コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

いろんな方が来られて面白い

2018403koIMG_1265.jpg
大阪からお越しの弱虫ペダルファンのみなさん
中央のKさんは早朝の大観峰ライド希望
ならばとCLAMPに交渉し
夕方レンタルの翌朝ライド終了後の返却で半日料金1600円で手配
朝5時スタートで見事に夢が実現し聖地巡礼終了
チェックアウト後は浮島神社へ






2018403koIMG_1293.jpg
3月から調理スタッフが変わり4月から献立も一新
試食したところ出汁が美味しい手作りの品々が揃う
阿蘇の幸にこだわり、海の魚の刺し身はなくなった
連泊者が多いことから2泊目の食事も大幅変更






2018403koIMG_1294.jpg
山女魚はじっくり弱火で焼いているので
頭から骨も違和感なく完食できる
箸が苦手な外国人対策でもある






2018403koIMG_1288.jpg
蓋物の新じゃが饅頭
ホクホク、ねっとりのじゃがいもの中には
甘塩っぱく煮たあか牛のそぼろが印象的
餡を掛けた上には
粒マスタードで穏やかなパンチ力を演出






2018403koIMG_1299.jpg
「おもてなし」というよりは
すでに外国の方にとっては
定番の被写体となる山野草の活花
最近、SONYのミラーレス一眼を持った外国人の方をよく目にする
旅に負担のないサイズの高級品
いや、超高級品







2018403koIMG_1267.jpg
台湾から自走旅の青年
洗濯機を案内したら笑顔で喜ばれた
ジャイアントの良さを言ったらそれ以上の笑顔になった
太魯閣を走った写真を見せたら歓喜して躍り上がった






2018403koIMG_1301.jpg
シドニーからお越しの旅慣れたお二人
自転車は海外輪行なら定番のチタン製(ティティウム)
コンポはアルテで「イェクセレンッ」、だそうだ






2018403IMG_1285.jpg
おひとりでお越しになった

どこかで読んだ監督の記事
「選手が毎年入れ替わる学生スポーツでなぜ勝ち続けられるのか」
それはチームに根付く「哲学」が選手の心に共通して宿るからであり
三つの行動指針がある

1. 感動を人からもらうのではなく、感動を与えられる人間になろう
2. 今日のことは今日やろう、明日はまた明日やるべきことがある
3. 人間の能力に大きなさはない、あるとすれば熱意の差だ






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/04/03(火) 16:18:36|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「波野が原の奇景」って何? | ホーム | 阿蘇の魅力は奥が深い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1809-93770b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: