FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

サイクリングのトランスポーター

2220171209swIMG_0505.jpg
菊池渓谷経由ミルクロードは、昨日までは通れたが、今朝は濡れた路面が間違いなく凍結しているはずなので二重の峠経由の通勤となった。積雪ならAWD&スタッドレスなので怖くないが、凍結している朝夕の峠越えは下りが怖くてそこまでリスクを負うのはほとんど冒険、しばらくは面白みのない国道57号の迂回路を通るしかないようだ。





lp20171209DSC_2673.jpg
八重洲出版社から届いた「HIACE Fan」、キャンピングカーなど改装の専門店をされている滿木さんの紹介で取材があって、「一車種に限定したコアな本があるもんだな」と思っていた。当日、サイクリング用に改装されたハイエースを、見て、さわって、LEDの細長い照明を付けて、収納箱を空けて、座って、横になってみると、まさにサイクリングのベース基地となるトランスポーターにぴったりの存在に、おおいに感心した。





lpMX-22514FN_20171209_12082.jpg
当日は阿蘇神社までモデルとなるご家族とサイクリングに行った。
今までの経験の中で、子供さんと走るのは初めてのことだったが、それはそれで楽しくて、女性や子供用のレンタサイクルがあれば、より深く家族で阿蘇を楽しめそうだと思った。本来、ロードに乗っている人は、走ってみたいところには輪行や車載で自転車を持って来ることができるが、それができない女性子供さんのことを考えてみるのも面白いかもしれない。






20171209lpIMG_0077.jpg
この時期、土橋塾のレーシングサーモジャケットは暖かく有難い。これのもっと防寒性を高めたのがプレミアムサーモジャケットだ。九州Heaven Rideのときは、わたしも、塾長も、潮崎君も、レーシングサーモだったが、ヨウスケ君はプレミアムサーモだったが走り始めてすぐに暑くなり、下は半袖のアンダーだけでも暑くて仕方ないと言っていた。まあ若くて耐寒性があるんだろうけど、わたしも持っているがまだ着ていないので一段と寒くなった日に試してみようと思う。







FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2017/12/10(日) 10:59:43|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京へ行ったこと | ホーム | 2017九州Heaven Ride を走って>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1778-3b2d82e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: