く双璧の熊本印がこれではないだろうか。
以前紹介した福岡の「まめぞう屋」さんの手によるTOMOKABANさんオリジナル「まめてる」だ。先日、友子さんがTOMOKABANさんの看板商品である帆布製のサコッシュを買いに行った際にわたしもプレゼント用に購入した。

と、そこで店の中を眺めていたら、「まめてる図鑑」なるものを発見、過去に制作されたいろんなデザインのまめてるに見入っていると、自分のオリジナルのまめてるも、TOMOKABANさんを通じて注文できるというからびっくり、ならばと気になる方と自分用に早速お願いした。

まめてるは毛糸で編まれたてるてる坊主で、サイクリングの晴天祈願もさることながら、中に鈴が入っているので控えめな気づきベルになる優れもの。1週間から10日でできるそうだから手元に来たらお披露目しよう。
この歳になって、てるてる坊主の編み物・・・孫ができてボケたんじゃ・・・いよいよ老化による幼児化・・・なんて言われそうだが、確かにそうだろう、だが突然の一目惚れなのである。それともうひとつ理由があって、長くなるのでまめてるが届いたときに言い訳しよう。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2019/03/12(火) 17:33:02|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<阿蘇へロードバイク一人旅 | ホーム | 新郎の父>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1875-ae3f4fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
2019年6月1日より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任しました。
ロードバイク歴は12年ですが同時に始めたブログと旅館業がミックスして多くの自転車乗りのみなさんと接することができました。この経験を生かし阿蘇で楽しむサイクルスポーツを発信していています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: