FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

2018年最後のブログ

20181226koDSC_3175.jpg
今年最後の宿の新刊はこの二冊。

「挑戦するフォトグラファー」は砂田弓弦さんの30年間のイタリアでの歩みをまとめられた自転車乗りにはおすすめの一冊。
大学1年の時に立川の「なるしまフレンド」の方から、『自転車競技の本場はヨーロッパ』の一言で1985年2月イタリアに行き、クラブチームに入るも体調を崩して秋に帰国。その体験談を自転車雑誌に寄稿し、以後イタリアで自転車レースの取材を職業とすることを決意。大学卒業の1989年、自転車の代わりにカメラとワープロ持参でイタリアへ渡り、日本人初のサイクルフォトグラファーとしての苦労と現在に至るまでの貴重な体験が書かれている。

2017年、ツール・ド・フランスには選手・スタッフ・メディア・広告など4500人が一団となって移動し、その車両は約2000台、このうちジャーナリストは1700人で、フォトグラファーは300人の登録があり所属するエージェントだけでも100社。オートバイに乗って撮影するフォトグラファーの制限数は12台で世界の有名通信社であるAFPやAP、ロイター、さらには新聞社ですぐにその枠は埋まってしまう。2018年現在、大手エージェントに所属しない個人フォトグラファーでオートバイに乗って撮影できいるのは砂田さんだけで、イタリアに渡り16年後に仕事が認められとうとう夢を達成された。

以前、J SPORTSで白戸太朗さんだったか、新人選手の呼び名については砂田さんに相談しているという話を聞いたことがある。ところがNHKでツール・ド・フランスの特集があった際には、「ファビアン・カンチェラーラ」を「ファビアン・カンセララ」、「ロビー・マキュアン」を「ロビー・マクユーイン」などなどすでに一般的になった呼称なのに独自に解釈されて笑ったことがある。この本に砂田さんは、ジョス(ジオス)、ヴィリエール(ウィリエール)、コルナーゴ(コルナゴ)、チネッリ(チネリ)と現地の発音をそのままカタカナ表記されており、外国の方と話す際にはこのように発音しないと伝わらないので要注意だ。



「Haruki Murakami を読んでいるときに我々が読んでいる者たち」はまだ読んでいないので裏表紙の内容紹介を抜粋。
『村上春樹は、いまや世界で最も広く読まれている日本人小説家である。その世界的な人気の背景には、英語圏---とりわけアメリカ---での成功がある。日本文学の英訳の多くが政府や文化機関の支援を受け、限られた読者(主に日本研究者など)を対象に刊行されてきたなか、村上作品はアメリカの文芸出版の権威であるクノップフや「ニューヨーカー」などの出版社・雑誌から世に送り出され、大勢の読者を獲得し、多くの同世代作家に影響を与えている・・・・・中略
「ねじまき島クロニカル」での世界へのブレイクスルーまでの道のりを後押しした、個性あふれる30余名の人々との対話、そして村上本人へのインタビューをもとに、世界作家Haruki Murakami が生まれるまでのストーリーを追う。』


日本で最初のノーベル賞作家の川端康成は「一人旅はあらゆる点で私の創作の家である」と言葉を残した。そして、「私の小説の大半は旅先で書いたものだ。風景は私に創作のヒントを与えるばかりでなく、気分の統一を与える。宿屋の一室に座ると一切忘れて、空想に新鮮な力が湧く」と、一人旅の良さを語っている。貴方の書斎は旅先にあり、物書きでなくとも気分一新できる温泉旅をこれからもお勧めすべく、宿の蔵書を増やしてみなさんをお迎えしたい。





20181226koDSC_2947.jpg
作家の下重暁子さんが文藝春秋12月号の「孤独のすすめ」という特集に「群れない時間を過ごすための十冊」のタイトルで寄稿されている。その中で「孤独の友」といえばなんといっても読書であり、孤独を楽しむための本は二種類あって、「ますます孤独のどん底につき落としてくれるような本」と、「和やかに孤独を慰めてくれる本」であり、この両方を読むことが大切と書かれている。

サイクリングも一人で走る場合は「孤独の友」であろう。一人で走ることが多いわたしの場合は、天気が荒れたりすると孤独のどん底につき落とされるときもある。しかし、大げさながらも無事生還したときの達成感は得難い感動でもある。また、孤独を慰めてくれるかのような穏やかな天気や、素晴らしい景色に遭遇したときは、幸福な気持ちにさせてくれるのも一人で走るサイクリングの魅力である。難度の高いコースや追い込めるようなイベント、それと走りやすくて楽しめるコースの両方を組み合わせると、末永くサイクリングを楽しめるのではないかと今年還暦(終焉の兆しの第一歩)を迎えて思った。







20181229lpIMG_0093.jpg
土橋さんで新しい年の準備完了。

来年の天草サイクルは息子の結婚式と重なり参加できず
今のところ初イベントは4月のオートポリスの予定。

今年は生まれて初めて入院(眼科)を経験した
担当医の院長さんが自転車乗りでとても良くしてもらった
その病院には合唱部があって
なんと顧問を福島雄二さんがされており
思わぬところでの面会となった。

今年も自転車を通じて
多くのみなさんとお会いすることができた
来年も準備を整えて新たな挑戦と
素晴らしい出会いを愉しみにしている

来年もみなさんに付いて行けるよう
練習しますのでどうぞよろしくお願い致します。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---




  1. 2018/12/31(月) 15:16:13|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<草原の中を走る~2箇所目の牧野調査 | ホーム | カベルネ畑から八千代座へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1863-eef5be35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: