コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

天草下島一周サイクルマラソン2018

2018305aDSC_2796.jpg
第24回天草下島一周サイクルマラソンに参加してきた。
サイクルシーズンの到来を告げるこの大会は(わたし及び友人にとって)、温暖で交通量が少ない天草下島で開催され毎年前泊してエントリーしている。今年は福岡の高巣さんと遠来賞の東京の松澤さん、それといつまでも定員にならず心配してエントリーした岐阜の大久保さんとご一緒した。





2018305aIMG_1043.jpg
大会前日は終日雨で、大久保さんを空港でピックアップ後、天草下島の窯元巡りをした。
まずは友子さんリクエストの1765年創業「水の平焼」を訪ねた。この日は熊本伝統工芸館のイベントに参加され作品は少なかったが、7代目の岡部信行さんに窯元の由来や歴史など紹介していいただいた。地元の人にも日常用の器として長年使われていることや、江戸幕府の鎖国から開国した90年前の創業で、コーヒーカップなど誰も知らない時代に僅かな資料をもとに創作し、1910年の日英博覧会に出品して高い評価を得たと言うからその歴史は半端なくご主人の話に聞き入った。また、昭和7年に与謝野鉄幹・晶子夫妻が訪ねられ歌も詠まれていたというから何となく身近に感じた。






2018305aIMG_1054.jpg
次に訪ねたのが天草の窯元と言えばその代表格の「丸尾焼」
ここは毎年訪れ
わたしの湯呑み、盃の定番だ







2018305aIMG_1046.jpg
初めて訪ねた古民家がギャラリーの工房「樹機」
女性の作家さんの窯元であたたかい雰囲気が心地良かった
アンティークな手挽きミルでコーヒーも入れて頂き
友子さんも大満足で湯呑みを購入
天草に来たら必ず訪ねることにした






2018305aIMG_1064.jpg
夕食は初めてお邪魔する「蛇の目寿し」
雰囲気の良いカウンター席も取れてちょっと浮かれる
冷酒はシャーベット状の氷が盛られた升に
天草の窯元の酒器に入れて運ばれる
注文する度に違う窯元なものだから
潮時が長くなる







2018305aIMG_5067.jpg
天草の幸満載の蛇の目の個性にも酔った
奴寿司といい、この店といい
手軽な寿司店として突き抜けている





2018305aDSC_2757.jpg
大会当日の朝、確実な雨の予想に反して、準備した雨対策グッズのすべて無駄になってしまう真っ青の晴天だった。昨日降った雨が湯気に変わって、青い海の地平線に蜃気楼が漂っているようだった。すでに気分は全開モード、しかし、最高気温は20度を越える予報に、暑さ対策が不安になってきた。





2018305aDSC_2760.jpg
今年も土橋塾の岩本君と、アキレス腱断裂から復帰の高巣さん、ジロに向けて減量中の大久保さん、それとヨネックス&スラムのニューマシーンで登場の松澤さんとスタートした。





2018305aDSC_2792.jpg
19時に菊池の居酒屋を予約しているので間に合うように早く帰ってくることが目標。予定では14時くらいにはゴールし、友子さんが大量に買い物した野菜や海鮮などを整理し、大久保さんの着替えが行ったオーストリッチと自転車を速攻で積めるようにしておかねばならない。なので昼食もエイドも長居せず、景色は立ち止まらずサドルの上からだけにして、冬期に鈍ったトレーニングのスタートとして走るのがこの大会だ。






2018305aDSC_2777.jpg
やはり天気予報の通り暑くなってジャージのジッパー全開で走った。昼食会場の手前から松澤さんが前を引き始めると、最初は付いて行けたが、そのうち千切られ完全に見えなくなった。いつもの松澤さんとは違う。ヨネックス&スラムの影響か、いやそんなものではなく電動ではないかと、パリ~ルーベでボーネンを引き千切ったカンチェラーラーのシーンを思い出しながら真剣に高巣さんと話していた。昼食後も上り坂であっけなく置いて行かれ、やはり冬期に練習した成果だと攣りそうになった太腿が恨めしかった。






22018305aIMG_5069.jpg
大会の「食」について気付いたこと。
牛深エイドの「えびのちぎりあげ」が絶妙に美味しかった。それと苓北エイドの「ウィンナーパン」も後半の疲れを癒やしてくれた。もちろん昼食の豚汁の味は滲みる旨さで、柚子胡椒や数種類の漬物は塩分補給に最適だった。





2018305aDSC_2797.jpg
一般道を走り並走できないロングライドの楽しみは、サドルの上から見る景色と、走る意欲を失わない程度の補給食だろう。今回の天草ではえびの風味と豚汁の温かさ、それに意表をつくパンに奮い立たされた。究極だったのがゴールのあとのアオサ汁だった。濃い磯の香りと、塩分と旨味がまさに生き返るような美味しさだった。凝縮された味覚が脳裏に伝わると、走りながら見た地元の人が磯で採っていたのがアオサではないかと思い浮かんで、ゴールした歓喜や、友人との語らいで感情が交錯する中、風景と味覚が完全に一致し、最後のピースで完成した天草灘に沈む夕陽のジグソーパズルの絵が確かに見えた瞬間だった。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/03/06(火) 16:37:37|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<泊まって走る | ホーム | 春の嵐で阿蘇中岳火口は断念>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/03/09(金) 16:40:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1799-d6af680e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: