コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

熊本の新町、船場橋界隈を訪ねる

2018210seIMG_0896.jpg
熊本城復興城主の感謝状贈呈式に来られた東京のサルトさん夫妻と新町の松葉に行ってきた。
阿蘇に仕事を移して6年、娘の結婚式以外一度も足を運んだことがない夜の熊本市内、さて何処で食事をするものやらと誘われて今日までずいぶん悩んだが、築150年の歴史ある元旅館であり、料亭としては手軽に楽しめる松葉を選んだ。それと、ここ新町や船場町は、家と家の狭い路地のようなところを市電が通り、繁華街から道一本離れただけで懐かしい昔ながらの風景が楽しめるのも同年代には喜んでももらえそうだと思った。

二人とは上通で待ち合わせ、下通りから新市街を散策し、楽しみにしていた池澤夏樹さんや村上春樹さんも訪ねる橙書店は残念ながら定休日だったが、創業明治7年の長崎次郎書店のセレクトされた上質な書籍には感心されていた。船場橋隣のサイクルショップWBLの山下君に会い、土橋塾塾長のヘヤーサロンや、ブルゴーニュへワイン蔵の訪ね歩きをして前日帰ったばかりの木村屋酒店も訪ねることができた。






2018210seIMG_0895.jpg
案内された松葉の個室は、どっしり腰を据え、食事と会話が楽しめそうな大正ロマン溢れる空間だった。職人の遊び心溢れる窓の格子の先には、チンチン電車が通り、掘り炬燵の横の火鉢は150年燻された跡が艶々と輝いていた。上を見上げると、黒光りする大きな梁が幾重にも組まれ、「二度の地震に耐えたのは俺だよ」と言っていくかのように逞しかった。この辺りは熊本震災の被害が多かったところで、古い家屋が多いため鰻の寝床のような細長い更地が土を露わにしていた。






2018210seIMG_0885.jpg
白い大正ロマン溢れる清潔な出で立ちのお嬢さんが担当され
「ご予約をお受けしたのはわたしです」と言われて何となく恐縮した
料理の説明では、「天草の・・・八代の・・」と熊本の産地名は出てきたが
菊池と阿蘇が出なかった






2018210seMG_0888.jpg
美しく盛られた料理もだが、器の鑑賞も楽しみ






2018210seIMG_0891.jpg
車海老とウニの茶碗蒸しは絶品だった






2018210seIMG_0890.jpg
撮った写真はたったこれだけだが
記憶はまだ鮮明に残っている
女将さんがご挨拶に来られ
熊本震災の深いお話を明るく話されて
語り部のようでもあった






2018210seIMG_0898.jpg
7年振りの料亭松葉
期待以上で想像以上だった
歴史ある空間と、洗練された料理
それに心温まる接客が素晴らしかった

帰りは歩いてすぐの新町駅から市電に乗った
最後に乗ったのが予備校の時だから実に40年振りだった
車内は昭和30年、40年の頃へタイムスリップしたかのようで
レトロ感に溢れていたがSuicaで乗ることができた
チンチン電車は熊本市内をゆっくりと進み
車窓から見る城下町の夜景を観光気分で楽しめた
賑やかな通町でわたしは降り二人と別れた
これで熊本城復興城主の案内がつつがなく終わった







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2018/02/12(月) 07:30:08|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<熊本輪事国会 | ホーム | スノーライド 内牧編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1793-30732561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: