コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

今はじっと春の訪れを待つ

2018108poPIC_0002.jpg
国道57号線の二つ目の迂回路となる長陽大橋が昨年8月27日に開通しミルクロード・二重の峠は渋滞することはなくなった。しかし、トレーラーなど大型車両はこのルートを通るので自転車で行くには危険(路側帯が無い)であり、震災後この道を450回往復している経験上、阿蘇への自走だったら以前として県道23号や菊池渓谷経由が無難である。

大津方面から赤水に抜ける新たな国道57号線のトンネル工事は、年末年始は休みだったもののずっと夜間も行われているようだ。掘り出された土砂はダンプカーで山越えの工事用道路から一旦ミルクロードに出て森の教会の下の谷に運ばれている。
阿蘇平野を縦断する農免道路(通称8m道路)に沿う送電線は仮設のものから新しいものになった。また、道路の端に露出していた水道管も地中に埋設された。阿蘇西小学校前の震災を象徴するかのような断層はずっと工事をしている。その先の信号機がある交差点から内牧へ行く途中の激しく陥没した箇所は、なだらかになりバスも行けるようになった。このように震災を思い出すような光景は目にしなくなったが、阿蘇を訪れる人はまだまだ震災前にはほど遠い。








2018108pppIMG_7984.jpg
狩尾峠、ラピュタ一帯は、道路が崩壊したため昨年の野焼きは中止となったが、今年は道路は以前として通れないものの従来通り行われる。日程は3月4日(日)午前9時からの予定。野焼きは草原が完全に乾燥しないと燃えないので阿蘇も来て6年になるが予定通り行われたことはない。よって予備日も設定されており、3月11日(日)・3月18日(日)・3月25日(日)となっており(阿蘇北外輪山一帯・大観峰周辺等含む)、わたしも狩尾2区で参加の予定だ。





22018108pppR0014014.jpg
野焼きの後
真っ黒な山肌に咲くキスミレの黄色い絨毯には目を奪われる
焼かれたことにより病害虫が駆除され
灰のアルカリとリン酸成分により草原は美しく芽吹いてゆく
やがて青々と成長し風が吹くとまるで生き物のように波打つ
そして年に4,5回、牛の飼料として刈られ白いサイレージにパックされる
やがて枯れていくさまも美しい






ppp20180108_132005.jpg
今年も天草を走る
(野焼きの初日と重なるが仮にあってもこっちを優先)
サイクリングシーズン到来を告げる天草下島一周
田植えの準備が始まる田舎の景色
牛深の浜に着くといりこを蒸す芳ばしい香り
ハイヤ大橋を渡り峠を越え羊角湾が見えたら
いよいよ天草灘沿いのサンセットラインだ
妙見浦の紺碧の海を期待しながら
ロザリオラインが終わるまで向かい風を突き進もう
賑やかに、楽しく、早春の風を感じながら走りたい







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



スポンサーサイト
  1. 2018/01/09(火) 12:34:29|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年も秘かな愉しみを | ホーム | 鞍岳林道を越えて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1785-2b222615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: