FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

酒の趣は昼飲に在り、それも微醺に限る。

715sinIMG_5824.jpg
久し振りに家の前でスタート前の記念写真。
自転車を始めた頃は職場も菊池だったので自宅スタートが多くてこのような写真が多かった。当時はJ-sportsがジロやツールの放送をはじめて、自分もだがそれを見てロードバイクを始める人が多かったようだ。その頃の定番コースが、菊池渓谷の前を通ってミルクロードの北山展望所に行き、それから阿蘇に上るというのが一般的だった。茶のこさんに自転車で行くようになったのが自転車を始めた1年後の2008年だったように記憶する。当時はマゼノがなく、ラピュタもミルクロードから満願寺温泉に繋がる草原の道もまだ知らなかった頃で、212号やそば街道、387号で上津江村経由で行っていたと思う。

茶のこさんに現地集合するラファのミーティングライドがあり、清水さんも行かれるとのことだったので御一緒した。コースはおまかせだったので、菊池渓谷経由は毎日車で通勤しているのでそれはやめて、猛暑を想定して日陰の菊池人吉林道を走って四季の里から鞍岳林道を上るルートにした。頂上近くに3箇所くらいかなりの坂があり、したたり落ちる汗でハンドルを濡らしながら上った。頂上に着くと丸1日分走った達成感でしばらく荒い息が止まらなかった。牧場を通ってミルクロードに出てかぶと岩展望所の自販機でペプシを飲んでトイレ休憩し、マゼノミステリーロードで南小国へ、時間が合ったのでファミマでガリガリ君を食べて茶のこさんへ行った。






sinIMG_5828.jpg
丹野さんから誘ってもらったこのライドは、集合場所を茶のこさんにして、それぞれのルートで集まるというもので、店では応対できない人数なので、事前に弁当(茶のこ特製杏仁豆腐付)の申込みをして駐車場等で食べ、12時30分に解散するというものだ。主な参加者は主催のRapha福岡から自走し熊本駅で解散というメンバーだが、熊本県外からも多くの自転車乗りが話し合える場となって、それぞれのルートで来て帰るという気軽なライドもいいものだと思った。
帰りはそば街道からミルクロードまでみなさんとご一緒してそれから菊池方面組と菊池渓谷経由で帰った。北山展望所から下ると徐々に気温が高くなり、菊池温泉街の我が家に着いた頃には天気予報通りの猛暑でクラクラする程。速攻で温泉で汗を流したあとは、クーラーのきいた部屋で缶ビールと冷奴、そしてツールの録画を見ながら寝落ちという至福のひとときを満喫した。




sin715Image-1.jpg
今からの季節は、バナナやパンを背中のポケットに押し込み、日が昇る前後の早朝にスタートして9時か10時には帰ってくるのがいいだろう。3~4時間みっちり走ればすでに満腹感にどっぷり浸れる。その後は家人とのお付き合いもいいが、せっかくの休日なのでここは自由にと理解してもらい、この日のような走ったあとの黄金の休日、風呂→祝杯→寝落ち、もしくは読書や録画した映画やレース鑑賞などはいかがだろう。

ちなみに「酒の趣は昼飲(ちゅういん)に在り」それも「微醺(ほろよい)に限る」と幕末の江戸で出版された随筆「酒中趣」にあり、「晩飲夜酌はただ人を暴飲に導き、眠りに誘い、感性を鈍らせるばかりだから何の薬趣か有らん」手厳しい。昼間にほろ酔いは歴史が語っているので、走ったらおすすめだ。また、その日の夜は飲まないということではなく、暴飲はいけないが、眠りに誘われるのはいいことだし、次回も辛すぎるコースを走るという「感性を鈍らせる」のは実にいいことだ。

先日、宿のお父さん(会長さん)が、昔からの顧客の方で親しくされているお客さんが2泊で来られ阿蘇観光に連れて行かれた。そこでお昼を食べる場所を訊ねられたので、お客さんの感じを聞いて『茶のこ』さんの雰囲気とメニュを教えた。帰って来られたら会長さんが「美味しかったよ、いい店だった。お客さんも喜んでいたよ。」と、笑顔で言われた。茶のこさんは自転車乗り以外にも、このような年配の方でも車さえあれば非日常を愉しめる雰囲気と食事内容だから、おすすめしたら喜ばれるのではないかと思う。それに年配の方だったら、あまり混み合うことが少ない平日の利用が多いから、作り置きしなくて時間を掛けて手作りされる茶のこさんにも、もしかしたら都合がいいかも知れない。いずれにしても自走で行けなくなっても(あと20年後)いまのままで在り続けて欲しい店である。





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/07/15(日) 18:10:10|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラック一杯の薬より一台の自転車 | ホーム | オール九州3耐久ロード申し込みは7月18日まで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1831-3069b14c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: