FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

JRにて輪行情報

2018828koDSC_3008.jpg
阿蘇へ輪行ルートとして熊本空港からは自走で36キロ、輪行なら1日7本の特急バスやまびこ号で阿蘇駅に降り路線バスか自走で7キロ、1日2本の九州横断バスだったら内牧(角萬前)で下車されたら迎えに来ます。ただし、いずれのバスも始発ではないのでバスのトランクがスーツケースなど多い場合、自転車を積めな場合もあります。熊本駅からは、やまびこ号・九州横断バスとも始発なので多分大丈夫だと思います。

熊本駅から確実なのは、「豊肥本線一部区間バス輸送(肥後大津駅~宮地)」で、熊本震災で通行止めの肥後大津駅~宮地間をバスで輸送するものですが、基本的に通学を想定した時間なので便数は少ないですが、JRが運行するだけに輪行としては安心です。

写真は兵庫からお越しの渡辺さん、行きは新幹線で熊本駅に来られ、豊肥本線に乗り換えられて肥後大津駅から自走で57号線迂回路の長陽大橋ルートで赤水から325号へ、吉田線で阿蘇火口に上って坊中線で内牧へ来られました。翌日の帰りは阿蘇駅から16時10分の豊肥本線のバス輸送で17時15分に肥後大津駅に着き、17時27分のJRに乗って18時06分に熊本駅着、18時50分発みずほで帰られました。

16時10分のバスに乗るまで、初日に阿蘇山を押さえた渡辺さんは何をされたかといいますと、、定番の早朝5時に宿を出発し大観峰から日の出を見てミルクロードをサイクリング、宿で温泉と朝食を楽しまれて11時のチェックアウトまで、まったりと部屋でくつろがれました。チェックアウト後は荷物を宿に置かれて、国造神社を上って草原の道から満願寺温泉を通り、茶のこさんでランチしてそば街道を上って帰って来る、こちらもおすすめのルートを満喫されました。宿に到着されたら、まずは輪行袋に自転車を納め、その後温泉で汗を流しさっぱりされたあとは、車で阿蘇駅まで送ってあげて1泊2日ですが充実した阿蘇旅となられたようでした。





2018828koDSC_3005.jpg
面倒くさくないのは自転車専用宅配システムのシクロエクスプレスでしょうか。






82929n70062-2018-05-22-20-4.jpg
空港や駅での混雑や階段の上り下りは苦痛でもありますが、輪行の面倒さもある意味、達成感というかロードバイク本来の楽しみとも言えます。何せ苦痛をも楽しむ趣味ですから、ネガティブという言葉は自転車乗りには無いし、自転車と一緒にいれば想像だにしない面白いことがあります。自分の体験として、輪行における苦痛は、知恵を出して乗り越えることで常に自分に安らぎと喜びを与えてくれました。自転車旅をより重厚なものは、やはり担いで行くことに尽きると思いますね。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/08/28(火) 18:26:18|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大人と若者の自転車旅 | ホーム | 早朝発、二重の峠経由で行く阿蘇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1841-4094eba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: