FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

GIRO D’ITALIA 2018 其の四 STAGE18

201833894464_10155444542366.jpg
ジロ第18ステージゴール、プラト・ネヴォーゾ峠の中腹にて撮影

見応えのある有名山岳ステージのジロのコースは、早い時間から自転車以外車両通行止めになる。また、終わってから麓に降りる渋滞も想像以上、そこで自転車で上るか、歩きか、もしくは細い道を車で相当早い時間から行って終日費やすか、これは地元か道に慣れた常連でないと無理だろう。

そこで帰りにも早い自転車で観戦するのが一般的となり、延々と上れる人はロードバイクで行くが、サイクルスポーツが盛んな当地では、子供から年配まで多くの人が年に一度のお祭り騒ぎに参加したいため、アシストのあるe-bikeの選択となり、ざっくり自転車の半分近く占めていたように感じた。

ダンデムも何台か見かけたが、バッテリー2個搭載のe-bikeのダンデム(Moustache)は、いつまでも二人で感動の体験を可能にすることができる。、体力を補ってくれるe-bikeの存在は、これから新しい世代となるファナティックなシニアの象徴のように思えた。







201833921620_10155444540596.jpg
イタリア滞在3日目、今日はジロ18ステージ観戦の日
170km地点のMondoviまで車で移動し
それぞれの力量に応じてそれぞれでゴールを目指す

その前にクーネオ市街へサイクリングへ行った
レースを追い求める観戦だけではなく
イタリアらしさを体験することも楽しみであり
このツアーはよく考えられている

天気は晴天、雪を残すアルプスからの澄んだ風が心地いい
ホテルの前の大通りから道を横断する際に
ラウンドアバウト(環状交差点)は便利がいいものの
朝のラッシュ時にはなかなか車が途切れず
横断歩道に移動し道を横断することになる






20180366-2018-05-24-8-56-50.jpg
普通の橋に見えるが橋脚は中世の時代
このあたりがイタリアらしい






20180372-2018-05-24-9-07-03.jpg
トリーノ広場到着





20180404-2018-05-24-9-27-56.jpg
街中をサイクリング
当然ながら石畳




2018IMG_5342.jpg
クーネオ市役所

さて、この辺がどの当たりかというと
ミラノ~サンレモがあるサンレモまで北北西に64km
パリ~ニースのニースまでが81km
ニースから映画祭で有名なカンヌまで34km

地中海沿いの有名観光地まで程近いが
あくまでもアルプスの麓を彷徨う





20180383-2018-05-24-9-11-02.jpg






2018-3396-3883_101554445405.jpg
街にある自転車屋
フカッチさんと大城さんは興味津々
自転車はチェーンで吊られて整備されていた





201834091266_10155444540786.jpg
街のカフェがランチの準備を始める頃にサイクリング終了







2018-3390-2527-_10155444541.jpg
ホテルへ帰り自転車を車載して
ゴールのプラート・ネヴォーゾの麓の街、Villanova Mondoviへ移動






20180407-2018-05-24-10-48-4.jpg
Villanova Mondoviのとあるサッカー場へ車を置き
川田さんからライドミーティングがあり
この日の道路状況では峠でゴールを見てからだと
レストランでの夕食(これ大事)に間に合わないので
選手が来る前に峠を下って
落ち合う場所を決める






2018-0413-2018-05-24-11-26-.jpg
途中、カフェでランチ用のパニーニをテイクアウトするも
峠へ行くライダーの考えは一緒で超混み合っていた





2201833922845_1015544454240.jpg
イタリアの方と結婚された日本人の奥様発見
メンバーはおすそ分けをいただく
日の丸のおかげ






6131-201833866567_101554445.jpg
道路拡張にも移動させず
道の真中にある教会





6132-201833745101_101554445.jpg








2018-3390-0831_101554445410.jpg
お祭り開場と化した集合場所のプ
ラート・ネヴォーゾの広場
ここから大城さんと二人で頂上を目指す







2018-0420-2018-05-24-14-12-.jpg
「此処から先は通行止めだよ」、とPoliziaに静止
しかし、「右からなら行けるよ」、と自転車乗りに優しい
ツール・ド・フランスならこうはいかない






6133 2018-IMG_5350.jpg
ゴールの頂上付近に着くと人で溢れて
そのうち退役軍人さんかな・・
鼓笛隊のパレードが始まり
移動を諦める






2018IMG_5356.jpg
眺めのいいところでランチ






2018IMG_5357.jpg
下りに備え
裸になって汗をかいたアンダーを乾かす
それと日光浴
ジロで裸はおかしくない

サルトさんからそろそろ降りないと
「選手が来るよ」とメールがあり
急いで退避





2018IMG_5364.jpg
プラート・ネヴォーゾの広場まで降りて
メンバーを待つ
64歳フカッチさんはここでも人気
ヘルメットやウェアに、あれやこれやの質問

フカッチさんのヘルメットのイラストながめながら
いいなあと思いつつ
「軽い」のとか「空力」とか
もはやそんなのどうでもいいので
将来の自分のヘルメットに描くアニメを想像
そんなニーズを満たすような商品出ないものだろうか







2018IMG_5366.jpg
Villanova Mondoviのロータリーで応援することに
先生に引率された小学生の応援
これも授業の一環であり

警察が通ると、「Polizia・・・!」(ポリツィアー)と一斉に叫び
それに当然のように反応して、クラクションを鳴らし
手を降っていくおまわりさん

スカイのバスが通ると「スカーイ!!」
と全チーム名を叫き
キャラバン隊が通るといよいよ熱を帯びる

特にイタリア選手のチームバスやサポートカーが通ると
「アルー!!」
「ファビオー」 「マルコー」と大人に負けず熱狂的になっていた





20180492-2018-05-24-16-32-4.jpg
今回の応援スタイル
たまに合図したり
反応してくれる関係者がうれしい







613-0446-2018-05-24-16-21-1.jpg
キャバン隊は撮り忘れ後悔していると
ヘリコプターの音とともに
サイレン鳴らしながらアルファのパトカー
いよいよ本隊が来るぞ







6134-201820180442-2018-05-2.jpg
ジュリアのサポートカー






613-2018-0428-2018-05-24-15.jpg
ミザーノブルーのジュリア






0449-2018-05-24-16-21-049.jpg
トップグループ
ヘリの爆音と車のクラクションに
ハイテンションになり
道いっぱいに近くの住民総出での大歓声
けたたましく笛が鳴り
カウベルもカランカラン
犬も吠えまくる






2018-3384-6047_101554445414.jpg
そして集団通過
風圧が凄くて
まさに列車が通過しているよう





6133-IMG_8708.jpg
ジロが終了したら速攻で撤退しサッカー場から車で移動
ホテルに着いたら
これまた1時間でシャワー&着替え
洗濯は川田さんが近くのコインランドリーに行っていただいた
感謝!





6133-0509-2018-05-24-19-33-.jpg
夕食はホテルのスタッフからの情報で
地元の人気レストランへGo!
定番の安くて美味そう






6133-IMG_5371.jpg
店の入り口に海鮮の生簀があったので
久し振りに新鮮な魚介類を





6133-524-2018-05-24-19-55-5.jpg






6133-0532-2018-05-24-20-28-.jpg







6133-0519-2018-05-24-19-52-.jpg
しかし、やっぱり肉






6133-0518-2018-05-24-19-52-.jpg
ポーク
これが抜群に美味しかった






6133-IMG_5370.jpg
バルバレスコ





6133-0535-2018-05-24-20-30-.jpg
余ったチーズは袋に入れて持ち帰り
明日の峠でパニーニに挟んでランチに






6133-0533-2018-05-24-20-29-.jpg
お隣席とまたもや交流会








6133-0542-2018-05-24-21-07-.jpg
ホテルに帰ると大久保さんの抹茶サービス
訪ねたレストランでもスタッフに真心込めて点てられ
みなさん感動されていた
ちなみにケースなど一部はモンベルの野点セット
凄いな、モンベル、珍道中の秘密兵器
まさかこの地で活躍するとはね。





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/06/13(水) 17:40:33|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GIRO D’ITALIA 2018 其の五 STAGE19 | ホーム | GIRO D’ITALIA 2018 其の三>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1822-cf4ff261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: