FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

生活のリズムが始動

2018314oiIMG_5086.jpg
菊池から鞍岳林道を上って来週開催する阿蘇サイクルツーリズム第二弾「野焼きライド」の下見に行ってきた。
先週の野焼き以来初めて見る狩尾峠通称ラピュタだったが、強風で燃えカスが舞い上がり真っ黒に焼けた姿を見せていた。狩尾峠の野焼きに参加した宿のスタッフ3名によると、熊本地震で昨年は野焼きがされていなかったため物凄い勢いで燃えたという。今回から落石の危険を避けるため全員ヘルメットが配布され、参加者には前回より高い日当が払われたとのこと。以前は日当もなく欠席者にはペナルティが払わされていたが、年々過疎化により参加者が減少し、峠の野焼きは落石の危険があるためボランティアを参加させるわけにも行かない。そのようなことから参加者に日当が支給されるようになり、今年は積極的に女性の参加も募り、男性と同じ増額された日当を支給されることから、多くの女性の参加があったのではないか。野焼きはその地区ごとに担当するエリアがあり、区への間接的な援助がされていたと思うが、やはり過疎化が進む田舎の家庭の貴重な収入になることや、時代の流れとともに女性の参加を促して地域の行事を守って行くことが不可欠なのではないかと私見と参加した宿のスタッフの考えだった。 






2018314ioIMG_1107.jpg
ミルクロードからコースとなる草原の道を走った。
見渡す限りの草原では、白っぽい点々の牛の糞だけが残り、あとは艶々と真っ黒に焼けたじゅうたんが広がる絶景で、ほとんど車も通らず野焼きのあとをサイクリングするには最高のコースではないと感じた。当日の参加者の感嘆の声が聞こえそうだった。





2018314ioMG_1114.jpg
県道40号から迷走しながらひと山越えて起伏に富むファームロードへ入った。強い向かい風で坂道が進まず、おまけにサイコンにルートを入力するのを忘れたため一目山風量発電所への入り口探しに手間取った。Rapha Prestige kujuの記憶を辿りながら、何とか探し出してミッション終了、帰路へ。387号から下筌ダムの南側を通って兵戸峠越えの一番嫌いなルートで帰った。途中、この時期恒例の道路工事による片側通行のため対向車に待たせてはいけないと余計に足を使いヘトヘトで辿り着いた。







2018314oiIMG_1123.jpg
夜は近くの焼き鳥是空に行った。数ヶ月前に亡くなった親父さんの姿が見えないことは寂しかったが、焼き鳥も、煮込みも、チキンカツも、昔の味と変わらず、この日の疲れを癒やすことができた。今日はよく走った。今年もツール・ド・沖縄の5回目の完走を目指すことが目標だが、すでに生活のリズムとなった自転車を愉しみたいと思っている。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/03/14(水) 17:05:59|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春の訪れのいろいろ | ホーム | 泊まって走る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1802-835ec5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: