コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

春のコントルノ食堂

2018421koIMG_1344.jpg
沖縄のチームキッズのメンバーでチームイトマン代表の安田さんが福岡に転勤になられ、仕事が落ち着いたところで阿蘇を走りに来られた。沖縄では散々お世話になっているものだから、是非ご一緒したかったが宿の浴場スタッフが欠けてからは、湯守のトーマ君が休みの日は温泉の管理をしなければならず、この日も都合が付かず申し訳なかった。しかし、安田さんは短くても2年はいらっしゃるだろうから、我が家泊まりでご招待したいものだ。







2018422koIMG_1348.jpg
東京の片山さんが3泊で熊本に来られ、2泊目はコントルノ食堂の食事希望にて菊池泊となった。

菊池の人が育てた食材を、できるだけシンプルに菊池の人が作った、菊池のイタリア料理を楽しめる店がコントルノ食堂だ。ただそれだけのことがだが、されどであり、熊本県外からもこのように訪ねてこられる隠れた名店だとわたしは思っている。

最初の一品は「走る豚のリエット」、やまあい村の豚は、狭いゲージ飼いではなく、拓いた放牧農場で自由に走り回ることから「走る豚」の名前で出荷されている。自然な餌に炭を混ぜて育てられているので獣臭もなく豚肉の旨味だけが凝縮されたブランドポークである。自家製パンとの相性も抜群、片山さんも名刺代わりの一品目に目が輝いた。






2018422koIMG_1350.jpg
牛レバーの煮込みだったか・・・
写真は撮り忘れたが、
これに合わせてもう一品が、
高田賢三さんも食べに来られた
菊池産モッツアレラには塩トマト
ビーズに白インゲン
走る豚の冷製と平飼有精卵のゆで玉子
それに味の濃い野菜
いずれもここを訪ねないと味わえない菊池産の品々






2018422koIMG_1360.jpg
パルパルデッレ、平打ち自家製パスタに走る豚と菊芋
モチモチの麺は極上






2018422koIMG_1361.jpg
自家栽培玄米リゾット、グリンピースに生ハム
玄米って、こんなに美味しいものだったか・・・
グリンピースって、こんなに味が濃かったか・・・





2018422koIMG_1353.jpg
走る豚の詰め物
締めと濃厚赤にドンピシャの逸品






2018422koIMG_1364.jpg
コントルノ食堂オーナー菊池健一郎さん
たいへん美味しくいただきました
東京から訪ねられた片山さんも大満足
春の菊池の素材の
シンプルかつ濃縮な味わいに完全にハマったようです
これからもコントルノ食堂を求めて菊池に訪れる方に
エッジの利いた料理で熱狂させてください





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---




  1. 2018/04/22(日) 16:49:29|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<阿蘇火口見学の再開&北登山道も開通 | ホーム | 永遠の時を獲得する>>

コメント

安田さんの縁で中尾さんとも知り合いになれました。

ありがたいことです。

彼のこと福岡滞在中も宜しく私からもお願いします。
  1. 2018/04/26(木) 07:12:25 |
  2. URL |
  3. #zF.Cle0A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1813-e73e7f39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: