FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

雪中考察

2018122hDSC_2732.jpg
今日、1月22日の内牧温泉
今朝は菊池渓谷経由でミルクロードに出るいつもの通勤路で行こうとライブカメラをみたら大観峰前は真っ白の積雪、これは無理と二重の峠経由で来たが、こちらも道路は凍結防止剤で溶かしてあるものの付近は真っ白の雪景色だった。

昨日は今月2度目のサイクリングに番所から矢谷渓谷に上り林道八方ヶ岳西線で岳間渓谷を通って菊池鹿北線で60キロほど走ってきた。習慣として自転車以外の運動はしないし、かといってローラーには乗らない。年間通して外で走るだけだが、この時期は自分でオフ期と決めているので乗る回数が少なくても気にしない。
しかし、久し振りにジャージを着ると、そんなに太った感はないのだが(オフ期だか体重計にも乗らない)、タイトでとても窮屈だった。それに充電したガーミンを装着する際に重いとさえ感じた。

矢谷渓谷を過ぎて2キロほど上ると左に折れる林道八ヶ岳西線があり、この日は角にシニアの登山者の車だろう運転手が乗ったジャンボタクシーがエンジンをかけて停まっていた。それ以外は岳間の集落に出るまで車に出会うことはなく年間通してこの林道はとても走りやすい。それに短いアップダウンもわたしには丁度いい感じで、所々には展望が楽しめるところや、何より比較的に陽が射すところが多くて景色が明るいところが真冬でも走りたくなる理由である。

鹿北町多久の集落の手前で、50センチほどの子供のイノシシ5匹が林道脇の土を掘り返しミミズだろうか餌を食べていた。10mくらいのところで停まってもこちらに気付かない。でも近くには黒くて背中が隆起した凶暴な親が突然出て来そうな予感がしたので早々に退散は有り得ないのでそのまま通過することにした。自転車に乗って近寄るとすぐ目の前でやっとこちらに気づいて、ブヒッーと 叫びながら蹄で土を引っ掻き猛然と藪の中に消えて行った。





2018122hDSC_2728.jpg
内牧の日中にこの積雪だから山はかなり積もっているだろう。






22018122hIMG_0628.jpg
シクロバイクはレースに出るなら必要と思うがそれはわたしにはない
グラベルロードは今あるロードのタイヤを変えれば事足りる
では3台目のロードはというと壊れない限りあと数年は大丈夫
それより使えるお金があったら遠征旅に回したい

先日、Nao's BASEのナオ君に誘われて初めてマウンテンバイクで走った雪山トレイル
阿蘇における愉快痛快この上ない冬の遊びだと確信した
ロードに乗る機会がない今の時期こそ旬というのも貴重
そこで検討中なのがMTB
ナオ君の長いMTBの経験のなかで驚愕させたのがセミファット
一般的な2.2インチに比べて
2.8インチ幅のタイヤの走破性は格別だったと薦められた
自分のMTBび使い方としてレースは無い
長距離ライドはロードで十分
ということで使途は冬山のトレイル
タイヤが太いと山の上りはキツそうだが
リアカセットは11-50なので
ゆっくりだがそれなりに登れそう
そこでMERIDAのセミファットバイクを妄想中






2018122hDSC_2719.jpg
妄想は楽しい
昨年のジロでボローニャに興味を持ち
井上ひさしの『ボローニャ紀行』から
アリーゴ・チプリアーニの『ハリーズ・バー』を探し出し
加藤和彦の曲の詩と重ねたり
ハリーズ・バーの常連だったのがヘミングウェイと知り
ヘミングウェイとヴェネツィアを関連付ける『ヘミングウェイとパウンドのヴェネツィア』から
ダヌンツィオを知り
筒井康隆の『ダンヌンツィオに夢中』から
三島由紀夫が小説だけでなく
ダンヌンツィオの行動にも影響受けたと知って自分なりのお宝だった

この経緯中どうしても探せなかったのが
ヘミングウェイの『河を渡って木立の中へ』だ
古書だと数万円・・・無理
それと映画版はどうしたら見れるのか
マーティン・キャンベル監督で主演がピアース・ブロスナンという007コンビ・・・

わたしの本の愉しみは
興味ある作家が影響受けた人や物事を追っていくことや
背景となったところを旅すること
遊びについては路線は決まってきたので
あとは自分なりに長く太く極めていきたい
いずれも夢中になれるものがそこにあると
豊かなワクワクした気分になれて
それはとても大切なことだと思っている





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/01/22(月) 17:31:25|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<コントルノ食堂と熊本輪事国会 | ホーム | はじめてのマウンテンバイク>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/01/25(木) 09:25:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1788-0d506193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: