FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

嫌になるほど仕事すれば遊びはもっと楽しくなる

2018924lpIMG_2252.jpg
ミルクロードや大観峰から見る雲海の季節となってきた。
現在の日の出は6時過ぎなので宿から大観峰まで10キロ、幻想的な日の出の雲海や朝霧なびく阿蘇平野を見たければ5時出発がおすすめだ。ただし、この時間はまだ真っ暗なので前後のライトは必須。加えて街灯がないのでより明るいものが必要となってくる。わたしの場合、朝練で竜門ダムやあんずの丘周辺を走るときは、CATEYEのVOLT400を固定式にして走る。人の気ない山間部に入るとハンドルにブラッケットで装着したVOLT800を追加点灯する。これは少し動くように付けているので、上り坂では固定のVOLT400は近くを照らすので遠方に、下りでは全体をカバーできるように照らす箇所を可動できるようにしている。

リアはシートステイにRAPIO X2を点滅で、シートポストにOMN5を点灯で付けている。(道交法上、点滅は補助灯としての使用に限定されるので夜間走行時は点灯することとなっている) このOMN5は三船雅彦さんもブルベなどで使用されており、防水性と視認性、そして電池寿命でベストという結論とされている尾灯だ。値段も2000円以下とコスパも優れている。

それと前後とも2本使用している重要な理由は、故障やバッテリー切れで使えなくなった時の予備であり、真っ暗の中で立ち往生を防ぐこともあるが、何より被視認性を高め自分の存在を示して命を守るためである。

宿を訪ねる方を参考にAPIDURAのトツプチューブバッグを買った。これはダンシングでも脚に当たらず、少し重めのわたしの POWER SHOT G7X MⅡでも自立し、防水対応でレース以外いつも付けようかと思っている。もちろん朝走るときも想像以上に寒かったり、急な雨対策に小さくたためるRaphaのBREVET FLYWEIGHT WIND JAKET(これも三船さんお墨付き)を忘れることがないよういつも入れている。






2018924lpIMG_2255.jpg
被視認性を高めるもうひとつが反射ベスト、これがあるとなしでは全然違う夜間走行必須のアイテムだ。それに雲海を見に行った帰りの下りでは防寒にもなり便利この上ない。






2018926lpIMG_2257.jpg
新潟のタネムラさんは2泊でお越しになった
九州は暑いと思ってボトル2本用意してきたら想定外の涼しさで、すぐに一本にして前輪横に装着のツールケースを外して付けられた。博多駅に朝着いて熊本駅から特急バスやまびこ号で阿蘇駅へ、小雨降るなかサイクリングは諦めて自走で12時過ぎに宿に着かれた。自転車はラックに掛け、歩いて内牧温泉の散策は定番いまきん食堂であか牛丼を食べ早々に宿に入られた。

阿蘇の後は長崎方面で2泊されるので、シートバッグはORTLIBの15Lサイズを選ばれたが、これが大き過ぎてもっと荷物を減らしてコンパクトなサイズにすべきと言われていた。フレームバッグはワールドサイクルのオリジナルだそうでペダリングにもあまり干渉しないとのことだった。






2018926lpDSC_3070.jpg
新潟から来られた初日は生憎の雨で、走られたのは阿蘇駅から宿までの7キロのみ。しかし、翌日は早朝ライドを愉しんで一旦宿に帰ると温泉と朝食と休息でエネルギーを充填し、昼前から阿蘇山周辺を走って阿蘇ライドを満喫されたようだった。帰りに日は阿蘇駅からやまびこ号で熊本駅へ、シャトルバスもしくは自走で熊本港へ行かれ、島原から自走で小浜温泉で一泊、その後は長崎市内でもう一泊され長崎空港から帰られたようだ。





2018926lpDSC_8880.jpg
阿蘇神社で25日、秋の収穫に感謝する「田実祭(たのみさい)」が始まり、流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。





2018926lpDSC_8883.jpg
田実祭は国指定の重要無形民俗文化財で、おんだ祭りや火焚き神事などの「阿蘇の農耕祭事」のひとつ。





2018926lpDSC_8898.jpg
神事の後、射手が烏帽子や直垂、行縢「むかばき」の狩衣姿で登場し






2018926lpDSC_8909.jpg
境内に立てられた三つの的を狙って140メートルを疾走




2018926lpDSC_8911.jpg
命中すると紙吹雪が舞う







2018926lpDSC_8953.jpg
写真は大女将さんのお兄さん撮影






pph2018926lpDSC_8989.jpg
140メートル馬に乗って疾走し

的をめがけて矢を放つ・・・

どこで練習されてるんだろう。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/09/27(木) 15:19:56|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ハムスタースピン in 阿蘇 | ホーム | 雨の日も愉しむ自転車乗りのために>>

コメント

タネムラさん

初日は生憎でしたが2日目は阿蘇を満喫されたようでしたね。阿蘇は広いですから季節に合うコースのポイントを押さえて走ると効率がいいです。
それとお話したとおり、単に走るだけではなく、美味しい食事処や甘味処の体験、、館内では温泉と読書と昼寝に整体、自宅土産は馬刺や牛肉を宅配で送るなど次回は是非愉しんでください。ありがとうございました。
  1. 2018/10/01(月) 12:18:56 |
  2. URL |
  3. コルナゴ部長 #-
  4. [ 編集 ]

お世話になりました

先日はありがとうございました。阿蘇の後の旅程にも遅れやトラブルもなく、無事帰宅出来ました。
阿蘇初日は雨で残念でしたが、翌日はとてもいいお天気で阿蘇を満喫できました。ただ一日だけでは全く足りませんね。まだまだ行きたい所、走りたい道があります。またお宿の方々も親切フレンドリーな方々ばかり。お風呂もお食事もおもてなしも最高で、とてもリラックスして過ごせました。今度は部長さんオススメの装備を用意し、万全の態勢でお伺いしたいと思います。またどうぞよろしくお願いします。
  1. 2018/09/29(土) 21:47:51 |
  2. URL |
  3. タネムラ #nUsuca/s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1847-0f3b8862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: