コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

阿蘇サイクルツーリズムVolⅡ-野焼きライド DAY2

22018326lIMG_1203.jpg
酒池肉林の翌朝、ニワトリも鳴かない5時に起床
同室の参加者はすでに準備中
「ざーすー」 と、二日酔いながら精一杯の挨拶をし
淡々と朝ライドの準備に取り掛かる
部屋から出るとほとんどの方が参加の様子で驚く(車で行く方も数名)
5時30分暗闇の中を吟醸香を漂わせながら(指摘有り)大観峰に向けてスタート

ミルクロードに出ると薄明るくなり
野焼き後の草原は、丸刈りにした地肌が剥き出しで、地形の凹凸が面白い
引き締まった空気が心地よく、参加者も高揚感を覚えているようだ
早起きの恩恵を身体全体に感じながら、昨日会ったばかりの方と話もはずむ






2018326lIMG_1196.jpg
大観峰に着く
すでに日が昇り始めていた
雲海はないものの
朝霧の神秘的な情景が美しい
早起きの価値はあった
来てよかった
純粋なサイクリングの魅力はこれだ






22018326lIMG_1198.jpg
帰ったら古代の里キャンプ村をチェックアウトし
近くの「魚天」さんで朝食
ここは山女魚料理の専門店で
2度揚げした頭から食べられる山女魚が好評だった
ご飯も美味しくて、阿蘇らしい朝食にみなさん満足の様子
道の駅阿蘇に移動し、野焼きライドの二日目がスタート







2018326kIMG_1208.jpg
昨日の牧野道の疲れが残るなか
早朝ライドのあとの坊中線、東登山通の上りは堪えた
特に北登山通の合流を過ぎると勾配がキツくなり
千切れた

観光客を横目に草千里を過ぎ
現在運転停止中の阿蘇ロープウェイの阿蘇山上駅へ到着
隣にある震災と噴火で被災したままの阿蘇山本堂西願殿寺奥の院に参拝
その奥にある阿蘇山上神社も被災のまま廃墟のようになっていた






2018326lIMG_1213.jpg
山上広場から火口へ続く有料道路の阿蘇山公園道路は以前として通行止
一時再開されたが現在は火口1キロ圏内立入規制となっている
いつの日か昔のようにこの先を走りたいものだ





2018326lIMG_1221.jpg
吉田線を下り高森に出ていよいよ期待の牧野道に入る
ここは昨年、九州Heaven Rideで下った道
落車とパンク回避で一杯一杯だったが
今回は野焼きの後の上りとなるが、どんな景色があるのだろうか
荒れたセメント道の上りが延々と続く






2018326lIMG_1241.jpg
前回は下りだったので景色を見る余裕がなかったが
つづら折りの上りなので
止まるようなスピード楽しめるのか






2018326l565924.jpg
見上げると右から左へ行く姿、その上には左から右に行く姿
この手の道が好きな人にはたまらない峠道だろう






2018326lIMG_1244.jpg
ラピュタが走れなくなった今、この牧野道は群を抜いた魅了がある







2018326lIMG_0230.jpg
峠の名前は知らない
途中に家も看板もない
車も見なかった
落石がゴロゴロしていた
錆びたガードレールが懐かしかった






2018326lIMG_1247.jpg
放牧の牛を通らせない工夫がゲートにある鉄製の牛止め
四角いのや、丸いローラー式などいろいろあるが
ここの牛止めは角ばってボルトが出ているので
必ず自転車乗りてから通ること





2018326l849732.jpg
前日、一目山まで1500m上り
当日は5時半から大観峰に上った
そして、阿蘇山に上ってからこの牧野道
箱石峠に着いてその先はショ-トカットで気持ちが一致
1700m上って82キロだった

練習不足の無力さを思い知ったが
圧倒される良き道に出会えたことは大きな成果だった
参加者の方もほぼ同じような気持ちになられたのでないだろうか

阿蘇サイクルツーリズムの第二弾無事終了
今回はキャンプ場が宿泊地という温泉や朝食で行き来する必要はあったものの
チームでの合宿など手軽さを求めるには絶好のスタイルでは
悩みながらもいろいろと準備し、2日間走って思ったことは
単純明快、野焼きの後は走ったがいい。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---

  1. 2018/03/29(木) 18:07:53|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<阿蘇の魅力は奥が深い | ホーム | 阿蘇サイクルツーリズムVolⅡ-野焼きライド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1807-7af562de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: