FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

草原の中を走る~2箇所目の牧野調査

20191011koIMG_0125.jpg
阿蘇北外輪山の東部の滝室坂と箱石峠の間に位置する町古閑牧野に続いて、牧野内の立ち入り許可(自転車・歩き)が検討されている下荻の草牧野の調査に同行してきた。場所は大津・菊池方面からのミルクロードをやまなみハイウェイに出て、九重方面に3キロ行った道沿いのうどん屋が境界が含まれ、交通の便と食事や休憩にとても便利なところだ。






lp101120190108_012857308_iO.jpg
牧野内の立ち入りには口蹄疫予防のため自転車のタイヤは石灰による消毒が必須である。







lp101120190108_013223002_iO.jpg
スタートしてしばらくは一切視界をさえぎるものがない。
フラットな未舗装路の牧野道は
心地良さが体の芯から湧き出て、
仲間と並走して走ったり、
左右構わず路肩を乗り上げたり、
思わず子供のようにふざけることが出来る。





lp101120190108_013704006_iO.jpg
しばらく走ると大根畑が広がり、ごく稀に通る農耕車の往来はここまでで、その先は野焼きされたまま草は刈られておらず牧野道は使われていない。ということは自転車遊び放題である。わたしたちは草をかき分けこのまま進んだが(これもまた楽しい)、許可が下りたら主催する道の駅阿蘇さんが整備される予定だ。






2019109koIMG_0124.jpg








lplplp2019109koIMG_0126.jpg







2019109koIMG_0128.jpg
阿蘇・くじゅうを拠点に、山道を得意としたサイクルツアーを提供するトリムカンパニーの橋本君にも手応え十分の牧野道だったようだ。専門家の視点でコースも検討された。







2019109koIMG_0129.jpg
牧野を下るとやまなみハイウェイと南小国を結ぶ県道40号沿いの下荻の草集落に出た。
ここはほとんど車も通らず、人も見受けられない寒村であり、何もないと言えば何もなく、見方を変えれば昭和の薫りがいたるところに残されている。







2019109koIMG_0130.jpg
鉄製のポールで作られたこの囲いみたいなものは牛や馬をつなぎ止めるもので、すぐ横にはお宮があることから、参拝したあとに草原で草を食べさせたり、もしかしたら牛馬を売りに行くためお参りしたのだろうか、想像は尽きない。
地元の高齢者の話によると、子供の頃に親や祖父母に連れられて、この道を歩いて先程走った牧野道を進むと現在の木落牧場に出て、国造神社や阿蘇神社へ参拝に行っていたと言われていた。となると南阿蘇と阿蘇神社を結ぶ日ノ尾峠と同じく、国道等ない頃の巡礼の道であり貴重な生活道だったのかも知れない。移動手段が徒歩だったことから地図上からはいずれも最短なルートでもある。







20191012lpIMG_0134.jpg
うどん屋で昼食のあとは橋本君のお客さんのツアーに参加させてもらい黒川温泉方面へMTBを車載し移動した。
ツアーには山までバイクを車で運んでもらうプランと、橋本君と一緒に自走で山に上ってダウンヒルを楽しむプランがある。この日は自走でいい運動になった。






2019109lpIMG_0136.jpg
山の中でのチェーン切れ、これも当然想定内、数分で修理完了のトリムカンパニーのツアー。







lp101120190108_020044586_iO.jpg
下荻の草牧野はフラットなコースだけでなく、こんなところもあって楽しめる。加えて年間通して立ち入りことが出来るが、町古閑牧野と同じくASO田園空間博物館よりこの地専用のガイド講習会を受講し、下荻の草牧野組合長より認定を受けたガイドの案内が条件だ。参加料の一部は牧野組合へ使用料として支払われ、野焼き等の費用となり草原再生の資金となる。年々縮小している草原のために牧野を走ってみてはどうだろうか。道の駅阿蘇からエントリー受付中で、草原ライドのほかに草原トレイルウォークもあるので自転車なしでも楽しむことが出来る。詳しくはこちらをどうぞ。https://www.aso-denku.jp/bokuyaguide/








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/01/12(土) 17:18:41|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<乗らない冬眠謳歌中 | ホーム | 2018年最後のブログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1864-d72066f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: