FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

コントルノ食堂と熊本輪事国会

2018126okpIMG_0734.jpg
年始の食事会に参加できなかった息子たちと今年初めてコントルノ食堂に行ってきた。
菊池出身のオーナーの菊池健一郎さんは、修行を経て自身が育った菊池の食材の質の高さに魅了され、菊池を訪れる人にイタリア料理を通じてその美味しさを知ってもらうきっかけと、生産者がブランドとなってもっと元気になってもらいたい一心で2015年、温泉街の古びたスナック街の一角にイタリア家庭料理を提供する「コントルノ食堂」をオープンされた。

一生懸命愛情を込めて育てられた特別な食材は、それなりの仕入れ価格にはなったが、素材の力を活かした料理を提供していると客が付き、その噂で県外からも客が訪れるようになったようだ。
最初の一品は、「走る豚の田舎風パテ」(走る豚とは起伏のある山林に放牧された豚)菊池産有機小麦と天然酵母の自家製パンの香りも絶妙






2018126okpIMG_0739.jpg







2018126okpIMG_0745.jpg







2018126okpIMG_0763.jpg







2018126okpDSC05452.jpg
写真がボケていたので以前撮った和牛トリッパのトマト煮
添えてあるのはひよこ豆だが、この日は白いんげん







2018126okpIMG_0765.jpg
メインは「自家製腸詰サルシッチャと走る豚のポルケッタ」
菊池の恵みが凝縮された独創性優れる逸品だった






2018126okpIMG_0789.jpg
東洋経済オンラインに菊池市のUターン転職組や、移住者の新規就農者、それにコントルノ食堂、ナポリピッツァのイルフォルノドーロを例に、「地方は稼げないという常識を覆せるか」を問う取材記事が掲載されている。答えはコントルノ食堂の黒板いっぱいに書かれた菊池産の顔が見える食材で作られた料理を食べれば一目瞭然、多様なポテンシャルを持つ果敢なパイオニアを今、菊池市は歓迎している、そのように感じた。







2018126okpIMG_4945.jpg
熊本ではじめての自転車乗りのパーティが2月11日に開催される
主催は創立10周年を迎えた土橋塾
趣旨には熊本震災復興における応援のお礼など色々とあるようだが
九州を中心に各地から集まった自転車乗りが集結するその名も「熊本輪事国会」
いかにも土橋流のネーミングだが、いたって真面目な交流会が狙いのようだ
抽選会では土橋さんの人脈による豪華な商品も空くじなしで提供されると聞いている
わたしも参加して商品はいろいろ考えたが5月に2度目の遠征となるジロ土産にした
パーティ参加は紹介制でまだ募集はされているようだ
場所は熊本城となりの「KKRホテル熊本」
土橋さんはこれが終わるとロンドン、ミラノ、フィレンツェへ理容の修行に行かれる
なので散髪したい方は早めに






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/01/27(土) 10:23:19|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<草原で自分を放牧させよう | ホーム | 雪中考察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1789-87d2f6ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: