FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

枯野の草原を走ってきた

22019214lpIMG_0289.jpg
サイクルスポーツ誌の牧野ライドの取材と、道の駅阿蘇(ASO田園空間博物館)が主催する牧野ライドの動画撮影を兼ねて、阿蘇市一の宮坂梨地区内阿蘇北外輪山の東部滝室坂と、箱石峠の間に位置する町古閑牧野を走ってきた。





2019214koIMG_0233.jpg
枯野の草原を走る牧野ライドは、専門の講習を受講したガイドのもと、トレッキングや自転車により参加できるアクティビティだ。今回はMTBツアーを主催し、牧野ライドも商品化しているトリムカンパニーの橋本君のツアーに参加する形での取材となった。橋本君の牧野ライドには、単に延々と広い牧野を走るだけではなく、このようなテントを張って、そこをベースに走ったり、休憩したり、予備の荷物を置いたりできるツアーもあってピクニック気分でも楽しめた。







2019214lpIMG_0237.jpg
ツアーにはいろんなものもあるそうだが、この日は淹れたてのコーヒも楽しめるもので、地元ひばり工房のサンドイッチと豆の木さんのパンやパネトーネは道の駅阿蘇さんから手配してもらっていた。単に走るだけではなく、大自然の中でこのような休憩するスポットに飲み物や食べ物があると、より充実して牧野を満喫することが出来る。ただし、飲食物等のゴミの持ち帰りは当然ながら、ラップやレジ袋等は放牧の牛馬が牧草と一緒に誤食する場合があるので風に飛ばされないよう注意が必要。そのようなことから牧野内は研修を受けたガイド付きでないと立ち入ることは出来ない。また、立ち入る際にはガイドが石灰を持参しているので、家畜伝染病の予防のため靴と自転車のタイヤを念入りに消毒しなくてはならない。





2019214koIMG_0244.jpg
では、牧野ライドスタート。
最初は広々とした丘陵地で放し飼いの気分を味わう。サイスポの栗山さんとカメラマンさんは、トリムカンパニーのレンタルMTBで参加。わたしも枯野の時期の牧野は初体験だったので、無心に50年前にタイムスリップして悪ガキになりきり走り回った。

ここは農耕車で草を刈って、そのまま白いビニールに丸めて飼料として保存するための360度視界を妨げるものがない採草地と言われるところだ。なのでフラットだったり緩やかな斜面があったりと自転車で愉しむにはちょうどいい。機械が入れないや急な斜面には茅(カヤ)が生い茂り立ち入りは困難だ。






2019214lpIMG_0248.jpg
続いて尾根沿いの野焼きの延焼を防ぐための
「輪地切り」と言って、茅を刈られたところを走る
アップダウンのスリル感がたまらない





2019214lplpIMG_0276.jpg
一旦、テントを張ったところに集合して
補給後次のエリアへ






2019lpIMG_0246.jpg
途中、橋本君が茅(カヤ)を刈っている人を発見、事前に京都から茅を取りに来ている人がいると聞いていたのでその旨尋ねるとまさにその方だった。茅は主にススキを指し、茎の部分に油分があるので耐水性が高く屋根材に使われる。茅葺屋根と言えばピンとくるが、上質な茅は毎年火を入れたところのものでないと使えず全国でも阿蘇の茅が有名とのこと。それでわざわざ京都から来られていた。




2019214lpIMG_0251.jpg
こちらは町古閑牧野の農家さんが茅を収穫されていた。





2019214lpIMG_0255.jpg
太さと、長さの、規定サイズのススキのみを束にされるのはたいへんな重労働、加えて乾燥した状態の時しか収穫が出来ず、3月には野焼きがあるのでそれまでの期間が勝負とのこと。





2019215koIMG_0272.jpg
続いて上級者向けエリアへ
見本は橋本君
斜面を勢いよく下って






2019214lpIMG_0266.jpg
最後の難関を向かえ






2019214koG_0267.jpg
クリアするか・・・







2019214lpIMG_0275.jpg
大回転で爆笑!

草原は柔らかい地面なので
めったに怪我することもないが
ヘルメットとグローブは必須





2019214lpIMG_0294.jpg
いろんなコースを案内してもらい
日没の時間が近づいてきたので
夕陽が見れるスポットに移動







2019214lpIMG_0305.jpg
色が抜けた草原が夕陽を浴びて黄金色に輝く







2019214lpIMG_0299.jpg
ファットバイクとノーマルのMTBの
いいところ取りのセミファットバイクバイクは
タイヤの太さを生かしたグリップ力で
大いに牧野ライドを楽しめた





2019214koG_0302.jpg
最後のステージは根子岳に向かってのダウンヒル
人影の先にはコブのようなジャンプ台があり
夕陽に浮かぶ絶妙なジャンプが
奇跡のような写真を生み出したよう
近日発売のサイスポをお楽しみに





20190214lpIMG_0310.jpg
打ち上げBBQはカルキバー
そう言えば今年始めて






2019214lpIMG_0307.jpg
お肉屋さんのブッチャーKことカルキさんの自宅には、屋根付きのスペースや離れのバーもあって、BBQをしたり、カルキさんのプロさながらのギター演奏を楽しめのがカルキバーだ。しかし、これは営業しているわけではなく、自転車仲間だけの隠れ家であり、そこでは上質なこだわりの肉とカルキさんの魅力に浸ることができる。





2019214lpIMG_0309.jpg
BBQのほかに開催の度にプログラムがあって





2019214lpIMG_0311.jpg
今回は中抜きの丸鶏







2019214koIMG_0312.jpg
丸鶏のさばき方講習
二種類の包丁で巧みに部位別に分けられる
一匹からは手羽は2本だけ
ささ身もたったこれだけというくらい小さく
せせりにいたっては串一本か二本だけ
ぼんじりも希少品
そんな食育の場でもあり
部位ごとに丸ごと一羽堪能した






2019214lpIMG_0301.jpg
夕方のゴールデンタイムまで、見て、走って、笑って、ころげて、阿蘇の大自然と遊んだ。コースは力量に応じて楽しめるので初心者でも安心であり、現在ではここ以外にもう一箇所走れるようになっており、エリアを拡大される予定だ。
何度も言うが牧野ライドはガイドの同行が必須で、MTBガイドは地元のトリムカンパニーさんや大藪サイクルさん、福岡では正屋さん、大分はオールウェイズバイシクルズさんがされている。トレイルウォーキングもガイドさんがいらして、詳しくはこちらをどうぞ







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/02/14(木) 17:52:57|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年のサイクリングがスタート | ホーム | いだてんのあの橋へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1870-bc8f6da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: