コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

真剣に遊びたい人

20171121kaDSC_2664.jpg
Kinofit の木下智裕君が立ち寄られいろんな思いを話した。
木下君は本業のフィッティング以外にも、GARMINや英国のサイクルウェアブランドVELOBICIのアンバサーダーなど自転車関連の多彩な仕事をされている。現在は本拠地の神奈川から、自然豊かな仙台にプチ移住のような形をとられ、二つの拠点をもとに全国を行き来されている。将来的には阿蘇にも来てもらい一緒にロード・マウンテン・クルマ(赤のアルファ145クアドリフォリオをお互いに以前所有)、それに一緒の趣味だった渓流での鱒や山女魚のルアー釣りなんかもして遊びたいと思っている。





20171121koIMG_0140.jpg
さて、寒くなってきた阿蘇だが、11月25日の宿泊を兼ねたサイクリングツアーに空室が出た。お値段はけっして安いとは言えないし、早朝は確実に零度に近いと、まあいろいろとマイナス要因はあるやも知れないが、それでも阿蘇山や早朝の雲海ライドを一緒に走って見ようという方がいらしたら1室2名から4名までだったら予約できる。サポートーカーが付くのでウィンドブレーカー等冬物も詰めるし、いざとなったらサポートカーに乗られてもいい。一緒に走るのは地元の男女の自転車乗りで、坂が苦手な方も途中離脱にもサポートするのでその点の心配はない。あとサイクルスポーツの栗山さんも一緒に走ってカメラマンも同行するので記事にされることは承知されたい。わたしも25日走ってその夜の会食にも参加して翌朝も走る。朝食の後は解散だがどこか走りたい方はご一緒しようと思っている。宿泊や会食に参加できなくて走るだけの参加も大丈夫だ。もちろんこちらは費用は掛からないが一応人数把握のため事前に申し出てほしい。






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2017/11/21(火) 17:05:15|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<阿蘇サイクルツーリズム2017を走って | ホーム | ツール・ド・沖縄 2017 其の三 叙情編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikuchinokoto.blog88.fc2.com/tb.php/1774-eb26032a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: