FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

サイクル安全講習会

2018204lpIMG_4972.jpg
セレクション南九州さん主催による安藤隼人さんのスマートコーチングを受けてきた。
安藤さんはプロロード選手や競輪選手などトップサイクリスト以外にも様々なアスリートのコーチングをされている。また、落車や交通事故などアクシデントが発生してしまった場合のファーストエイド実習もされており、今回はサイクル安全講習会として玉名市総合体育館で座学と実習を学んできた。

落車リスクを減らすためのバランスの良い乗り方や、落車してしまう時にとっさにとるべき姿勢など、レースによる事故の動画を見ながらより怪我のリスク減らすための気付きも多かった。目からうろこだったのはヘルメットの正しい被り方だった。参加者のほとんどが耳のところの紐が緩くてお辞儀をするとヘルメットがずれてしまい、動画の落車シーンを見ると、せっかく高価なヘルメットをしていても、これでは頭部を守ることができないと一目瞭然だった。






2018204lpMG_4977.jpg
ファーストエイド実習では怪我人の全身の詳細な観察の仕方や、山中など場所が特定出来ない場合は、スマホのコンパスで緯度経度で場所を知らせることなど、いざという時に役立つ救急通報マニュアル講習は貴重なものだった。
また、事故が起こった際に二次災害を防ぐため、後続の自転車や車への注意喚起の仕方も今後の緊急時遭遇に役に立つことだった。





2018204lpIMG_4984.jpg
午後からは実走体験となり、ペダルと並行な姿勢で、かつ左右同じバランスで立つニュートラルのポジションの大切さを学んだ。走行中に起こる落車リスクの軽減や、効率のいいペダリングも、ニュートラルな姿勢が基本であることを身をもって知った。河川敷に移動し極寒の中、風向きに対応する3名での左右回りのローテーションは初めての体験だった。ただ、練習中のあまりの寒さに安藤さんから「みなさん低体温症の一歩手前ですから、しっかりと炭水化物を摂ってください」と半分冗談かのように言われた。なので帰ったら、たまたま娘が作ってくれた恵方巻きがあって、丸々1本、躊躇も、後悔もなく食べるという美味しい体験も出来た。寒い中走ると炭水化物を多く摂取しなくてはならないとはいい知識だった。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/02/04(日) 16:26:19|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<スノーライド 内牧編 | ホーム | 草原で自分を放牧させよう>>

コメント

コルナゴ部長

お世話になりました。
社会的な行事やサイクルイベントが少ない今の時期こそ、このようなサイクルスポーツの多様な学びをするには絶好のシーズンだと思いました。欠席する理由はインフルくらいでしょうか。安藤さんの講習会は少しでも興味ある方には是非参加してほしいものです。
  1. 2018/02/05(月) 09:38:02 |
  2. URL |
  3. wadaさん #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした

わざわざ参加していただきありがとうございました。絶対ためになったと思います。これで一段レベルアップできましたね。こういう講習は毎回何かしら学ぶことがあります。その積み重ねが大きな差になるのだと思います。春になったら阿蘇に走りに行きたいと思います。
  1. 2018/02/04(日) 16:42:46 |
  2. URL |
  3. wada #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1791-cbde80ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: